経済・税金

HOME  >   経済・税金

2006年06月

経済・税金

UPDATE 2006.06.30

 

6月20日ボブホイは今年がブリッシュコンセンサスの年だから6月20日から28日間にNY株の当面の底が現れるとレポートして来た。
その6月20日のレポートをそのままお伝えしたい。

続きはこちら

UPDATE 2006.06.29

ボブホイ、エリックスプロット、ジョンエンブリー、ジョナサンハサウエー、タミーマツフジ。この中で読者は何人の名前をご存知だろう。それぞれ、金、金鉱株の分析、運用では、世界的ビッグネームだ。
いずれの人も、ボブホイの分析した、高額なレポートを参考にし運用を行っている人物達である。そのボブを8年ほど前にエリックが紹介してくれた。当時、エリックはヘッジファンドを運用し、その運用成績は10年間で35%と世界No1だった。

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.28

 

金は広義において商品である。また商品市況全般を表す指数にCRB指数がある。このCRBに対し、金価格がどれくらい買われているか。対CRBで過去25年分を眺めよう。

続きはこちら

UPDATE 2006.06.27

初めて不動産を買ったのは87年の秋だった。坪3万円で600坪、那須の御用邸の近くの別荘地だった。人生最大の投資は2000万円、銀行借入だった。サインした翌日、米国株は大暴落した。ビッグピクチャーでは14地点だった。
タイミングの悪さを嘆くより、運の悪い男だと情けなかった。そして赤坂の料理屋で飲み明かした。女将は良い呑みっぷりと褒め、様々な男を見て来たが、貴兄は大運勢と断言した。大暴落は短期間で終わり、3年後坪16万円になった。

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.20

成金には行動のパターンがあるらしい。ある日突然お金持ちになった人間は出来るだけ豪華な車や乗り物を持ちたがる。かのホリエモン君も自家用ジェットを20億円で買った。
中国で大金持ちが出現したこの数年、上海ではロールスロイスは日本全体より売れたという。成金になるとどうも高い豪華な、速い乗り物を買うらしい。株価の上昇はにわか成金にその独特な行動をさせている。

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.20

ポールマッカートニーが6月18日、64才になり、その日に離婚された。英国のビッグニュースである。米国ではビルゲイツが第二の人生で慈善事業に生きると・・・。世界の新聞の一面を飾った。
ポールは離婚で最大で412.5億円の資産を渡さざるを得ないという。35年前、高校一年生の時、ポールのような髪型をした修ちゃんがいた。修ちゃんは哲学的な事を言っていた。人は幸福を求めるから不幸になると・・・。心にしみる名言。

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.16

6月14日金は562ドルまで下がる。5月12日の725ドルから23%近く下げた。そうビッグピクチャーのニューヨークダウの14地点から15地点の下げがこれにあたる。87年僕はニューヨークにいて、ダウが一日で500ドル下げる現場に立っていた。(87年10月16日金曜日終値2,246.73、10月19日月曜日安値1,677.55、終値1,738.74)

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.14

 



イージーライフ。僕の人生は極めてイージーかもしれない。なぜならこのビッグピクチャーを天から信じ込んでいるから。1980年金の875ドルから9地点までの250ドル。現在14地点。金とニューヨーク株との逆相関で言えば、ニューヨークダウは天井で金は上昇トレンドが明確になっている。

続きはこちら

UPDATE 2006.06.09

6月6日15:00発JAL1810便にて熊本より東京に向かっている。ニュースによると日経平均は239円下げて15428円。昨夜のニューヨークの下げが響いたようだ。村上さんの逮捕も原因か、M&A、企業買収とカッコよかったが、買い占め屋と評判を落とす。今年のM&Aの世界の総額は78兆円と昨年の倍、容易に企業が買収される時が株価の大天井か底。福岡空港に11時25分に着く予定が、風の方向が180度変わった為に遠回りして32番から16番へ着陸。
予測、分析はこのように180度異なる風が吹くと不能になる。僕は15年間金を眺めてきた、金的視点から市場全体・経済全体を眺める事。そしてもともと株と逆相関関係のある、コントラリアンの立場で眺めてみよう。

  続きはこちら

UPDATE 2006.06.09

6月6日午前10時47分ANA247便にて羽田より福岡に飛んでいる。松藤家の守り神、牛の宮参拝。当社創業記念日の今日、第11回目の想い出は守護神参拝。約600年程鎮座する守り神にこれからの大変動を護ってもらおう。

  続きはこちら
  前の月へ 6 次の月へ  
2006
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28 29 30
最新の記事
バックナンバー

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月