経済・税金

HOME  >   経済・税金

2012年11月

経済・税金

UPDATE 2012.11.30

 

ヨーロッパは『西洋の没落』出版100周年を「祝う」ことができるか?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.29

トマトとモッツァレラチーズのフリットにナイフをさし、食べようとするとき、ふと隣に座る先生に質問した。先生は大きな目標を立てたり、一年後の自分や、事業の計画を立てずに生きてこられたでしょう。口に運んだ生ハムをお皿に戻すと先生は、そうです、良く分かりますね。明確な目標はなく、ただ日々の仕事に振り回され、こなして来ただけのようです。何故か分かりますか?

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.28

新幹線から見える荘厳、冬の富士が屹立している。もう何年、富士は富士だったのだろう。いつの間にか巷は冬、富士にも大きな雪帽子。そして何度名古屋に行ったのだろう。トヨタ担当の僕は最年少。トヨタに電話しても会社の名前を言わず、自分の名前しか名乗らない、生意気なやつとトヨタではうわさだったと言う。松藤です、部長をお願いします。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.27

 

●今週の1枚
全米商業銀貯蓄増加額、先週(11月12日〜16日)史上最高を記録

続きはこちら

UPDATE 2012.11.26

日本のサラリーマンは地位が上がるにつれ、有給休暇を消化している者は少ないそうである。平均年5日とか。アメリカでは10日、但し、日本の場合は祝日がアメリカの2倍以上であるので、あまり比較にならない。日米で大きな差があるのは、未使用の有給休暇日数については、その社員が退職する時に現金化することを法で定めている。これはオーストラリア等、かなりの国でそうなっている。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.26

 

金の変化は12月4週であるとペンタゴン分析。需給でもなく、テクニカルな動きでもなくペタゴンの中を動く金の動きは、これまで幾つもの変化点を予測して来た。金の大変化は4週、あるいは下値調整になるかも知れないのは、12月4週。11月15日までに反発に転じた金は、通貨、金に出世するのだろうか。NY株は陰性の暴落型と断定、12月まで上昇のあとは?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.24

●ソニーとパナソニックはどん底を脱出できるのか?

パナソニックは10月31日、2013年3月期の連結最終損益が7,650億円の赤字。従来予想は500億円の黒字でした。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.23

 

りんごの腐り方

先々週のこの欄で、ハリケーン・サンディの被害がいかに大きかったかをお伝えした。そのとき、ほんのちょっとしたサブ・プロットのつもりで、なぜあんなにひどい状態でニューヨーク証券取引所の商いを再開したかというと、1日も早くアップル株の下値を確定したかったからだろうという推測も付け加えておいた。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.22

一つ方向に掛けた生き方は、時として、全資産を失い、勇気すら失う。だが今は恐慌と言う時代の始まりに掛けても良い。誰もが良い時代、どうにかなる時代は終った。大きいことが優れ、国が頂点に立つ組織は壊れる。個人を頂点した、勘定より感情が優先する社会は、三角のピラミッドからは生まれない。勘定と感情の分離、その仕分けはこれからの行き方、その必要十分条件であろうか?

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.21

 

来る時に来ない暴落に少しイラリ、イラリ。でも暴落すれば世界は変わる、変わる世界に希望を持つほど愚かでもないが。季節はクリスマスラリーの準備、季節要件は株が上がることになっているのだが、おかしい。何か変な予感。年末に上昇があっても上限は決まっている。そして、金の上昇が始まりそうな気配、大台を目指すのか?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.20

街を歩くと空室、レントの看板があちこちにある。六本木の交差点ビルにも空室、大手町も青山の一等地にも大きなレント。これでは景気は浮上できない。不動産価格が上昇しない限り資産価値は伸びない。資産価格の上昇により金持ちが増え、消費が伸びた世界。それが米国では不動産差し押さえによりアパートの空室率が落ちる皮肉な事態が来ている。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.19

消費税は日本国内での取引に5%が課せられる。100円のモノを買えば105円を支払わねばならない。当然、インターネットで配信される音楽や電子書籍に対しても消費税が付加される。しかし、海外からインターネットで配信されるものについては、消費税はかからない。なぜなら、海外の会社は日本に消費税を納める義務がないからである。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.19

 

UP WEDGEという株価のテクニカルなパターンが綺麗に下に行った。このパタンーンが下を向くと、その始まりまで下げる。NYダウでは2011年10月4日の10,400がそのポイントに当たる。秋の暴落は陽性ではなく、陰性の可能性が高い。が、金利差が広がりのパターンを見せ、テクニカルには重要な三角を下に切った、さてどう動くか?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.17

今回はソニー、パナソニックとサムスン、ホンハイ、ハイアールとの比較検証をしようかと思っていたのですが、突然の(とはいいつつ予測してましたが)「解散宣言」。これは少しコメントしておきたいので、割り込むことをお許しください。

「16日に解散してもいい。だから政治家も身を切る思いで定数是正を一緒にやろうじゃありませんか!」

大舞台で見得を切る歌舞伎役者さながらの様子。そうとう力を入れて臨んだようです。なにしろ、野田首相のほうから持ちかけた党首討論ですからね。

ご存じ、この14日の国会でのことですね。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.16

 

格差拡大で張り合うアメリカと中国(前半)

このところ、あらためてジニ係数という指標への関心が高まっている。特定のグループについて所得や資産の分布を数値化した指標だ。

もしそのグループの成員が所得であれ、資産であれ、すべて同じ量を稼いでいたり、保有していたりすれば、数値は0となる。もしたった1人が全部稼いだり、持っていたりして、あとは全員すっからかんということになれば1になる。現実の社会では、まず0近辺とか1近辺の数字が出ることはなく、平等性の高いところで0.2〜0.3、平等性の低いところで0.4〜0.6くらいになる。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.16

 

格差拡大で張り合うアメリカと中国(後半)

続きはこちら

UPDATE 2012.11.15

この季節南アに行くとジャカランダの紫の花が見える。夢の中で突然紫に染まり目が覚めた。先日からあの花の名前を思い出そうとしていたら、突然ジャカランダと脳天に響き、紫色が出てきた。綺麗な、華麗な、なんとも見事な紫だった。いつか熱海の温泉街にその紫の花を見つけ、南アに通った日々を思い出した。月曜日の18時に成田を出て日本時間火曜日着、その週の金曜日に帰国の旅だった。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.14

 

小イカと里芋を煮ると部屋中に懐かしい匂い。夕方の匂い、母の匂い、そして昭和の匂いを想い出す。大根とアラの匂いも想う、この季節、寒さが12月に向かう秋の匂いに、あの頃を思い出す。金が250ドルに下落したあの頃、誰も見向きもしない金、そして金鉱山、この頃世界を回り金山を匂った。僕の懐かしい匂い、誰も振り向かない匂いだった。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.13

 

欧州の若年層の失業率が50%を越えた。ギリシャの平均失業率は25%となる。イタリアの自動車販売は前年同月比17%の下落、フィヤット社は存亡の危機を迎えている。消費者信頼感指数はイタリアで20%割れ。これは戦後初めて、先進工業国始めて、もはや恐慌であろう。実態経済の収縮は厳しく、欧州の失業率は異常値である。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.12

 

先週は金上昇とドルDXと米国国債が買われた。同時に3つが上昇する現象は珍しい。それは米国株下落時の安全資産としてのドル、金、米国国債に資金流入が始まった。そう考えれば金の上昇はこれからが本番であろう。先週の欧州株、中国株、日本株の下へのリーバーサルはこれらの市場における株価の下落本格化を示している。米国株は今夜が決め手、陽性暴落か否かの?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.12

オバマは再選された。しかし上院は民主党が握ったものの、下院は共和党が勝ち、日本と同様ねじれ国会が続いている。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.10

ソニー、パナソニックの近接未来についてお話するつもりが、ちょっと、いま、ホットな議論が行われている「田中真紀子大臣と三大学の新設不認可」という問題について、少しコメントしておきたい。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.09

 

ハリケーン・サンディはブラックスワンだったのかもしれない

続きはこちら

UPDATE 2012.11.09

 

ハリケーン・サンディはブラックスワンだったのかもしれない(後半)

続きはこちら

UPDATE 2012.11.08

ある月刊誌の見出しは、米株式市場に暴落予兆、大統領選後に富裕層が売り浴びせか、とある。相場の神様が、大統領選が終った後のNYダウはどうなるかの質問に、オバマが勝てばマイナス13,400ドル、つまり株価はゼロになってしまうとニコリともせず言い放った。ロムニーになら?の質問にまあ、6,000ドル下落というところかな。下落するがロムニーがましだと言う。が、オバマ勝利さて?

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.07

 

ロスチャイルド銀行スイスの元頭取や、ロスチャイルドの環太平洋支配人だった友人にロスチャイルドとは何者かと聞く機会があった。またソロモンの中興の祖で一時代を画したグッドフレンドと豊田章一郎さんを訪問する機会もあった。麒麟麦酒の社長氏や日本の代表的な企業の社長に彼を紹介したことがあった。ソロモンってなあに?の質問に答えるのは、実際にトップに会うのが一番。彼らの会話、彼らの付き合いを見ると、みんな普通の叔父さんだったな。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.06

 

金、銀の魅力的な買い場が近い。10営業日以内に金はその地点に到達するだろうとロス。先週末の金の大きな下げが、余りに大きな強気に傾いた市場のスズメを振るい落とした。今週中には金の強気が激減する。強気に傾くと市場は売られ、弱気に傾くと市場は買われる。この微妙な動きが読めれば楽しいのだが。さて金の下げとNY株は同時と書いたが?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.05

 

NYダウ4.8%の下げに対し、NDXは8.4%、小型株のラッセルは7.1%の下げである。今週末には今回の事件、下げ、は終るが、NY市場はNDXに追随して下げ幅を大きくするに違いない。ギリシャが新聞記事の一面を飾り始め、中国の景気悪化が尋常でないことが分かり始めた先週の世界の株式市場。今週、株価は如何反応するかである?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.03

●米アップル社に救われたフラッシュメモリ

もし、もし、もしウォール街の復活が幻ではなく、事実だとしたら、それは2つの企業のおかげかもしれません。

一つはフェイスブック。もう一つは、ニューヨーク株式市場で歴代一位の時価総額を記録した米アップル社です。「ナスダップル」という言葉が盛んに言われるほどです。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.02

 

中国資源浪費バブルの崩壊(前半)

指導部の一新を予定している中国の全国人民代表大会(全人代)開催を目前に控えて、中国共産党首脳部の周辺がにわかにあわただしくなってきた。胡錦濤主席に次ぐ党内序列第2位の大物、温家宝現首相の実母が、平安保険グループという中国有数の金融コングロマリットの大株主として、具体的には少なくとも米ドルで27億ドル(日本円に換算して約2200億円)という巨額の富を蓄財しているというレポートが、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された。この報道から1〜2日のうちに温家宝一族の顧問弁護士が、この報道は事実無根であり、ニューヨーク・タイムズに対する法的措置も考えているとの声明を出した。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.02

UPDATE 2012.11.01

銅が調整を迎えた。銅です、銅の暴落は革命か戦争と言う持論を何度書いてきたことか。その銅は今年も季節要因の上昇をこなし、これから6週間ほど調整、下落後12月中旬の上昇を目指して動き始めた。銅が下がるのだ。原油の下落、その他主要指標の5つに4つが下落を示すサイン、いよいよ2日お休み後のNY市場は動く。銅が下落ですか、いよいよ混乱は始まる。

  続きはこちら
  前の月へ 11 次の月へ  
2012
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28 29 30
最新の記事
バックナンバー

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月