経済・税金

HOME  >   経済・税金

2007年02月

経済・税金

UPDATE 2007.02.28

政策目標金利が日本で0.5%に上昇した。この上昇よりも「公定歩合」という言葉がいつの間にか使われなくなっていたことのほうに驚いた。119円だったドルがその金利上昇した日に122円台になった。

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.27

 

入試のシーズンだ。30年以上も前、僕のもらった電報はいつもサクラ散るだった。二浪して眺める寒梅はなぜかいつも散るように見えていた。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.26

2月26日、そう二・二六事件から71年。時代は平和な日本の時代を迎えようとしている。本年の2月26日はPiサイクルの3142日目で金価格の当面の高値になる日だという。

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.23

昨日は朝から10万人の企業集団のボスに逢っていた。新聞の一面にある0.25%の政策金利上昇誘導から何が読み取れるかの意見交換である。

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.22

 

昨日と同じチャートの1929年から1931年までを眺めていると、現在上昇中の高値がこの後どうなるのか見えてくる。%Bの赤丸と1932年の赤い矢印と同じことが起こるのだろうか。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.21

 

 トロントの夜は氷点下27度まで下がった。翌日快晴の街を暖かいなとワンブロック先にある黄金に光るビルまで歩いた。信号の上にある温度計はマイナス18度。びっくりした。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.20

先日のNew York Daily Newsによると、2006年後半のNYの不動産差押え(フォークロージャー)物件が前年同期比18%上昇した。特にブルックリン地区とクインズ地区で、毎週実に100 件のフォークロージャーが発生しているとのこと。
 

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.19

 

金鉱株と金価格がネガティブダイバージェンスを起こしている。過去37回のパターンからすれば、金鉱株は15%〜20%の下落が始まる。3月末まで下落する可能性が高い。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.16

トロント13日朝9時半。窓の外に流れる風は強そうで、高い煙突、低い煙突から流れる白い煙は直角に左、NY方向(北)に流れている。ホテルの最上階のエグゼクティブラウンジとなっているラウンジ兼食堂は遅い朝食の人々でにぎわう。

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.15

 

2月9日、円建てベースの金価格は1トロイオンス80796円と、昨年5月12日の高値を抜いて21年ぶりの最高値になった。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.14

 

ソロモンの天才君は、タミー、ダウジョーンズのトランスポーテーションだよと言った。全ての米国株のリード役のことだ。
知らぬ間に再び高値をつけていた。しかしながら罫線を眺めてみると、どうもダブルトップ(天井)の可能性が高いと見える。ダブルトップとは、もうこれ以上上がれないとのサインでもある。
 

続きはこちら

UPDATE 2007.02.13

 

トロントに来ている。外はマイナス10度。少し北に行けばマイナス30度や40度。そう言えば、カンビオールの件で初めてモントリオールに来たのも今頃だったな。8年前。マイナス25度。快晴の空にダイヤモンドダストと言われる光の雨が降っていた。僕の北米の金山のスタートは、そのダイヤモンドダストの祝福によるものだった。
 

続きはこちら

UPDATE 2007.02.09

資源に関するビジネスは日本では非日常的なる物である。例えば石油開発、ウラン鉱開発、金鉱山開発といっても身近なものはない。
しかし、欧米を回れば、おじさんが地質家とか、大学は鉱床学を学び現在石油採掘を行っているとか…

  続きはこちら

UPDATE 2007.02.08

 

 Failed Rallyから原油はリバウンドしている。50ドルまで下げたが現在60ドル。300日平均移動線を眺めれば(図1)64.98が戻りの目安となる。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.07

 

銅がどうにも止まらない。再び新安値を付けてきた。Zinc(亜鉛)も同じように下げ始めた。上昇している主要なメタルはニッケルのみになってしまった。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.06

 

先週、NYダウは上昇し新値を付けた。しかし、MACDのS&P500の分析では非常に危機的なポイントにさしかかっている。株価上昇のモメンタムは多少お疲れ気味。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.05

 

2000年1月から暴落し始めたナスダッグの株価。2002年10月に暴落の底が確認された。ボブホイたちのテクニカル分析では、2002年10月から続いたブル市場(強気の市場)に、アップサイドイグゾースションが現れたという。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.02

 

1998年、LTCM(巨大ヘッジファンド)が破綻した時、円は147円から112円に急騰した。円キャリーという取引の反対売買が起きたことによるものだった。金利がゼロに近い円を借りて金利の高い通貨に投資することを円キャリーという。

続きはこちら

UPDATE 2007.02.01

 

米国の10年国債の金利を眺めてみよう。12月5日にボトムアップした金利はその上昇トレンドに乗っている。昨年は6月20日の5.25%から12月5日の4.5%まで下がっていたが...

続きはこちら
  前の月へ 2 次の月へ  
2007
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28
最新の記事
バックナンバー

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月