経済・税金

HOME  >   経済・税金

2022年11月

経済・税金

UPDATE 2022.11.30

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.29

 

先週の金相場の終値は1,755ドルと、先々週の終値1,754ドルとほぼ同じ価格で取引を終えました。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.28

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」247

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.26

 

「地球崇拝」は世界統一宗教(後編)

3.島は沈まず、ホッキョクグマは溺れず

COP27で合意された「損失と被害」基金は、1991年にバヌアツが小島嶼国連合を代表して海面上昇の影響を受ける恐れのある国のための保険制度創設を提案した時、初めて国連の気候変動交渉で取り上げられたものだ。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.25

 

「地球崇拝」は世界統一宗教(前編)

エジプトで開催されていた第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)が閉幕した。今回の会議の最大の目玉は、地球温暖化で『損失と被害』(ロス&ダメージ)を受けた途上国を支援する基金創設が30年越しに決まったことだ。長年の懸案事項がなぜこのタイミングで突然決まったのか。勿論、「そういうタイミング」だったからだ。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.24

 

中性脂肪もコレステロールも大切な要素です

最近、内容が反対の記事が同じタイミングでネットに載っていて面白かったのでご紹介します。中性脂肪に関する記事です。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.23

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.22

 

先週の金相場の終値は1,754ドルと、先々週の終値1,774ドルから20ドル下げ、3週連続の上昇とはなりませんでした。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.21

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」246

昨日開催「中島孝志のオンオフサイトミーティング」にたくさんのご参加ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.18

 

同時流行は「ショックドクトリン」

コロナ第8波が始まった。日本人の8割が2回接種、6割強が3回接種し、国民総“免疫力低下”化した中での冬の流行だ。もはや2年前とは状況が違う。ウイルス干渉により通常なら起こり得ないコロナとインフルエンザの同時流行が現実に起きるかもしれない。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.17

 

秋に気分が落ち込む理由

秋も深まってきましたね。紅葉はこれから来月上旬までが最も見ごろです。秋は美しい季節ですが、一方で、なんとなくもの悲しく、感傷的な気持ちにもなります。不思議ですね。

今日は秋ならでの「気分」についてお話したいと思います。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.16

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.15

 

先週の金相場の終値は1,774ドルと、先々週の終値1,686ドルから88ドル上昇し、2週連続の上昇となりました。この水準で引けたのは8月中旬以来、約3カ月ぶりです。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.14

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」245

まずはお知らせです。11/20(日)に「中島孝志のオンオフサイトミーティング」を開催します。
ジョン・メイナード・ケインズ曰く、「必然は起こらないがハプニングは常に起こる」。深いです、深すぎます。
今回は「150分間まるまる銘柄探求」とします。

詳細はhttps://www.keymannet.co.jp/

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.12

 

消えた「赤い波」 ~2022米中間選挙~ (後編)

3.選挙は「プロレス」

バイデンは2年前に「我々民主党は、米国の政治史上、最大規模の不正投票組織を持つに至った。」と発言して支持者を啞然とさせた。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.11

 

消えた「赤い波」 ~2022米中間選挙~ (前編)

「レッド・ウェーブ(赤い波)は起きなかった。」米中間選挙投票日から一夜明けた11月9日、バイデンはしたり顔でコメントした。「赤い波」とは赤をシンボルカラーとする共和党の躍進のことだ。「赤い波」が起きなかったのではない。「予想していたこと」が起きただけだ。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.10

 

「免疫力」は存在しない!?

タイトルを見て「えっ!?」と思われた方も多いと思います。もちろん、ハナコもその一人です。実は、先週ネットで見てびっくり仰天した記事なんです。

書かれたのは、2年前にハナコイチオシでも紹介しました「健康から生活を守る」の著者で医師の大脇幸志郎先生です。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.09

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.08

 

先週の金相場の終値は1,686ドルと、先々週の終値1,645ドルから2.5%上昇し、2週連続の下落は阻止しました。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.07

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」244

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

いずれにしても、今週11/8の中間選挙がゲームチェンジャーとなりそうですね。
共和党民主党いずれが勝とうがすんなり受容されることはありません。うちらこちらから物言いがついて泥沼。いつものことです。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.04

 

凍える欧州 ~エネルギー・食糧危機~

欧州はエネルギー危機回避の目途が立たないまま冬を迎える。果たして無事に乗り超えることが出来るのだろうか?

続きはこちら

UPDATE 2022.11.03

 

紅葉狩りでアンチエイジング

朝晩が急に冷え込むようになり、緑一色だった山や街の街路樹も、赤、黄、オレンジと様々な色合いを見せ始めました。「紅葉狩り」の季節ですね。

続きはこちら

UPDATE 2022.11.02

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

  続きはこちら

UPDATE 2022.11.01

 

先週の金相場の終値は1,645ドルと、先々週の終値1,662ドルから下落し、2週連続の上昇とはなりませんでした。

続きはこちら
  前の月へ 11 次の月へ  
2022
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5
  6 7 8 9 10 11 12
  13 14 15 16 17 18 19
  20 21 22 23 24 25 26
  27 28 29 30
最新の記事
バックナンバー

2024年2月

2024年1月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年9月

2023年8月

2023年7月

2023年6月

2023年5月

2023年4月

2023年3月

2023年2月

2023年1月

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年9月

2022年8月

2022年7月

2022年6月

2022年5月

2022年4月

2022年3月

2022年2月

2022年1月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月