経済・税金

HOME  >   経済・税金

2007年04月

経済・税金

UPDATE 2007.04.27

久しぶりの快晴。緑が太陽の光に黄色く反射している。5月20日に書店に並ぶ予定の新刊の朱入れが終わったばかりだ。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.26

米国市場のイールドカーブに変化が現れている。10年国債の利回りから2年国債のそれを引いた2月21日の利回り差は−15bps。26日は0bpsになったが、3月末に−6bps。その後、瞬間的に+6bpsまで上昇し、現在は0bps。このトレンドから、イールドカーブは右肩上がりに変わり始めたと判断した。なお、1bpsは1%の100分の1のこと。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.25

 

イールドカーブとは3ヶ月物の短期国債から30年物の国債の利回り曲線のことを言う。日本では、株の売買や景気の動向を見るのにイールドカーブを眺めている人々は少ない。長期的な視点に立った投資行動はあくまで市場の大変化の前提となる現象をつかまえなければ成功しない。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.24

6月の中旬から8月にかけて、株価やベースメタルが今年の最安値を付けるというのが僕の予想するところである。その時、米ドルはどうなるのか。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.23

 

ダウは3月28日から13営業日中、12日間上昇で合計548ポイントも上昇した。先週末も150ポイント高で、3日連続で史上最高値を更新している。この異常とも言える上昇を、rational exuberance(根拠ある熱狂) と呼んでいる。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.20

僕の友人であり、金山開発に携わる2人のディビットは忘れられない人物である。1人のディビットは、一緒にロシアまで旅をして、ロシアと西アフリカの金鉱山操業をスタートから学んだ。金山とはこんなことをするのか!?彼に会う度に、色々教えられる。現在10万〜50万オンスの金生産を目指して奮闘中である。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.19

2003年の中旬、リアルゴールドプライスは255。そしてGSRは82あった。それが今年2月には152と46.7まで下がってしまった。金価格は700ドルを超えようとしているのに…。
 

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.18

11ヶ月ぶりに金は695ドル。銅も大上昇と、すべてのベースメタルは9月から28%も上昇している。世界中から送られてくる金山関係のメールは面白い。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.17

 

昨年の5月3日からの下落が7月に戻り、その後は今年の2月5日まで下げた銅。その戻りがVの字の緑のラインとなる。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.16

2002年第4四半期のニューヨークダウは7197ドルで原油は17ドルだった。昨年の高値77ドルから安値55ドルまで下げた原油。そして3月末に67ドルに上昇し、現在62ドル。原油価格(資源)の下落は経済と株価にプラスとの考えが一般的である。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.13

全世界の僕の友人に、8月に金価格はいよいよ800ドル!とのメールを送った。金価格やHUIその他金鉱株のインデックスで金の大上昇トレンドを確認したのだった。

  続きはこちら

UPDATE 2007.04.12

 

1月末まで下げすぎた銅は2月から反発に転じた。下げの64%戻しは充分な戻しである。50年分をテクニカル分析で眺めれば、下げの調整は9ヶ月から13ヶ月続く。その調整の時間を考えても銅の反発は充分で、もはや下げのパターンに転じる事が見えてくる。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.11

 

TSX

トロント証券取引所のインデックス、TSXは2月27日の高値13433。PIサイクルのピークの日から3月5日の安値。そして先週は13380の高値をトライしてきた。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.10

 

上海バブル崩壊は実はサブプライム債の価格でもそのタイミングを知ることが出来た。1月上旬に変化した市場。そして2月27日のパニック。

続きはこちら

UPDATE 2007.04.09

PIサイクル(2.26)は生きていた。2月27日から世界の全市場は大混乱になり、3月5日に安値を付けた。そして再び3月までの暴落のレベルかそれ以上まで回復した。

  続きはこちら
  前の月へ 4 次の月へ  
2007
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30
最新の記事
バックナンバー

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月