経済・税金

HOME  >   経済・税金

2007年07月

経済・税金

UPDATE 2007.07.31

生物は強い種が必ずしも生き残ったのではない。環境に適応した種だけが生き残ったのだ。これがダーウィンの進化論の本質である。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.30

1週間で5%以上下げた米国株。普通ならリバウンドするポイント。普通か異常か株の動きを眺めたい。米国株の大天井はつかまえたと思う。バブルに沸く現場を取材し、自分の目に2007年のバブルを焼き付けたい。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.27

97年7月1日のアジア通貨危機。タイという小さな国の小さな通貨の問題はやがて世界を覆う暗雲となっていった。そしてLTCMが破綻する。その時、シティグループの株価は3ヶ月余りで60%も下げてしまった。小さな通貨危機が世界の流動性の問題へ発展した最初の事件だった。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.26

デンバーにいる僕のビジネスパートナーのジム・オニールからメール。バンクーバーのジム・バレッタ(ゴールドアナリスト)が1999年にタミー(僕のニックネーム)と逢った時、金は1000ドルになると言われ面食らったが、最近やっとタミーの言う1000ドルを信じる事ができるようになったと…。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.25

 

ドルベースでのNY株だけが史上最高値になっている。ユーロ、カナダドルで眺めてみると、史上最高値にいたっていないことになる。むしろ2003年頃を高値として下げているように見えてくる。ゴールドベースで眺めても、NYダウは上昇していないことになる。むしろ下がっているのかなと錯覚さえ起こす。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.24

 

1950年代からの米国住宅着工件数の推移を眺めてみよう。もはや疑う余地はない。大きなリセッション(不景気)に入ろうとしている。それぞれの年代の赤丸は不景気な時代の住宅着工の状態を示している。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.23

銀行株指数BKXが110を切れば1998年のLTCMの時と同じ状況に直面する。あの時は3ヶ月あまりでシティバンクの株価は60%下げた。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.20

史上最高値を付けるダウ。ニューヨークダウは僕のブログを読んでいるのだろうか!?天井と書けば再び高値?しかし銀行株は危うい時を迎えている。BKX(フィラデルフィア KBW銀行株指数)が113まで下げた。これが110を割れば大変だ。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.19

 

終わりの始まりはスタートしたと思う。株価の終わりの始まりに伴い、実は、ドルは現在の売られすぎからトレンド変更になろうとしている。弱いドルから強いドルへの変身である。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.18

 

ニューヨーク市場の信用取引の残高が4月の3180億ドルから3530億ドルまで11%も上昇した。7月12日のウォールストリートジャーナルは、小さなお金でレバレッジをかけるいわゆる信用取引残高の拡大を報道している。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.17

 

短期金利が上昇してしまって、また前のような状態に…。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.13

 

63

サブプライム担保の債券価格インデックスが63にまで下がった。一方NYダウは、283ドル高の13,861ドルで、6月4日の高値を抜いた。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.12

金と金鉱株が7月から10月にかけて上昇する可能性が高くなってきた。金が上昇し、ニューヨーク株が下落するのがセオリーである。ニューヨーク株も本格的ベアに突入する事が我々の眼にも確認できる事件が近く起こるはずである。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.11

 

金に買いシグナルが出たとの報告がボブホイから来た。彼らのCOTモデルは正確にその買いシグナルを示してくれる。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.10

まさかの事件はいつ起こるのか?上海市場の天井、米国株式市場の天井をとらえた僕の目には市場参加者の心理を考える余裕が出てきた。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.09

円がユーロに対し168円になった。一方、米国の主要貿易相手国の為替レートを加重平均したブロードインデックスは最安値になってしまった。何がドルを弱くさせてきたのか。ドルは円を除く他の通貨に弱い。しかし、ドルは円には強い。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.06

68

BBBのサブプライムローン価格が、昨年8月100、今年2月27日に73。その時、上海株大暴落。そして5月24日、84.6になり、先週、71.8になった。そして昨日の上海株暴落。今週はなんと68になってしまった。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.05

始まったと思う。米国株の本格的な暴落というやつが。今月中に5%から10%の下落。そのまま継続して大暴落するのか。今一度、株価が上昇し、9月から10月にかけて大暴落するのかいずれかに違いない。

  続きはこちら

UPDATE 2007.07.04

 

世界の全ての市場はこのようなV字型になり、中期的な上昇トレンドが終わった。DAX 30(ドイツ)、S&P500(米国)、FTSE 100(イギリス)の株式市場はいずれもこのV字型を形成している。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.03

 

今回の米国株(S&P500)の上げ相場は、2002年5月17日から2007年6月27日までの1169日となっている。過去の1942年型(青線)か1987年型(緑線)になるのか(6月25日参照)。今回はどんな型になるのか。

続きはこちら

UPDATE 2007.07.02

 

6月13日418bpsだったスプレッドが、467bpsまで拡大した。BBの債券の利回りからAAの債券の利回りを引いたものが、ハイイールドスプレッドと呼ばれている指標である。

続きはこちら
  前の月へ 7 次の月へ  
2007
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月