経済・税金

HOME  >   経済・税金

2007年09月

経済・税金

UPDATE 2007.09.29

金山オーナー語る… マネージャパン11月号の50ページにそのような題の僕の取材記事がある。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.27

BKX(フィラデルフィアKBW銀行株指数)が106に落ちてきた。米国株は元気に上昇しているようだが、101を切ると、前回より増幅された金融パニックが起こる。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.26

 

USドルインデックス(DX)は、ユーロや円など主要6通貨に対する米国ドルの強弱度を包括的に示す指数である。そのDXは、米国株が上昇すると下落する。原油価格が上昇されば、米国株も上昇する。いくつかの株価は米国株上昇と時期を同じにしていた。

続きはこちら

UPDATE 2007.09.25

 

余程、大きな銀行かファンドの倒産が起きているのか!?そして、現在の景気は、金融システムの崩壊以上に急激なスピードで鈍化しているのか。市場は、0.25%のFFレートの利下げ幅を予想していたが、0.5%というサプライズが起きた。

続きはこちら

UPDATE 2007.09.21

今まで発生した世界のバブルというものは、新しい金融商品の開発、そしてその破綻によって生まれてきた。サブプライムローンもその一つでしかない。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.20

このチャートは、1946年、1987年と2007年のS&P500の高値引き(closing high)を100と指数化したものであるが、とても興味深い。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.19

米連邦準備理事会(FRB)は、政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を0.5%引き下げた。この利下げ幅は、大方の市場参加者の予想を上回るものであり、米国株式市場ではNYダウがお祭りのように、$300以上も上昇した。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.19

サブプライム担保債の価格が2月28日の71から、5月24日には84.61まで戻り、7月には71を切った。8月19日は41まで下げた。この大きな下げが金融問題を惹起させた。そして、8月末に47まで戻り、一息ついている所である。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.14

金価格705ドル、ニューヨークダウ133ドル高の1万3424ドル、原油価格80ドル。この3つを眺めながら、ドルが弱くなっていることを鑑みると、一連の問題が終わったかのように見えてくる。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.12

ネバダの我々の金鉱山で、朝8時半から会議を行っていると、金価格が716ドルになったという報告が入り会場が沸いた。 まさか700ドルを超えるとは・・・。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.10

アメリカの株式は、8月上旬に下げ、そして下げからの戻りで上昇したが、再び下げに突入した。
金が700ドルを超えてきたこと、短期金利が下がってきたことにより、史上最大の暴落がこれから2〜3週間以内に見られると思う。

 

UPDATE 2007.09.10

NHKの「知るを楽しむ・歴史に好奇心」というテレビ番組のテキストのバックナンバー(2006年8・9月号)に、「黄金の島・ジパング、謎解き・金の日本史」というものがある。

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.07

週刊ダイヤモンド9月8日号の48・49ページに、金とジパングのことが紹介されている。是非読んでみて欲しい。(編集:株式会社ダイヤモンド社 藤井一氏)

  続きはこちら

UPDATE 2007.09.06

 

現在進行型の米国株の習性はどうも1987年と1998年のサイクルに似ている。過去の事例がそうだから、必ずしも明日に同じことが起こるなんて信じていない。しかし、非常に似た動きを観察できることは無視できない。

続きはこちら

UPDATE 2007.09.04

 

このチャートを作成している川口さんは、ペンタゴンチャートを使った株式分析で有名になった方。僕専用の金関係のペンタゴンチャートを約5年近く作成してくれている。

続きはこちら

UPDATE 2007.09.03

 

短期金利の大幅な下落は、銀行の破綻かファンドの倒産を示している。先週の米国債のイールドカーブ(青ライン)から、3ヶ月物金利が大幅に下落していることがわかる。

続きはこちら
  前の月へ 9 次の月へ  
2007
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  23 24 25 26 27 28 29
  30
最新の記事
バックナンバー

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月