経済・税金

HOME  >   経済・税金

2014年08月

経済・税金

UPDATE 2014.08.29

 

世界デフレの時代はすぐそこに迫っている

中国1国で世界全体の消費量の約7割を占めていた鉄鉱石の価格が急落に転じ、在庫が激増している様子を見ると、明らかに中国の資源浪費バブルはもう崩壊している。アメリカの金融バブルはまだ崩壊していないが、これから先はもう「上がるから買う。買うから上がる」という以外にはなんの理屈もないバブル末期の相場となる。だから、上がれば上がるほどいざ下落に転じたときの被害は大きくなるという状態に入っている。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.28

5日の断食は5キロ体重ダウンで、8月11日にて終了。その前の週に暇をもてあますと嘆いていたが、音読革命とそれに連鎖する書籍20冊読み大満足。ブルガリアのロザノフ教授の暗示学習法が知りたくて、その種の本を読み漁る。ついでに宿曜経の驚くべきホロスコープに驚く。西洋占星術は有名だが東洋を代表するこれは無名に近い。徳川政権にとって余りに危険な、正確な占星術ゆえに家康が禁止したからだ。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.27

※本日は松藤のブログが休刊の為、奥村眞吾先生のブログを掲載させていただきます。

安倍首相は法人税率を30%以下にすると公約した。今どき法人税率が30%を超えているのは、日本とアメリカぐらいのものである。しかし今、政府税制調査会では、法人税率を下げる代わりに、租税特別措置法で優遇されている試験研究費や特別償却を見直すとしている。つまり、税率は下げるが、法人税収そのものは維持したいとしている。財務省のいつもの手である。見かけだけの減税で、実は減税ではない。実効税率は変わらないのである。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.26

 

今週の1枚●暴落必至の米国株、上昇必至の金価格

続きはこちら

UPDATE 2014.08.25

 

また夏が来て、お盆が過ぎ、つくつく法師が威勢をあげる季節。「静けさや岩に染み入る蝉の声」ふとそんな句を想う。どのような静けさか、夕暮れ、朝まだき?凄く大きな岩に染み入るのか。重なり合う岩なのか。それとも池のほとりの水を浴びる岩なのか。どんなセミが鳴いているのか。つくつく法師、ミンミンゼミ、もしや、クマゼミかな。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.22

 

2014年6月以降にご紹介してきた、「チャートで見る世界の動き」の中から、金(ゴールド)に関するトピックをピックアップし、総集編としてお伝えします。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.21

オーストラリア政府は、来年2015年7月1日から法人税率を28.5%に引き下げるとした。日本も30%を切る税率にすると安倍首相は公約した。但し、日本はその財源を法人、個人の双方に求め、個人の所得税や相続税は来年からかなりの増税である。オーストラリアも個人の所得が18万ドル(豪ドル、日本円で1700万円、以下同じ)を超えると、2%の追加課税(Temporary Budget Repair Levy)をするとしているし、Medicare Levyの2%を加えると、18万ドル以上の所得には47%(日本は来年から50%、4000万円超は55%)となり日本とたいして変わらなくなる。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.21

 

2014年6月以降にご紹介してきた、「チャートで見る世界の動き」の中から、米国に関するトピックをピックアップし、総集編としてお伝えします。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.20

 

2014年6月以降にご紹介してきた、「チャートで見る世界の動き」の中から、ヨーロッパに関するトピックをピックアップし、総集編としてお伝えします。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.19

GDP速報値がマイナス6.8%になる。海外の専門家の予測はマイナス10%だった。日本も中国並みに求人倍率と失業率等の経済指標を操作始めたとの囁きが。安倍政権の命運を握る数字ゆえに操作はあり得ると、もっぱらの噂。東京都心の分譲マンション販売価格が坪650万円になる。1億円の物件が瞬間蒸発、年収の何倍の買い物だろう。これがバブル、しかし年収は下落している。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.18

 

この島を見つけたのは小笠原さんか。小笠原のCDを聞きながら書こう。鯨の鳴き声、鳥のそれ波の音、CDは同じ東京都のハワイに近い音を聞かせる。なんと切ない鯨の鳴き声か。大きな波に小さな波の音を聞きながら波にもまれ波に生きた人々を思う。そしてNY市場の波は7月26日を頂点として急落し、反動高。その反動から再度、急落の波が来る。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.15

日頃よりご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜日に「経済・税金」でお届けしております増田悦佐氏のコラムは、増田氏が今週、来週と2週間夏期休暇の為、休刊とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒御理解の程お願い申し上げます。
次回は8月29日に「資源枯渇論の迷妄」シリーズその6の掲載を予定しております。よろしくご諒承ください。

「松藤民輔の部屋」WEB

 

UPDATE 2014.08.14

アメリカの国税庁(IRS)は、オバマ政権下この5年間でタックスヘイブンに預金を持つ者4万5,000人から65億ドル(6,500億円)を追徴課税し、そのうち100人以上を刑務所に送った。益々激しさを増すIRSの取り締まりに対し、以前にも書いたが米国市民権やグリーンカードを捨てる人たちの数が記録的に伸びている。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.14

 

急騰必至の時期を迎えたゴールド価格

ボブホウイ、ロスクラークのレポートをじっくりと読み、時代を透視する力を養って頂きたい。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.13

 

2014年6月以降にご紹介してきた、「チャートで見る世界の動き」の中から、株式・金融市場に関するトピックをピックアップし、総集編としてお伝えします。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.12

 

2014年6月以降にご紹介してきた「チャートで見る世界の動き」の中から、日本に関するトピックをピックアップし、総集編としてお伝えします。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.11

今年4月から消費税は5%から8%に引き上げられた。わずか3%引き上げるのに17年間もかかった。消費税1%の引き上げは国会ではテンヤワンヤの大騒ぎである。欧州をはじめ、ほとんどの国では知らない間に引き上げられている。国民の為の税金だからである。ところが日本では消費税は逆進性、つまり金持ちも、貧乏人も同じ負担だから不公平であるという理論。所得税でも相続税でも累進課税が当たり前の国、収入が2倍になったら4倍税金を払うというのが正論だそうだ。消費税3%を引き上げるのに17年かかったが、相続税や所得税の最高税率を50%から55%に来年引き上げられるのには何の議論もなかった。金持ちには冷たく、貧乏人にはこれほど優しい国があろうか。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.11

 

筑波大学の加藤先生の著書『天才が一杯』の中の題でも目を引く天才製造機の小題、ソニーの井深さんに天才の作り方を聞くと暗記との返事。日本の天才は素読を通じ作られたと。音読革命の中に紹介してある。今モーツアルトを聞きながら書いているが、彼の天才性を知るほどに、聞けば聞くほど驚く。これが人間の作品かと。さて灘、開成中学に進んだ子供たちの勉強法を調べていたら、後輩で開成に一番で入学した彼を紹介する本に出会う。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.08

 

石油が1滴も使えなくなる日はやってくるのか?

「石油の1滴は血の1滴」というスローガンを、リアルタイムで覚えているという人はほとんどいなくなってしまったかもしれない。日中戦争から第二次世界大戦にいたる過程で、アメリカ、イギリス、中国、オランダの4ヵ国は、大日本帝国による満州国の樹立から、中国本土への支配権拡大の動きを、石油の禁輸という兵糧攻めによって食い止めようとした。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.07

 

断食中です。まだ2日目というのに暇、断食中は食事しないから時間が余る。その時間をどう使うかに心悩ます。いつも何かしている僕には暇、突然の暇対策が苦痛。ふーむ、何もしない事を楽しむか。僕の修行中の考えない法ではそうなる。が、何もしない、したいことが見つかるまで、じっとしていよう。といってもスポーツクラブで泳ぐし。でも考えないとは右脳の潜在意識に連結される。音読革命で、30回目にして気がつく。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.06

4日から久しぶりに断食開始。今回は5日ほどで終わる。予定していたことが実現、市場の大転換も始まった。あとは気力、体力、健康なる肉体に健全なる精神が宿ると?暑いし、少し暇になったから断食、僕の趣味に興じようかな。シュリーマンの脳を開く、運を開く、語学を習得することは一つの方法で3つ美味しい。音読による人生の革命も始めてみた。が、でも『音読革命』この本は凄い。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.05

 

今週の1枚●金利による株式市場激変の予兆

続きはこちら

UPDATE 2014.08.04

僕は受験勉強に、シュリーマンの語学勉強方法を用いた。本を1冊暗記することだった。50ページほどの英文問題集の英文を全部覚える、4週間ほどで全部覚えた。その時Z会の英語テストで全国7番になったと覚えている。これで英語は完了と暗記をやめた。あの時、完全暗記の方法で望めばシュリーマンのような天才脳を獲得できたのだが、残念。

  続きはこちら

UPDATE 2014.08.01

 

地上最強の第3次産業を擁するアメリカのサービス経済はなぜ貧しいのか?

前回は、人間が豊かになればなるほどモノへの執着は薄れ、サービスに消費の重点が移ること、したがって「モノが枯渇することによって人類社会が滅びる」などという言説は妄想以外の何ものでもないことを説明した。どんなに貴重なモノでも、モノは人類社会が繁栄を続ける中で確実に安くなる。

続きはこちら

UPDATE 2014.08.01

つごうにより今回の掲載は、本日午後8〜9時ごろとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご諒承いただければ幸いです。

なお従来、金曜日午前中の掲載を予定してきましたが、今後は基本的に金曜日中の掲載で、それでも間に合わないときには金曜日午前中のうちにお知らせして、翌日土曜日午後の掲載とさせていただきます。

 

UPDATE 2014.08.01

OECD(経済協力開発機構)がこのほど発表した富裕層の税逃れの防止策として、国外に住む個人の金融口座の情報を多国間で交換するシステムを構築するとした。これによると2015年か2016年から各国の金融機関に国外居住者すべての口座情報を毎年1回、税務当局に報告させるというもの。

  続きはこちら
  前の月へ 8 次の月へ  
2014
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2
  3 4 5 6 7 8 9
  10 11 12 13 14 15 16
  17 18 19 20 21 22 23
  24 25 26 27 28 29 30
  31
最新の記事
バックナンバー

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月