経済・税金

HOME  >   経済・税金

2008年06月

経済・税金

UPDATE 2008.06.30

 

NY株は27日も100ドル下げ11,346。1年前13,408だから2,062の下落。原油が142ドルになる、1年前69.52。金が919ドルに、1年前は650。DXドルインデックスは72.36。1年前は81.92。1年前のNY株暴落前夜を思い出そう。僕の予測で大きく外れてきた原油。1年前も暴落直前との予測は大きく外れた。反省と点検。3ヶ月物米国債は1.68%、1年前4.82%。2年物国債2.65%、1年前4.84%。10年物国債3.99%、1年前5.03%。トウモロコシ7.1%に上昇,3.35%から。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.30

 

病院などで支払った治療費は確定申告すれば税金が戻ってくる、いわゆる医療費控除制度。本人とその家族が年中に支払った医療費が10万円以上であれば、年間200万円を限度として所得から引くことができる。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.27

 

26日梅雨空が街全体を覆う。NY株は同日、$358の暴落。5時に目覚める。CNNを見ているとFRBは金利を2%に据え置きとの報道。米国全体でインフレ。ガソリン、食料、プラスチックすべてが上昇。エネルギー危機,食料危機。FRBはこれから景気よりインフレ対策に重点をおくと。大洪水でトウモロコシや大豆も上昇。FRBが金利を下げる間NY株は下がる。米国短気金利が下がり始めた。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.26

金価格の変化時間は7月3週か?それまで995ドルに向けて上昇するのがシナリオ。金価格は1000ドルから850ドルに調整後960ドルに上昇,860ドルに下落。現在890ドルとテクニカルなペナントを形成しつつある。このペナントが上方に安値を切上げながら綺麗な三角ペナントを形成するときが転換点に成る。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.25

 

2000年のNY株の天井と2007年のNY株の天井を100として営業日数ベースでアナログチャートを眺めてみよう。下げのパターンは1937年(6月2日)と1973年(6月16日)のモデル、それに2000年のITバブル崩壊を現在進行中のバブル崩壊に重ねてみれば?同じことは繰り返さないが似たような動きが見て取れる。全米の不動産価格が15%も下落。もはやバブル崩壊は昨日の新規住宅着工件数が180万から70万件に落ちた事でも明白であろう。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.24

 

週末はずーと雨模様、昨日も雨、梅雨だ。風が、爽やかな青空に濃くなった緑の葉を揺らしている朝。葉の陰には小さな緑の実が、揺れながら大きくなるのだろう。昨夜はNY市場も小さく揺れ、Bに格下げされるGMやフォードが大きく売られ、金融株も売られた。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.23

 

先週のNY株は約500ドル下げ3月以来の水準。5月から23日下げているのであと10日程で戻りのポイントに差し掛かる。10月からの下げはそれぞれ31日、28日、30日と約20%ずつ下げながら大きな下落トレンドを作った。モノライン株の格下げから金融株の売り、それにGM,フォードのBへの格下げ予定に市場は怯える。石油の上昇は大型トラックの売り上げを減少させた。GMの手元流動性は来年の9月まで大丈夫との記事に驚く。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.20

ソロスの本が欧米でベストセラーになっている。2008年が史上最悪のカタストロフィーになるという予言。 彼は豊富なデーターと経験から警告を発する。 8月上旬に講談社より日本語版が緊急出版予定。その本の推薦、解説をすることになった。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.20

先日のウォール・ストリート・ジャーナルにこのような見出しが大きく掲載された。最近このブログは、新しく成立するであろう法律を前もって読者にお知らせしていたが、今回は少し肩が凝らないアメリカの話をしてみよう。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.19

この2年で150億円ほど儲けた人が来た。株でそれだけ儲けるには胆力と勘が必要。どうも金の匂いがしてきたと。金は1030ドルから850ドルに下げて今900ドル割れ。どうなるのですか?そうですね、7月第3週が大きな転換点みたいですよ。それまでは1030ドルと850ドルの間を行き来し小さなペナント(旗)を作るのでしょう。そして1030ドルを超えて上昇するのか、はたまた800ドル割れに進むのでしょう。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.18

米国金利上昇。10年国債の金利が4.27%に。先週が3.95%だからかなり大きな金利上昇だ(価格下落)。世界的なインフレ懸念からFEDが金利上昇させるのではとの論議が広がる。G8での強いドルの話も理論的には金利上昇と考えるのが筋。しかし足下では先月の失業率が5%から5.5%に急上昇。6月の失業率が6%になってもおかしくないほど景気は悪化。ミシガン大学消費者信頼感指数は56.7に暴落。100がニュートラルなのに。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.17

 

52

2008年8月8日8時8分に始まる北京オリンピックまで後52日。6月4日から中国南部がひどい豪雨に襲われ、昨日までに少なくとも57人が亡くなる。国内の度重なる天災にオリンピックを中止との観測。無理に進めれば大暴動の可能性。中止するならこのタイミングかな?国内の不満。共産党への不満は臨界点に達していると。C88の中国を代表する株価指数は−44.9%と冴えない。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.16

 

平成21年、来年度税制で相続税法は大きく変わる予定である。従って今、息子に自社株式を贈与する予定のある人は止めるのが得。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.16

 

ドルが暴落すると大変。世界の金持ちはドルの暴落を支えるようG8に要請したのかな?力で市場をコントロールすることは出来ない。もし出来るとすればドルの行きたい方向に押してあげる事だけだろう。先週書いたようにドルはドル高に成りたがっている。カナダドルとの関係。CRBとの関係はすでにUP(アップサイドイグゾーション)と言うテクニカルなサインが出ている。95円がわずか数時間であったように、市場は自然にドル高に進みつつある。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.13

上海の株が7日連続下げ今年44%の下げを記録した。昨年3月以来の3000ポイントを割り2957ポイント。ブラジルで石油株のIPOに沸く。昨年の夏に作った会社。ブラジル沖の海底油田にボーリングをする権利を持つだけの会社のIPO価格が35億ドル(3500億円)でグーグルの16億ドルの2倍。220億(2兆2000億円)ドルになるといわれるこの会社のオーナー、50歳のバチスタ氏は160億ドルの資産家になる。彼は5年以内に世界一の資産家を目指すと。いいね、夢が有り。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.12

米国が為替介入すると言う。これぞ転換点。全世界はドルショート、現物ロング(株、債券、不動産、穀物エネルギー)。この逆流が始まるのかな。原油が139ドル付けたときエクソンモービルの株価は反応せず。原油と原油株との動きの中にダイバージェンスが発生。誰が原油や穀物を上昇させたのかとの公聴会で年金基金が犯人と出た。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.11

 

2000年6月の大きな下げから2001年までのリバウンドまで38週(営業日)。昨年10月からの大きな下げとリバウンドが36週。米国株に見えるあるパターン。株価5年周期のモデル。1937年モデル、1973年モデル。これらを重ねるとき、この下げが小さな下げではなく来年10月まで続き60%〜75%ほどの下げにつながる波動ではないかと感じる。断定した。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.10

金の時代が始まる。日本発の本格的な金の時代。世界の株式市場にバブルを創った日本人による日本国内の金ブーム。7月12日から9月21日の期間中に国立科学博物館にて『金 Gold 黄金の国ジパングとエル・ドラード展』と言う展覧会が開かれる。国宝、重文を含む文化財を通して、「黄金の国ジパング」と呼ばれたかつての黄金文化が紹介される。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.10

 

先日のこのブログで、日本人がいかに相続財産の分割を巡ってもめるのか、そして非上場会社の株式の評価額が国の算定基準では常識を超えた価額になるため、後継者は相続税と遺産分割に悩まされ、そのため親の事業が継げなくなる事態が多発していることを述べた。

そのためにこの国会で「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」(略して「円滑化法」という)が成立し、本年10月1日から施行することになった。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.09

2日で15ドルの上昇は空売りの買戻し。原油高が原因でNY株は今年1番の暴落。パニックはあと少なくとも20日継続。世界は今や1970年代の日本のオイルショック。そして原油暴落による逆オイルショックが現れる。時間軸を逆転するような上昇はもう1日かな?1週間かな?

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.06

 

世界の株式市場のベンチマークDow Jones Country Titansという項目がある。世界の市場のメージャープレイヤー。易しく言えば、日本で言えばトヨタのような企業との時価総額の比較かな。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.05

約1年前、2007年5月8日のBBBサブプライム債価格は84.15。6月は82.68に。8月は42.32まで急落。そして今年4月中旬、10.96から6.52。昨日は4.92。なんだか天を仰ぎたくなるな。金融機関の格下げが相次いでいる。当たり前の話だね、こんな価格推移を知れば。1年で世界も変わったものだ。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.04

BKXが72.58まで落ち73.55で終えた。74を切れた事から金融パニックの始まりのサインは出た。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.03

 

フォードモータークレジットの決算と予測が出た。来年も利益は出るだろう、しかし大きな利益ではないだろう。トラックやスポーツカーの売れ行きが伸びない。

続きはこちら

UPDATE 2008.06.02

政府(経済産業省・中小企業庁)は、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律案」を第169回通常国会に提出し、先ほど衆参両議院において、自公民などの圧倒的賛成多数で可決成立した。

  続きはこちら

UPDATE 2008.06.02

 

南アについた日の新聞の一面は暴力、電力不足で暴動だった。一瞬、凄い日に来たものだと。普通の人はこんな南アに来ないだろう。僕は体でそれを確かめに現場を訪ねた。FED(連邦準備制度)が銀行以外の企業を救ったNY市場。安心は安堵に、そして金融市場は落ち着き、昨年からの暴落やパニックは終わった様子。3月のベアスターンのパニックからもう10週間か?普通の人は10週間前より今が深刻である事に気付かないのかな。

続きはこちら
  前の月へ 6 次の月へ  
2008
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30
最新の記事
バックナンバー

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月