経済・税金

HOME  >   経済・税金

2008年01月

経済・税金

UPDATE 2008.01.31

今日の5時の便でサンフランシスコ。2ヶ月ぶりの米国。この2ヶ月で株式市場のパニックが2度。そしてFRBは昨日も0.5% の政策金利を下げた。金利を下げている間は、株は下落する。昨日、突然の週刊誌の取材にそうくり返した。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.30

11月13日の11039から今年の1月22日までバルティックインデックスは43%下げた。バルティックの下げは市場全体がやはりベアに突入し、景気も大きく下落することを物語っている。これから20年もベアが続けば、地球温暖化も少しは緩和するだろうな…。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.29

株価を眺める第3の指数としてボラティリティ(以下ボラ)がある。株価が上げても下げてもどちらでも儲かる。かつて僕のいた名門ソロモンブラザーズのトレーダーたちはこのボラの中で生きていた。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.28

10月下旬にナスダックは2861ポイントに上昇。55日後に2203ポイントで23%まで下げた。2000年のバブルの際、NYダウは52日間下げ、55日から反発し始めた。1987年のクラッシュのとき、51日間下げ、55日目からリバウンドはスタートした。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.25

「過去60年間で最悪の市場環境であると。」ジョージソロスが今年のダボス会議でこう語っている。直近のパニックは過ぎたようだ。下げすぎた世界の株価は大きくリバウンドしている。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.24

先週NYの大手弁護士事務所は弁護士の15%をレイオフするとアナウンスした。昨年の今頃、MBAを出た人々の初任給は3000万、弁護士資格を持った人は5000万円といわれていたから隔世のかんである。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.23

パニックは再び起こった。そして短期金利を下げることで対応した。FRBが金利を下げ続ける限り株は下落する。この一点を銘記しておきたい。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.22

米国株には4年のサイクルと20年のサイクルが存在するという。1942年、62年、82年、2002年のボトムは20年と2ヶ月でそれぞれ発生している。また42年のボトムからTopをつける46年のパターン。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.22

 

1982年5月、NY証券取引所の前に立った僕の感動、世界の資本主義の中心にとうとうたどり着いたという。その時、NYダウは600ドルで金は600ドルだと思い込んでいた。記憶は時として風化のスピードが速すぎる。

続きはこちら

UPDATE 2008.01.19

NY株が$300近く暴落しているのを見て、この記事を書いている。いよいよかな…。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.17

CPI(消費者物価指数)で調整した金価格をリアルゴールドと呼ぶ。原油が100ドルになった日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)はインフレ調整の原油は102ドルだから充分に高いところに原油は達したと論説した。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.16

14日金は914ドル。銀は16.5ドルと急上昇。金は上げすぎの反動とお休みが必要。NY株も下げすぎの反動でしばし休憩。テクニカルにも買われすぎた金と売られ過ぎたNY株。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.16

バンクオブアメリカに吸収合併されたカントリーワイド社の社債の1000万ドルの保証コスト。アプフロント(前金)で300万ドル。それに50万ドルの年間支払いか。先週の月曜日までの保証コストはアプフロント200万ドル。一ヵ月前はアプフロントなしで77万ドルの年間コスト。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.11

デフォルト(債務不履行)リスクの増大という記事が目についた。債務返済不履行に対する保証コストが1年前の10倍ほどに上昇している。1000万ドルの債券に対する年間保証コストがベアスターンズの場合は、現在23万ドル、メリルでは20万ドルまで上昇している。1年前まではそれぞれ2万ドルだった。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.10

Initial Unemployment Insurance Claims(米新規失業保険申請件数)は、景気が下降局面に入る手前に増加する傾向にあるので、景気判断の先行指標として注目されている。赤矢印の所から上昇する時が、景気悪化となる。今回も紫の矢印よりIUICの数値が上昇しようとしている。 「?」マークの所だ。年初のISMレポートなどで経済、景気が大きく後退しつつある現状が報道された以上、株価の下落は景気後退を明確に示している。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.09

昨日のスポットの金は$881.10まで上昇、いよいよ金の時代かな?
昨年5月に141ポイントだったリアルゴールドプライス。(金を商品指数で割って求める指数)先週211まで上昇した。ゴールドの値上がりが30%に達し、このリアルゴールドプライスは47%も上昇している。

  続きはこちら

UPDATE 2008.01.08

 

BKXというボブ達が用いる銀行株指数は先週83まで下げた。1年前が121であったことを考えると、銀行危機が始まっていることを示している。

続きはこちら

UPDATE 2008.01.07

米供給管理協会ISMレポートの昨年12月の製造業部門景気指数は、景気判断の分かれ目となる50を下回り、新年早々、米国経済が景気後退に陥っている事を示してくれた。米国株価の下落はその景気後退を追認するかっこうで一週間で600ドル近く下げた。

  続きはこちら
  前の月へ 1 次の月へ  
2008
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5
  6 7 8 9 10 11 12
  13 14 15 16 17 18 19
  20 21 22 23 24 25 26
  27 28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月