経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2011年01月

アドバンスド

UPDATE 2011.01.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、底値が差し迫っていることを示唆する更なるサイン

続きはこちら

UPDATE 2011.01.28

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

「原油こそ新しいゴールドだ!」
——2011年1月22日付フィナンシャル・ポスト

「食料品と原材料コストの高騰で、世界的にインフレへの警戒心が高まる」
——2011年1月24日付ウォールストリート・ジャーナル

「アメリカの消費者信頼感指数過去8ヵ月間で最高を記録」
——2011年1月25日のフォックスニュースでの報道

最後の項目に触れておくと、アメリカの消費者信頼感指数は、去年11月の53.3から12月の60へと、急上昇した。これは非常に大きなジャンプで、とうとう消費者も弊社が独自開発したモメンタム・ピーク・フォアキャスター(MPF)のめったにない警戒警報レベルへの棒上げに巻きこまれてきたことを示している。前回消費者信頼感指数がピークを打ったのは2010年5月だった。

  続きはこちら

UPDATE 2011.01.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

地方債価格は抵抗線まで上昇する可能性あり
-飛び込み台サインが形成-

続きはこちら

UPDATE 2011.01.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ユーロベースのゴールドが売られ過ぎの水準に
ロイヤル・ゴールドの株価は下方屈曲点警報モードに

続きはこちら

UPDATE 2011.01.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀価格が緩やかな天井相場を形成

続きはこちら

UPDATE 2011.01.21

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

絶叫調がもてはやされる世の中

何十年も前のことだが、ゴルフの重要なトーナメントを中継しているアナウンサーや解説者は、プレーヤーたちのすぐそばに位置して、彼らの集中を乱さないようにヒソヒソ声で話したものだった。この声をひそめた中継こそが、トーナメント自体の重要性を示していた。弊社が刊行している『転換点』や『チャートワークス』の執筆者たちも、相場が長く困難な下降期にある今のようなときほど、報道は大げさな絶叫調ではなく、声をひそめて静かな口調で行うべきだと確信している。

続きはこちら

UPDATE 2011.01.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドの商品先物建玉指数の変化で我々のモデルが買いモードに

続きはこちら

UPDATE 2011.01.14

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

「最近の食料品価格の高騰ぶりは、暴動が起きてもおかしくないほどだ」
——2011年1月7日付ロイター通信

「カナダ経済、成長テンポを上げる」
——2011年1月10日付フィナンシャル・ポスト紙

「住宅市場、大不況領域に落ちこむ」
「アメリカの住宅価格は2006年6月に大天井を付けて以来26%も下落している。これは、1928年から1933年までの25.9%よりひどい下落率だ」
——2011年1月12日付CNBCニュースの報道

当時と現在とでは集計方法も計算方法も違うことを考えれば、たった0.1%の差は、統計的誤差の範囲内と言うべきだろう。でも、この見出しを書いた人間には意味のある差だったらしい。

続きはこちら

UPDATE 2011.01.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀の対ゴールド相対価格(S/G)の調整

続きはこちら

UPDATE 2011.01.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅:急騰か、緩やかな天井形成かを見極めるガイドライン

続きはこちら

UPDATE 2011.01.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

2011年1月第1週経過のSP500

続きはこちら

UPDATE 2011.01.11

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

超現実派(シュールリアル)の政策担当者たちが、バブルを連発(シリアル)している

上に掲げたのは、『転換点』今週号のタイトルというよりは、現在の状況に対する皮肉をこめた印象批評だ。もちろん、シュールリアルとシリアルが掛けことばになっているのは、たんなる駄ジャレではない。各国の中央銀行首脳陣が、自分たちの理論の正当性を示すために、絶望的なバブルを起こしつづけることで「すべてが一緒に動くマーケット(AOM)」での投機をますます拡大してしまったことも指している。

続きはこちら

UPDATE 2011.01.07

日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜にアドバンスドにお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、ボブ・ホイ氏側の事情により本稿の刊行が1日遅れています。そのため、翻訳版の掲載は週明けの月曜を予定しております。

読者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2011.01.06

2011年1月4日
原作:ボブ・ホウイ
翻訳:増田 悦佐

異常なほど投機的な市場の力が頂点に達しようとしているので、2011年の予測はいつも以上に興味深いものとなる。短期で言えば、弊社が独自開発したモデルは、ゴールドセクターについて、調整局面を示唆している。ただし、ゴールドより銀のほうが下げはきついだろう。

  続きはこちら

UPDATE 2011.01.04

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

「壮大なブルマーケットの開幕への準備は整っているか」
「株式市場が経済を引っ張る」
——2010年12月22日付フィナンシャル・ポスト紙

「投資家が回復に賭ける方向に踏み切ったので、アメリカ株が世界中の経済発展をリードする」
——2010年12月30日付フィナンシャル・ポスト紙

「ウォールストリートは、有能な人材の獲得競争で大忙し」
——2010年12月30日付ロイター通信

「危機? いったいどこが? ウォールストリートのお大尽たちが、ありとあらゆる贅沢好みを再発見しているところだっていうのに」
——2010年12月30日付ナショナル・ポスト紙

すべてが一緒に動くマーケット(AOM)

  続きはこちら

UPDATE 2011.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、跳躍台に差しかかった可能性あり

続きはこちら

UPDATE 2011.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

買え買え米国債:アップデート版

続きはこちら
  前の月へ 1 次の月へ  
2011
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1
  2 3 4 5 6 7 8
  9 10 11 12 13 14 15
  16 17 18 19 20 21 22
  23 24 25 26 27 28 29
  30 31
最新の記事
バックナンバー

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月