経済・税金

HOME  >   経済・税金

2021年02月

経済・税金

UPDATE 2021.02.26

 

花粉症と新型コロナとインフルエンザ

のどが痛く、鼻がつまり、頭痛がして身体もだるい・・・。まさか新型コロナ!?いいえ、この時期は多分花粉症です。(苦笑)

続きはこちら

UPDATE 2021.02.25

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.24

 

ついに始まったコロナワクチン接種(後編)

5.世界中で起きているワクチン接種後のADE現象

コロナワクチンによるADE現象とみられる事例はすでに世界中で起きている。スペインでは、老人施設の入居者がワクチン接種直後にコロナに罹り数十名が死亡するというケースが相次いでいる。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.23

 

先週の金はネガティブなニュースに見舞われ、終値は先々週の終値から45ドル下落しました。現在、金市場関係者の誰もが気にする問題は、新しい強気の段階に入る前に、金がどれだけ下落する可能性があるかということです。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.22

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」155

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

先週の米市場は冴えない展開でした。ま、最高値更新だなんだかんでこれだけ急騰していれば、「スピード調整」も当たり前。というか、こんなもんでは済まないだろう、と思ってます・・・。

「すでに30000円超えたのでは?」

「慣性の法則で止まらなかった。勢いあまって」でしょう。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.21

 

ついに始まったコロナワクチン接種(中編)

3.不自然なハンク・アーロンの“自然死”

先月、米大リーグの元ホームラン王ハンク・アーロンが亡くなった。アーロンは1977年に王貞治が756本塁打を打つまで世界のホームラン王だった。長嶋・王世代の日本人には馴染み深い名前だろう。アーロンの死について米国のメディアは「自然死」と報道した。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.19

 

ついに始まったコロナワクチン接種(前編)

昨年12月から世界中でコロナワクチン接種が始まっているが、これまでのらりくらりと躱してきた日本でも、ついにワクチン接種が始まった。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.18

 

「腸活」イチオシ第2弾!「トリファラ」

先週は「腸活」の強い味方「酪酸菌」をご紹介しました。今日は第2弾としてアーユルヴェーダの「トリファラ」をご紹介します。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.17

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.16

 

先週の金価格の終値は1,823ドルと先々週の終値から0.6%高と僅かではありますが2週間ぶりの上昇となりました。金は、バイデン政権の追加経済対策と、FRBのハト派的スタンスのリフレーションと低金利長期化の期待から上昇はしているものの、株価は史上最高値を更新し続けており、米ドルと長期金利の高止まりにより頭を抑えられています。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.15

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」154

お知らせが2つあります。

1「中島孝志の投ワンハンドレッド倶楽部 オンオフサイトミーティング」の開催(3/6・東京赤坂・Zoom参加あり)

2日本一の税理士・会計士 奥村眞吾先生の講義(3/9・東京渋谷・Zoom参加あり)
※いずれも詳しくはhttps://www.keymannet.co.jp/

続きはこちら

UPDATE 2021.02.13

 

風雲急を告げる世界(後編)2/2


6.ミャンマー政変の真相

2月1日、ミャンマー国軍が国家権力を掌握したと宣言し、アウン・サン・スー・チーの身柄を拘束するという事態が発生した。スー・チーは、軍によるクーデターだとして非難し、国民に対して抗議するよう呼びかけた。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.12

 

風雲急を告げる世界(後編)1/2

2週にわたりトム・ハンクスとレディー・ガガについて書いてきた。筆者がバイデン“偽”大統領就任式にこの二人が関与したことが気になった理由はおわかりいただけたと思う。ではなぜ小児性愛と悪魔崇拝のアイコン的存在はバイデン政権誕生を喜んだのか。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.11

 

「腸活」の強い味方 「酪酸菌」

就活、婚活、朝活、妊活・・・。いまはいろんな「〇活」がありますが、ハナコイチオシが取り上げる「〇活」といえば、もちろん「腸活」です!

続きはこちら

UPDATE 2021.02.10

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.09

 

先週の金価格は、前半は銀の動きを追う形で推移し、その後はドル高と長期金利高に反応して押し下げられることとなりました。金曜日の終値は1,813ドルと、先々週の終値1,850ドルから2%安となり、日足の終値としては2カ月ぶりの安値になりました。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.08

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」153

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

1月末から2月にかけ、スマホ経由の個人投資家=ロビンフッダーたちが空売り屋「メルビンキャピタル」と「シトロン・リサーチ」に仕掛けた「ゲームストップ株」。

結果はヘッジファンドの完敗。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.05

 

風雲急を告げる世界(中編)

トム・ハンクスが小児性愛疑惑のハリウッドスターの筆頭ならば、レディー・ガガはイルミナティが世に送り出した悪魔崇拝疑惑で最も有名なアーティストだ。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.04

 

緊急事態宣言が延長されました

緊急事態宣言が3月7日まで1カ月間延長になりました。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.03

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.02

 

先週の金価格は1850ドルで終わり、先々週の終値1856.2ドルから6ドル下げました。先週、顕著な動きを見せたのは銀でした。これは、先週米国株式市場で起きていた「レディット」ユーザーによるショートスクイーズが銀ETFでも行われた模様で、コメックスの銀オプションの取引量が急増し、銀価格は3週ぶりの高さへ上げ、今週(2月1日~)に入っても勢いは止まらず、一時30ドルを超えました。銀に対し、金の上げ幅は米ドルと米10年物金利の動きに反応する形で限定的となっています。

続きはこちら

UPDATE 2021.02.01

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」152

週末開催された「牛之宮新春セミナー」(大阪・東京)はいかがでしたか? 用意していた「ビットコイン相場の行方」について時間切れでお話できませんでした。それも含めて、毎水曜10PMからZoomで投資研究会(録画配信あり)をしていますので、ご関心のある方はご検討ください。
https://www.keymannet.co.jp

さて、時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

週末、世界中の市場が大きく揺れました。

続きはこちら
  前の月へ 2 次の月へ  
2021
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28
最新の記事
バックナンバー

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月