経済・税金

HOME  >   経済・税金

2023年12月

経済・税金

UPDATE 2023.12.29

 

「破壊の年」 ~2023年を振り返る~

あっという間に今年を振り返る時期がやってきた。今年はどんな年だったと言えるだろうか。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.28

 

年末のご挨拶

先週は寒かったですが、今週は少し寒さも和らぎました。年末年始のお天気はぐずつきそうですが、気温は例年より高くなるとのことです。さて、今年もいろいろありました。ハナコイチオシのテーマ「健康」で一番大きかった出来事は、なんといっても「新型コロナの5類移行」です。3年間続いたコロナ騒ぎもやっと終わりを迎えました。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.27

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

  続きはこちら

UPDATE 2023.12.26

 

先週の金相場の終値は2,053ドルと先々週の終値2,018ドルから35ドル上昇して2週連続の上昇となりました。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.25

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」302

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.22

 

左派の“右派潰し”が続いている

どこかで見た光景だ。12月19日、自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる問題で、東京地検特捜部は政治資金規正法違反の疑いで安倍派「清和政策研究会」と二階派「志帥会」の事務所を強制捜査した。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.21

 

風邪予防にお灸で免疫力アップ!

突然の厳しい寒さですね。19日(火)の朝の最低気温は東京都心で3.4℃と温気一番の冷え込みとなりました。今週は週末に向けて一段と冷え込む見込みですが、来週は平年よりも気温が高くなるそうです。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.20

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.19

 

先週の金相場の終値は2,018ドルと先々週の終値2,004ドルから14ドル上昇して2週ぶりの上昇となりました。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.18

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」301

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.15

 

宣戦布告 ~COP28~

11月30日から2週間に亘りアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれていた国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)が閉幕した。COP28では、焦点となっていた化石燃料の脱却を進める合意がなされた。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.14

 

捨てるのもったいない!栄養満点の魚「イワシ」

先週、北海道の函館の海岸に大量のイワシが打ち上げられました。その量、実に600トン。
現在ショベルカーで回収処分作業が進められていますが、今年いっぱいかかるそうです。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.13

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.12

 

先週の金相場の終値は2,004ドルと先々週の終値2,071ドルから67ドル下落して4週ぶりの下げとなりました。週の終値は先々週の終値まで戻りましたが、4日(月)には一時2,136ドルまで上昇し最高値を更新しました。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.11

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」300

■お知らせがあります。
◇「2024年 新春投資講演会」・・・24/1/23(火)中島孝志の東京原理原則研究会主催です。
牛之宮メルマガ会員の皆様方は特別にご招待申し上げます。もちろん無料です。
特別ゲスト講師は「金利のスペシャリスト」堀井正孝先生です。Fed・ECB利上げ終了、対してわが日銀は緩和打ち止め。12/18-19の日銀金融政策決定会合を前に、すでに外国投機筋は猛烈な日本国債ショートカバー。結果、円急騰。予測通りです。
すべての投資は金利で決まります。金利を透視してこその投資です。
ご参加希望者は「牛之宮メンバーです」と明記の上、下記アドレスにお申込みください。
nakajima@keymannet.co.jp

続きはこちら

UPDATE 2023.12.08

 

パンデミック条約をめぐる攻防

進展というべきか、後退というべきか。来年5月の世界保健機関(WHO)総会で成立予定のパンデミック条約と国際保健規則(IHR)改正案に大きな動きがあった。昨年5月のIHR改正案採択時にルール違反の疑惑が生じ、パンデミック条約やWHO自体を拒絶する国が続々と現れているのだ。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.07

 

PFASって何ですか?

気になるニュースが2つありました。岐阜県各務原市の水道水と住民の血液から、発がんリスクがあるとされる有機フッ素化合物「PFAS」(ピーファス)が高濃度で検出されたことと、世界保健機関(WHO)が一部のPFASの発がんリスク評価を引き上げた、というニュースです。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.06

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.05

 

先週の金相場の終値は2,071ドルと先々週の終値2,002ドルから69ドル上昇し、3週連続の上昇となりました。米国の地銀破綻による金融危機懸念で史上最高値を付けた今年5月初旬以来の高さとなり、週明けの12月4日(月)は、一時2,120ドルと史上最高値を更新しました。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.04

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」299

■お知らせがあります。
◇黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部プレミアム
「中島孝志のここだけ研究会ハイパー」限定10名募集!(残2席)
※ブログでは「対面講義」「オンライン講義なし」としていますが、ご推察の通り、見ず知らずの参加リスク対策のためで、講義後1時間ほどでアーカイブ配信します。
◇年内最後「中島孝志のオンオフサイトミーティング」を12/10(日)に開催します。
なぜこの日? FOMCが12/12-13開催、そして世界中が注目する「日銀金融政策決定会合」が12/18-19開催だからです。
※詳細は・・・https://www.keymannet.co.jp/

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.12.01

 

未接種者がいなくなる? ~レプリコンワクチン~

11月28日、厚生労働省は自己増殖型mRNAワクチン「レプリコンワクチン」を世界で初めて承認した。早ければ来年秋から日本で使用されるという。接種者もさることながら、これまでコロナワクチンを拒否してきた未接種者にとっても脅威だ。なぜなら、レプリコンワクチン接種者の体内で増殖したmRNAが、未接種者にも及ぶ可能性があるからだ。

続きはこちら
  前の月へ 12 次の月へ  
2023
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2
  3 4 5 6 7 8 9
  10 11 12 13 14 15 16
  17 18 19 20 21 22 23
  24 25 26 27 28 29 30
  31
最新の記事
バックナンバー

2024年2月

2024年1月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年9月

2023年8月

2023年7月

2023年6月

2023年5月

2023年4月

2023年3月

2023年2月

2023年1月

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年9月

2022年8月

2022年7月

2022年6月

2022年5月

2022年4月

2022年3月

2022年2月

2022年1月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月