経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2012年04月

アドバンスド

UPDATE 2012.04.28

日頃よりアドバンスドサービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

5月第1週の祝日に「時代の転換点を読む」および「チャートワークス」が刊行された場合、翻訳版の掲載は翌週月曜日以降とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

UPDATE 2012.04.27

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「イタリア経済が2001年以来でも4度目の景気後退に落ちこむ中、イタリアの銀行業界が抱える不良債権は過去11年間で最高額に達している」
——2012年4月18日のブルームバーグ通信の報道

「スペインからイタリア、ギリシャにかけての失業率急騰は、この地域の債務危機を解決しようとする努力を脅かし、これら3国の国債金利を史上最高レベルに高止まりさせている」
——2012年4月19日のブルームバーグ通信の報道

一体なぜ「経済刺激」は雇用の増大につながらないのだろうか?

  続きはこちら

UPDATE 2012.04.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500アップデート

続きはこちら

UPDATE 2012.04.20

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

マーケットが重要な節目を通り過ぎるのを見るのは、上への変化でも、下への変化でも、興趣の尽きないものだ。

我々は4週間にわたって「ブームだ、ブームだ」と騒ぎ立てる人々の特集をしてきた。そして、先週は、「ありゃー」と叫ぶ人々の特集に切り替えた。どうやら、今週も「ありゃー」の時期が続くようだ。

今年の今ごろは:

続きはこちら

UPDATE 2012.04.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅市場、下降トレンドのなかで4回連続天井を打つ

続きはこちら

UPDATE 2012.04.13

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

我々は過去4週間にわたって「ブームだ、ブームだ」と騒ぎ立てる人々の特集をしてきた。そして、昨今の変動性の激しさを考えれば、そろそろ「破滅だ、破滅だ」と騒ぎ立てる人々の特集に切り替えてもよさそうな時期が来ていると思っている。

しかし、先走るのはよそう。ふつう、ブームをはやし立てる段階の次に来るのは、「ありゃー」だ。

そしてその「ありゃー」の時期の幕開けを告げたのは、ユーロ圏問題の「解決策」は、次の10年債の償還期限が来るまで待てずに、もっと短期の債券が償還するたびにボロが出るという事実が判明したことだった。

おかわいそうに。

今年の今ごろは:

続きはこちら

UPDATE 2012.04.10

日頃よりアドバンスドサービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 

【チャートワークス 2012年4月6日号 円】の2枚目のチャートに一部誤訳がありましたので、訂正いたしました。

訂正前:「前の図では重要支持線だった21ヶ月移動平均線が、この図では抵抗線になる(現在121.48)」

訂正後:「上昇局面では重要支持線だった21ヶ月移動平均線が、下降局面では抵抗線になる(現在121.48)」

ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

 

UPDATE 2012.04.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経平均への下降圧力

続きはこちら

UPDATE 2012.04.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

円、3週間後に5週〜7週間の調整相場に入る見込み

続きはこちら

UPDATE 2012.04.06

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

我々は、過去3週間にわたって

「ブームだ、ブームだ」と騒ぎ立てる人々

を特集してきた。彼らのうち一部は、いまだに強気一点張りの歌を歌っている。だが、テクニカル分析からすると、市場が好況を讃美する歌のタネも尽きたようだ。

時代を象徴するコメント:

今年の今ごろは:

続きはこちら

UPDATE 2012.04.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

弱気方向への乖離
(2つのモデル)

続きはこちら

UPDATE 2012.04.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクター、反発のタイミングに

続きはこちら
  前の月へ 4 次の月へ  
2012
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30
最新の記事
バックナンバー

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年9月

2012年8月

2012年7月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年2月

2012年1月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年8月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年9月

2009年8月