経済・税金

HOME  >   経済・税金

2007年12月

経済・税金

UPDATE 2007.12.28

もう冬休みにしよう。一年随分長いようで短かった。今年は新金融恐慌の始まりの年。特急で書いた3冊の「終わりの始まり」シリーズをゆっくりと読み、咀嚼して欲しい。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.27

 

前回のボトムは110万件かそれより少なかった。米国における住宅着件数の推移である。現在その110万件に近づきつつある。米国株の株価の下落は、経済の大きな柱である住宅市場を悪化させている。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.26

 

24日のWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)にゴールドマン会長のボーナスが7000万ドル、約80億円との記事があった。少し下にハーバード大学の資金運用チームに2100万ドルのボーナス。トップには600万ドルのボーナスとある。米国金融関係のボーナスの大きさに改めて驚く。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.25

 

「終わりの始まり」3部作のカバーが出来上がった。薄い黄緑になっている。帯コピーは「米国、中国、ロシアの崩壊は近い。世界の反転を唯一予見した10億ドルの金鉱山を持つ男が大胆予測!」とある。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.21

GSR

ふと明治神宮に足が向いた。年に何回か行くが、大きな森の中の木漏れ日は、美しかった。秋になると、色づいた光が、紅や黄色の葉っぱの絨毯の一隅を照らしている。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.20

 

ECB(欧州中央銀行)が約57兆円の資金供給とある。欧州の銀行システムが完全に破綻していることが伺える。年末年始の資金不足を2週間物で供給。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.19

 

74まで下げていたDXドルインデックスが77まで上昇した。円も113円台になっている。
市場はドル不足が発覚始めた。一方に傾いた市場は反対に揺れもどす。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.18

 

短期金利が先週末に2.9%まで下げている。1年前が4.9%。そして1ヶ月前が3.4%だったことを考えると下がりすぎている。短期金利が下がることは、株価の下落、景気の後退を示すことでもある。ゆえにこれから再び大きな株価の下落が始まるものと考えられる。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.17

先週水曜、S&L(貯蓄・貸付組合)最大手ワシントン・ミューチュアルが悪いニュースを出すと1日で株価が7%も下げた。シティーも金曜日にSVIなるオフバランスを連結すると発表し株価は大きく下落した。11月26日まで大きく下げたNYダウも先週までにかなり戻った。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.14

 

銅はどうなるの?北米の会社の社長からTELがある。今年8月に逢ったとき、銅はまだ3ドル50セント以上だった。それが2ドル75セントになったという。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.14

韓国の大手銀行、ウリ銀行・国民銀行・新韓銀行が、短期資金の調達に困っているという。ドル調達ができないので、ニューヨークにて緊急会議を開いたという。やはりドル不足なのだとピンとくる僕。

12月6日の英国銀行の発表では、9月末の銀行ローン残高が2480億ポンドと、8月末の1/3に減っている。たった1ヶ月で急激な銀行活動の減速は、何を物語っているのだろうか。
 

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.12

 

FRB(米連邦準備理事制度)は政策金利を0.25%下げた。そしてニューヨークダウは294ドル下落した。11月末まで下げたリバウンドは終わり、しばらくは下げ続ける可能性が高い。10日のブログに掲載したチャートを眺めて欲しい。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.12

金812、すごくない?なんて若者風に…。 またまた、812ドルだよ。28年ぶりの高値をぬくのは時間の問題。12月第3週に780ドルを保てば、来年は1000ドルの大台かな。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.10

 

11日、FRB(米連邦準備理事会)が金利を下げることは間違いないだろう。そして12月は例年クリスマスラリーという12月特有の株上昇の期待が市場全体を包んでいる。安心感と安堵。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.07

売りサインは20年物の米国国債ファンドだった。長期国債の分析モデルのプロキシー(代替品)になるとして彼らは用いている。北米では、何かを分析するとき、必ずモデルを作る。金鉱山も鉱量計算のモデルを用いて、金の量や分布を計算している。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.06

 

今日売りサインが出たよと一枚のチャートが北米から送られてきた。テクニカル分析の天才、ロスの作品である、芸術的作品。何が売りなのかと詳しく見ても何も書いてない。さては僕を試す気かな。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.05

タイミング、全てはタイミングなのだ。そうぶつぶつ言いながら、12月になった街を歩く。樹々は黄色に赤に染まり、朽ちて葉が落ちてしまった木もある。吹き溜まりに流れるように落ちている枯葉達。踏めば乾燥した音がする。

  続きはこちら

UPDATE 2007.12.04

 

実は今朝の新聞すら見てない。空が青く美しいので見とれていた。近くの公園が紅葉に染まっていた。空気のニオイ、風の方向、雲の流れ、それらは全て、万物の次のことを予兆させてくれる。

続きはこちら

UPDATE 2007.12.03

 

2000年の米国のITバブル崩壊から米国株は急落を始めた。その時、FRBは政策金利を12回下げた。金利を下げる時、株は上がるどころか、暴落してしまった。

続きはこちら
  前の月へ 12 次の月へ  
2007
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  23 24 25 26 27 28 29
  30 31
最新の記事
バックナンバー

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月