経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2012年01月

アドバンスド

UPDATE 2012.01.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、買いの価格帯まで再び下降

続きはこちら

UPDATE 2012.01.27

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「株式市場は、過去25年間で最上のすべり出し」
——2012年1月20日付フィナンシャル・ポスト紙

去年の10月からこの1月までは、ほとんどの金融市場で乱高下をはらみながらも基本的には上昇基調が続くという我々の予測は、どうやらズバリ当たったようだ。

「去年12月の中国住宅市場は、2011年中で最悪の結果となった。全国4大都市の新築住宅価格は、3ヵ月連続の下落を記録した」
——2012年1月20日のブルームバーグ通信の報道

「日本銀行はセロ金利政策を維持する」
——2012年1月20日のブルームバーグ通信の報道

続きはこちら

UPDATE 2012.01.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

恐慌指数が安心して買えるシグナルを発動

続きはこちら

UPDATE 2012.01.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油、予定どおりのタイミングで調整に入る

続きはこちら

UPDATE 2012.01.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクターに関するコメント

続きはこちら

UPDATE 2012.01.23

 

チャートワークス 2012年1月22日号 ボラティリティ指数
インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

縮小するボラティリティが示唆する2つの警告サイン

続きはこちら

UPDATE 2012.01.20

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「30年代大不況期以来最悪の経済回復」
——フォーブス誌2012年1月号

この指摘は、2007年にいたる大相場は壮大な金融ブームの末期にくり返される現象の一例だったという我々の以前からの見解に符合するものだ。最初の例は、1720年に起きた悪名高い南海の泡沫事件だった。5番目の例は、1929年に頂点に達した悪名高い金融バブルだった。

続きはこちら

UPDATE 2012.01.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国債の行方、月次警報が点灯

続きはこちら

UPDATE 2012.01.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドのパラメーター

続きはこちら

UPDATE 2012.01.12

毎週金曜夕方にお届けしております「時代の転換点を読む」翻訳版レポートは、著者ボブ・ホイ氏の出張に伴い、今週は休刊とさせていただきます。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

UPDATE 2012.01.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油、間もなく天井をつけ、6週間以内に重要な底をつける見込み(アップデート版)

続きはこちら

UPDATE 2012.01.06

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「銀行の貸し渋りだって? とんでもない。企業の借り入れは2011年に激増している」
——2011年12月23日付USA トゥデイ紙

「連邦準備制度(Fed)のスパイ大作戦」
「Fedの新しい提案は、〈大きすぎて潰せない〉という発想にひそむモラル・ハザードについて延々と弊害をお説教することで始まる。だが、そのあとは168ページを費やして、どうやって巨大金融機関が潰れるなんてことは二度とありえないようにするかを得々と説明している」
——2011年12月29日付ウォールストリート・ジャーナル

この眼くらましは、「拡大版慎重原則、早期治療のための必要条件」という名目で提出された。

続きはこちら

UPDATE 2012.01.05

 

原油、間もなく天井をつけ、6週間以内に重要な底をつける見込み

続きはこちら

UPDATE 2012.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国株式市場、売られ過ぎ領域より買われすぎ領域に近づく

続きはこちら

UPDATE 2012.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

年を挟む季節的要因の強含み期間が終了

続きはこちら

UPDATE 2012.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀に関するさまざまなテクニカル指標特集

米ドルの下げは、ほかの金融商品の上げにつながる

続きはこちら

UPDATE 2012.01.04

 

2011年12月28日

原作:ボブ・ホウイ
翻訳:増田 悦佐

 2011年10月初めの売られすぎ警報発令以来、株式市場は年末年始にかけて乱高下の中でも上昇基調で推移すると考えていた。つまり、弊社のテクニカル・アナリスト、ロス・クラークが名づけた年の変わり目(Turn Of the Year、略してTOY)マーケットがやってくるということだ。

続きはこちら
  前の月へ 1 次の月へ  
2012
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30 31
最新の記事
バックナンバー

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月