経済・税金

HOME  >   経済・税金

2008年12月

経済・税金

UPDATE 2008.12.26

1年早かったね、と仲間内の忘年会。1年前の金価格と同じレベルか。原油は40ドル割れ。金利は世界的に0%になる。昨年10月に付けたNYダウの高値から実に50%以上の暴落。中国は70%の下落。日本も暴落。世界は1年前のドルショートとその他資産ロングの逆流で混乱。その反動高の始まり。見事にNYダウの天井を読んだボブたちへ感動、感服する。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.25

 

世界の新規株式公開での資金調達額が63%減の953億ドル、約8兆6000億円。大企業景況感、マイナス35%に。この時代に生まれて来た事、生きている事に感謝できるかと自問。ラッキーとの返事、100年に一度のチャンスとは?心の運用法。これぞ賢明なる日本の投資家に磨いて貰いたい素養。昨日、買っていた銀行株を利食い、代わりにトヨタの株を買う。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.24

バブルが弾けたようだと言われているのはフランスのシャンパーニュ地方。10月の売り上げは19%ダウン。バブルのときに売れるのは海老、シャンパン。最近は本マグロの急騰でバブルはジワリと日本人の食卓を脅していた。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.22

 

市場は大きく反発しそうな気配。銀行株チャートを代表選手で眺めると日足、週足ともに三角を作りながら上昇のサイン。このような大暴落後の悲観の中の楽観がこんなチャートの形になるのかと目に焼き付ける。様々な株式市場のチャートも似たりよったり。やがて悲観から楽観に市場が転換するとき、このチャートと逆のチャートが出て来るのだろう。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.19

1990年以来18年ぶりに個人が株式市場で買い越し、その額1兆2,000億円を超える。10月の買い越し9,900億円。1990年の買い越し1兆3,700億円に迫る勢い、その間の17年間は売り越し。信託、4兆1,300億円の買い越し、事業法人買い越し1兆6,000億円。外人3兆4,000億円売り超し。世界の市場で株の買い越しができる個人、年金等があるのは日本だけ。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.18

87

円の急騰は驚き。DXドル指数は世界の通貨とドルとの関係を示すが、円がドルに対しこれほど急騰するとは正直驚く。僕の読み方の間違いなのか?今年3月のドルとカナダドルとのトレンド転換。ドルに対し50%上昇していたカナダドル高の調整は、商品や原油と連動するカナダドルと米ドルの流れの転換点でもあった。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.17

11月の米住宅着工件数は、1959年の統計開始以来、過去最低だった先月より18.9%減。前年同月比47%減の62万5000千戸。1972年のピーク時、249万戸の4分の1の水準。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.16

ミネラルウォーターではないが、宗教法人が水を入れたボトルを販売、これは宗教活動の一環ではなく収益事業だとして17億円の申告漏れを国税局から指摘された事件。この水はコンビニなんかで売っているものと異なって、5合瓶(0.9リットル)1本を3,800円で売っていた。この瓶のラベルは「紀元水」と書いてあり、宗教法人紀元会の創設者(2002年死亡)が「神の声を受けて発見」したという霊験あらたかな水とされ、「自ら救いを求めて来る人々のみに与えられる自然の無菌水」としている。不特定多数の者に販売するものではないが、宗教法人紀元会の会員に販売していた。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.16

 

NY市場の話題はビッグ3の問題からナスダック元会長の巨大なねずみ講に移りつつある。かなりの有名人も野村ですら300億近い損。5兆円の史上最大のまやかしは今頃出てくる。市場が底を打つとき、反転するときとはこんなものか?朝、会社に行くときの見つけた葉っぱの顔をUPしたいな。毎年子供たちと探す冬の初めの楽しみ。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.15

 

日経新聞14日、日曜版の記事より。国内債券を除き総崩れ。新興国株は−63%、REITほぼ半減。国内株式−45.5%、国内債券+0.7%、豪ドル建てMMF−38.8%、外国株−63.2%、金−25.9%。グローバル・ソブリン−19%。全滅ですね。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.12

ボブに電話すると東京株式市場にも買いサインとの事。テクニカルにも市場は反転したことを確認。2週間程前、株で100億の資産を作ったと言う先輩より電話。三菱の新株を買わないかと言われているのだが?93年の安値の100円上での400円台ならいいんじゃないですか。悪材料折込済みですよと答えた。そのお礼なのか、昨夜はシャトウブリオン等珍しい年代のワインを御馳走してくれる。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.11

ボブからテクニカルに、先日マイクロソフトに、昨日上海株に、買いのサインと来た。11月後半には、金、原油、NY株に買いサイン。日本株もその流れになるはずだ。株は上昇するが失業は社会問題になりつつある。またロシア債の格下げ、韓国の破綻懸念。ドルの急上昇は日本を除く全ての国をドル高破綻に追い込んだ。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.10

 

S&P株価のボリンジャーバンドの動きに驚く。1937年の中央に円(○)が書いてあるが、これがまるで現在進行中の株価動向と同じなのだ。この類似性を信じ,明日に賭ける人は現在の知識人や投資家には皆無だろうな? 僕の大きな信頼は長年のボブの教えの賜物だろう。それにしても似ている。今日は現在進行中のチャートと1937年のそれを載せ、多くは語るまい。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.09

もはや離婚は芸能人や一部の人達の特権ではなくなった感がする。最近は普通の家庭でも見られるようになった。離婚率の上昇傾向に加え、いわゆる熟年離婚の増加が顕著である。従って、財産分与や慰謝料の金額も高額になりつつある。慰謝料は離婚に伴うものがよく知られるが、その他交通事故や不当解雇に伴うものもある。どちらにしろ、慰謝料を受け取るものには税金がかからない。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.08

 

先週の商品、原油、メタル市場の下落はまさに暴落。鉛は15.6%、銅は16.54%、アルミは15%、小麦は23%、大豆は11.5%、とうもろこしは16.31%。なんと原油も1週間で25%、高値から72%も下落した。小麦の下落は2008年の2月27日から72%、大豆も52%、トウモロコシは61%。そして米国の失業は先月54万人に。失業率は7%近くになった。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.06

12月4日、欧州中央銀行とイングランド銀行は、大幅な政策金利の引下げを行いました。これにより、イングランド銀行は、1694年の創設以来最低となる2%という金利をつけました。実に320年間の新記録です。
これこそ、欧州全域でも恐慌が始まったサインであると考えます。
このような事態を踏まえ、僕がジパング社のホームページで、25分程度の動画コメントをしております。是非ご覧ください。

 

UPDATE 2008.12.05

 

ブログを書くとき、前の記事を消しながら書く。今日は8月19日の所だった。読み返すと驚く。あれから4ヶ月でこんなに市場は変化するのだ。BDI、バルチック海運指数は昨年10月11039が今年1月5615、6月に11793。昨日672と94%の下落。市場の先行指数としてのBDIは市場が凍てついたことを教えてくれる。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.05

ロッシーニ歌劇団の初の海外公演が日本の渋谷オーチャードホールであり、「マホメット二世」が上演された。たぶん「マホメット二世」の観劇は日本ではなかろうと思っていた私は感激し、観終わった後も暫くは感動で動けなかったぐらいだった。いや、実に素晴らしかった。

  続きはこちら

UPDATE 2008.12.04

 

昨年からのNY株価モデルは年初1937年型だった。その後、クラシックな秋の暴落モデルは1929年型と1937年型に瓜二つ。10月安値、11月安値そして12月にリバウンド。特に先週のS&P500の株価は5日で19%も上昇した。これは1933年以来の吉兆。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.03

 

僕に会いたい。突然5年ぶりに現れた古い畏友は、全てのビジネスを先月整理し、僕と働きたいと切り出す。何故?流通業界と不動産業で稼いだ彼は僕が金(ゴールド)、金と言い続ける意味がやっと解ったと話し始める。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.02

 

綺麗な紅葉の日々、イチョウの葉が太陽に輝き黄金の葉が舞い散る。なんだか金の時代かな?そんなことを思い市場を見ると金は昨日大きく下落。NY株も元気に買い、買いなどと史上4番目の暴落。5日間で1280ポイント上昇、17%増。S&Pは4営業日で19.79%の上昇。7日連続とかそんな日がやってくると感じたのだが。残念。

続きはこちら

UPDATE 2008.12.01

原油に買いサインが出たのは70ドルを切れた時が1度目。60ドルを割るとまた買いサイン。そして3度目の正直、50ドル切れで見事に買いサイン。テクニカルは1つのサイン。その他のサインを見ながら本当の底なのか?あるいは高値なのかを見極める。原油は1年前に自信をもって天井とここに書いた事があった。あの勘違い、読み違い。ファンドなら命取り。

  続きはこちら
  前の月へ 12 次の月へ  
2008
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月