経済・税金

HOME  >   経済・税金

2023年01月

経済・税金

UPDATE 2023.01.31

 

先週の金相場の終値は1,928ドルと、先々週の終値1,928ドルと変わらず、狭いレンジで推移しました。6週連続の上昇(同値を含む)は、パンデミック下で史上最高値をつけた2020年8月以来の長さです。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.30

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」255

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.29

 

世界をディストピアに導くか ~ダボス会議2023~(後編)

前編・中編では、ダボス会議がグレート・リセットを強力に推進していることをお伝えしたが、一方で「今回のダボス会議は失敗だった」という意見も聞かれる。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.27

 

世界をディストピアに導くか ~ダボス会議2023~(中編)

1月20日、ダボス会議が閉幕した。世界経済フォーラム(WEF)総裁ボルゲ・ブレンデは今回のダボス会議を「食糧危機、エネルギー危機、気候変動危機への取り組みで進展が見られた」と総括した。しかし、会議の具体的な内容は殆ど報じられていない。なぜなら一般市民が知れば暴動が起きかねない内容だからだ。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.26

 

風邪のひき始め「三種の神器」

今週は天気予報通り厳しい冷え込みになりましたね。気象庁によりますと、このあとも強い冬型の気圧配置が続き、強烈な寒波が居座るそうです。積雪も大変ですが、怖いのは路面の凍結です。歩道橋の上、バスやタクシーの乗降場所、建物の出入り口などは雪が踏み固められて凍結していることが多いので、みなさん注意してください。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.25

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.24

 

先週の金相場の終値は1,928ドルと、先々週の終値1,921ドルからさらに上昇し、5週連続の上昇となりました。昨年4月以来9ヵ月ぶりの高値です。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.23

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」254

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.20

 

世界をディストピアに導くか ~ダボス会議2023~(前編)

1月16日から恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会、通称「ダボス会議」が始まった。通常通りの対面開催は、2020年のコロナプランデミック以来3年ぶりだ。20日まで行われる会議は、我々にどのような近未来を提示するのだろうか?

続きはこちら

UPDATE 2023.01.19

 

その薬、本当に必要ですか?

ドラッグストアで解熱剤や風邪薬などが品薄になっているというニュースを見ました。外国人、特に新型コロナの感染爆発で深刻な医薬品不足に陥っている中国からの旅行客が、家族や知人のために日本で大量購入する事例が相次いでいるそうです。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.18

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.17

 

先週の金相場の終値は1,921ドルと、先々週の終値1,870ドルからさらに上昇して週を終えました。1,900ドル台で週を終えるのは昨年5月以来以来8カ月ぶりです。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.16

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」253

昨日開催の「中島孝志の新春オンオフサイトミーティング」にたくさんのご参加、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

時代は大きく転換しようとしています。いや、すでに転換してしまったのかもしれません。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.15

 

再現と非再現~コロナプランデミック第2弾~(後編)

3.3年前と同じではない

「プランデミック」(計画的パンデミック)は、「グレート・リセット」計画の下、新世界秩序(NWO)、超監視社会、共産主義的世界統一、すなわち小説「1984」のようなディストピア社会が完成するまで、手を変え品を変え、繰り返し実行される可能性が高い。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.13

 

再現と非再現~コロナプランデミック第2弾~(前編)

年末から中国で新型コロナ感染が急拡大しているという。まるで3年前を再体験しているようだ。コロナ“プランデミック”は、ちょうど3年前の今頃から同じように始まった。しかし、現在と3年前とでは違う点がいくつかある。決定的なのは、世界中の多くの人々がコロナワクチンを接種し、免疫力が大幅に低下していることだ。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.12

 

甘いみかんで健康アップ!

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の年始は暖かかったですね。正月三が日は晴天に恵まれ、穏やかな日差しの中、三社参りされた方も多いと思います。

昨年の新年最初の記事は「コタツでうたた寝に注意しましょう」でした。今年は、コタツにつきものの「みかん」についてお話したいと思います。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.11

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.10

 

2023年最初の週の金相場は1,870ドルと年末の終値1,826ドルから2.4%上昇し、幸先の良いスタートを切りました。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.09

 

米中ロシア三つどもえの「表の戦争」と「裏の戦争」252

まずはお知らせです。
1/15(日)に「中島孝志の新春オンオフサイトミーティング」を開催します。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.06

 

※今週の「NHKが語り始めたCIA」は昨年の記事のひとつを再掲載させていただきます。

(2022年5月20日掲載)報道が始まった ~現実味を帯びる食糧危機(3)~

ついに日本の大手メディアも食糧危機を報道し始めた。「嵐の前の静けさ」が終わろうとしている。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.05

 

※今週の「ハナコイチオシ」は昨年の記事のひとつを再掲載させていただきます。

(2022年8月25日掲載)未病と主観的健康

健康情報で「未病」という言葉をよく見かけるようになりました。元々は東洋医学の言葉で、病気が発症する前に治してしまうことを未病と言いましたが、今は「健康から病気に向かっている状態」のことを言います。検査値に異常はないけれど自覚症状があったり、自覚症状はないけれど検査値に異常がある場合が「未病」です。

続きはこちら

UPDATE 2023.01.04

 

アドバンスド掲載記事を一部ご紹介します。

毎週、各投資分野を分析した「チャートワークス」を数本と、週末に各投資分野の動向と予測をまとめた「時代の転換点を読む」を掲載しています。

1989年東京の暴落、2000年ITバブル、2008年リーマンショック、2016年11月以降の米国株暴騰など、全てのことを日付まで的中させてきた人たちのウィークリーベースのアドバイスです。プロというプロが全て読むべきで、アマチュアもプロになれる価値あるレポートです。松藤が語ってきた経済予測の重要な情報源の一つでした。

「時代の投資情報・透視情報」として、ぜひ購読ください。

続きはこちら
  前の月へ 1 次の月へ  
2023
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2024年2月

2024年1月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年9月

2023年8月

2023年7月

2023年6月

2023年5月

2023年4月

2023年3月

2023年2月

2023年1月

2022年12月

2022年11月

2022年10月

2022年9月

2022年8月

2022年7月

2022年6月

2022年5月

2022年4月

2022年3月

2022年2月

2022年1月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年8月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月