経済・税金

HOME  >   経済・税金

2014年12月

経済・税金

UPDATE 2014.12.26

 

2015年、少なくとも30年代級の大不況が来る

日米とも株価は上昇基調に戻ったように見える。だが、原油価格の国際市況は今年7月のピーク時の半値前後で低迷を続けている。次の2枚組グラフではっきり分かるとおりだ。なぜ、原油価格の調整だけがこんなにきびしくなり、かつまた長引くのかと言えば、これまでの上昇ぶりが異常だったからだ。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.25

19時43分、鹿児島の駅に降りると歩いてホテルに、信号待ちでクリスマスケーキを抱えたお父さんに遭遇、嬉しいね。昔はこの季節、ジングルベルが街に響き、千鳥足のおじさんがサンタの帽子をかぶり、必ずアイスクリームケーキをぶら下げていたものだ。僕にはその景色が昭和であり、セピア色の思い出。九州新幹線で熊本より乗り42分で鹿児島、時間を飛ぶように走る新幹線、熊本駅では30年ぶりに、あの桂花ラーメンに出会う。熊本発の新宿の名物、桂花ラーメン。あまりの懐かしさに食べてみた。あと3分で出発なのに。僕のクリマスディナーでした。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.24

アメリカ財務省はアメリカ市民権(グリーンカードホルダーを含む)の市民権及び永住権放棄者の名前を公表した。今年これまで2353人が市民権・永住権を放棄しているが、このうち2人が日系人である。昨年の市民権・永住権放棄者は過去最高の2999人であったことからおそらく、それを超えるのではないかと思われる。このような放棄者の増加の背景には、オバマ政権によるスイスUBS銀行をはじめオフショア口座の締めつけ、さらにアメリカ人のアメリカ国外預金口座開示義務、FATCA(Foreign Account Tax Compliance Act)の発効が原因であるところが大きい。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.24

 

ふらりと京都を訪ねた、雨の京都、氷雨は冬のご馳走。四季折々、夏の京都は蒸し焼きだが、浴衣がいい。秋の京都は赤く染まり、春はどこかに土筆が見えたりする街。大好きな街だ。所用が終り、四条の権太郎に急ぐ。急ぐ理由はからし豆腐。30分遅かった、豆腐は売り切れ。残念。熱燗を頼み、小芋のから揚げ、生麩の焼いたもの。この熱燗は何ですか?菊正です、と、昼間からもう一本。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.22

一万円のカレーに思う

一万円のカレーを見つけて、食べるまでに10年ほど時間がかかった。一万円か、何か高く感じる、実際に高いのだが、それに値するのかと。理屈やその価格を批判しているうちに、とうとうそのカレーを注文する人に出会った。僕の前に座るその人は、「例のやつ」と頼むと、出ました一万円のカレー、伊勢えび、牛肉ヒレ、そしてあわびと豪華な食材が並び、顧客の横で調理する豪華さ。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.20

 

鉄鉱石と銅には原油以上の大暴落が待っている

日本経済新聞は、最近まったくといっていいほど経済データをまともに分析した記事を掲載していないという引け目があるためか、なかなか意欲的にお笑いネタを提供してくれる新聞になってしまった。いや、書いている記者や論説委員は大まじめなのだが、あまりにも経済の現状を見る目が曇りすぎているので、たくまざるユーモアというやつになっているのかもしれない。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.19

つごうにより、今回の掲載は、明日土曜日(20日)の午後3時ごろとさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご諒承下さい。

 

UPDATE 2014.12.18

明日の北海道は豪雪暴風雨とある。北半球は寒い冬を迎えているが。まだ地球温暖化と大きな嘘がまかり通る。太陽黒点や地球の寒暖の繰り返しから、既に寒い時代を迎えている。南氷洋の氷の厚さは例年になく厚い。ゴアの地球温暖化運動を無条件に信じる人々は彼らの、政府の地球温暖化の嘘に気が付かないで生涯を終える。嘘を作り、情報を操作する政治家、権威。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.17

 

なんと平和な国だろうか、52%の投票率で独裁に近い政権が出来た。ルールに従い、ルールに基づく政権だ。70〜90%の投票率とは軍事政権か、社会主義を意味する。プーチンは銃で国民を投票所に送り込む。だから、この選択は極めて民主主義的なルールで消費税は10%になり、集団的自衛権は行使される。そして日銀は、国民の総意を得て、世界の中央銀行の損失を抱え込む。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.16

 

チャートで見る世界の動き

今週の1枚●本領を発揮する金

続きはこちら

UPDATE 2014.12.15

このほど国税庁の発表によると、昨年度の相続税調査は1万1909件、このうち申告漏れは9809件(83%)だった。申告漏れの遺産は合計で3087億円、1件当たり申告漏れ遺産は2592万円、追徴税額は計539億円、悪質な脱税件数は1061件と発表。毎年少しずつではあるが減少傾向にある。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.15

ロンドン発

村山富市の時は阪神大震災、菅直人の時は東日本大震災と野党が政権を担う時に大災害が来た。国民は本能的にそのリスクを感じて自民党を選ぶのだろうか。南海トラフの可能性は来年の5月以降にあるという。2つの大地震を予測した人はそう分析している。ワーオ、野党が勝てば大災害?だが自民が勝ったら、大暴落の市場。この時代のトップとは因果な商売だと思うな。急速な円高、株安が今週からの日本、世界だろう。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.13

 

原油価格暴落に過剰供給以外の理由はない

原油価格が下げ止まらない。止まらないどころか、下げ幅を拡大している感さえある。今年の6月には、戦争期待でバーレル当たり107ドルという年初来高値に上がっていたWTI原油が、その後の5ヵ月半で60ドル台を割りこむほどの暴落となっている。次の2枚組中の上段のグラフで灰色の折れ線が、WTI原油の値動きだ。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.12

つごうにより、今回の掲載は明日、土曜日(13日)の午後1時前後とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、よろしくご諒承下さい。

 

UPDATE 2014.12.12

これはハワイ、ホノルルを舞台にしたものである。アメリカでは預金口座はだいたい夫婦共有名義(ジョイント口座)。この共有名義は夫のみの収入で妻が専業主婦であっても、各々半分の権利がある。例えば夫が死亡した場合でも妻が死亡した場合でも、その預金の2分の1を各々が所有していたとして相続財産の計算が行われる。日本の税務当局の判断はたとえ共有名義でも妻が専業主婦の場合は預金全額が夫の預金であり、財産であるとして相続税の計算が行われるという税法上は日本では明確な判断基準がある。ジョイント口座は法的には片方が死ねば自動的に残った者の所有となる。これは遺言も何も要らない。アメリカでは遺産分割の対象とならないのだ。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ヒンデンブルクの予兆が警告を発している

続きはこちら

UPDATE 2014.12.11

歴史の転換点、ヒンデンブルグの予兆

今年9月22日に大暴落へと繋がる恐れのあるヒンデンブルクの予兆が、ニューヨーク証券取引所総合株価指数に出現した。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.10

歴史は繰り返す。現在スキニーな男性の服が流行るが、これは金利低下時期に見たものだ。反対に金利上昇時は膨れたパンツ、これもまた1980年代の日 本でも流行った。服も金利も繰り返す世界。この繰り返しを理解しない人々の不幸は、時代の進行方向に行くほど不幸だろう。不幸も繰り返す、そしていつも悲 劇は同じ顔をしている。さて、その3は

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.09

 

チャートで見る世界の動き

今週の1枚●巨大な組織による操作が疑われる日経平均と金価格

続きはこちら

UPDATE 2014.12.08

潜在意識の色

蒼い海に浮かぶ一艘の漁船、夫婦は漁を終わると、船に上がり結婚以来の儀式を始める。「母ちゃん、Car Cranchばお願いします」と言うと、裸になり、横になる父ちゃんに乗る、二人は縦と横に結ばれた。日焼けした真っ黒い肌が光り、青い空には雲ひとつなく、小船は揺れながら蒼い、少し丸い水平線に消えていく。僕は映画を見るように自分の夢を見つめる。カラーの無声映画だが、一言だけ、英語混じりのせりふ、カークランチばお願いしますか。クランチってなんだったかな?

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.07

 

世界はすでに「象徴戦争制」の時代に入っている——動員史観批判

動員史観という歴史の見方をご存じだろうか。「いろいろ紆余曲折はあっても、人類はだんだん自由に行動できるような社会の仕組みをつくり出してきたし、これからも課税や戦争への動員といったかたちで、国民の行動を縛る国家が社会に占める地位は低くなる」という楽観論にまっこうから反対する立場の歴史観だ。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.05

つごうにより、今回の掲載はあす土曜日(6日)午後2時前後とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご諒承いただければ幸いです。

 

UPDATE 2014.12.04

 

さて歴史は繰り返す。現在スキニーな男性の服が流行るが、これは金利低下時期に見たものだ。反対に金利上昇時は膨れたパンツ、これもまた1980年代の日本でも流行った。服も金利も繰り返す世界。この繰り返しを理解しない人々の不幸は、時代の進行方向に行くほど不幸だろう。不幸も繰り返す、そしていつも悲劇は同じ顔をしている。さて、その2は繰り返す時代の奇妙な写真から始めよう。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.03

 

いよいよ佳境に転じるNHKの如水、関が原の戦いであわよくば天下を狙う作戦を立てた如水。いつか書いたように、あと数週間、関ヶ原の戦いが長引けば、天下は黒田のものになったかもしれない。軍師が自分のための作戦を練るシーンは見ていてもどきどきする。さて僕も天下を狙うとするか、その前に僕の作戦と兵力、そして軍資金を見直すとしよう。

続きはこちら

UPDATE 2014.12.02

 

チャートで見る世界の動き

続きはこちら

UPDATE 2014.12.01

国税庁は、平成25年12月末現在の国外財産調書の提出状況を公表、それによると5,000万円以上の海外資産を保有している人は5,539人であるとした。香港、シンガポールにある日本人口座数だけでも数万人といわれる。多分アメリカだけでも、この何倍かはある。現実問題として国税当局は対応できないだろう。国外財産の所有状況をいちいち調べられない。

  続きはこちら

UPDATE 2014.12.01

ミセスワタナベ 株は総売り

どうして日本の投資家はこうも上手なのだろうか。11月は5週連続売り越し、11月第3週は1兆4,600億円の日本株を売り越している。この1月は1兆4,600億円買い越しだったのだ。安く買い、高く売る、ミセスワタナベは今回の日本株バブルの頂点を売り越す。その売りを外人が買い、機関投資家が買う。過去20年間で一番上手な投資家、ミセスワタナベはアベノミクスバブルを既に売り越した。何を基準にいつも正しい透視行動が出来るのだろうか?これが1つの神託だ。

  続きはこちら
  前の月へ 12 次の月へ  
2014
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月