経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2011年12月

アドバンスド

UPDATE 2011.12.26

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「64%が肥大化した政府が最大の脅威だと述べる」
——2011年12月12日付ギャラップ世論調査

この調査で肥大化した政府が最大の脅威とするパーセンテージが最高だったのは1999〜2000年での65%だったが、まさに過去最高にあと一歩と迫っている。ビッグビジネスが最大の脅威とする票は20%にすぎなかった。

「BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)とは、不細工で(Bloody)、不条理な(Ridiculous)投資(Investment)概念(Concept)の略だ」
——このことばは、著名な投資レターの書き手であるアンブローズ・エヴァンス=プリチャードが、ソシエテ・ジェネラルで働いている某氏のことばを聞いて引用したものだが、くだんの某氏は「BRICSは煉瓦(ブリック)のように下落しているが、その理由は欧米の金融危機ではなく、完全に自国のブームとブーム崩壊のサイクルからなる国内要因だ」とも語っていた。

続きはこちら

UPDATE 2011.12.22

日頃よりアドバンスドサービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

明日12月23日が祝日になるため、明日に「時代の転換点を読む」および「チャートワークス」が刊行された場合、翻訳版の掲載は来週月曜以降とさせていただきます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

UPDATE 2011.12.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売られ過ぎのゴールドがタイミングよく上昇局面に

続きはこちら

UPDATE 2011.12.16

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

それほど遠くない昔に:
「これは、政治家対マーケットの闘いだ。私は何がなんでも勝つつもりだ」
——2010年5月6日のドイツ首相アンゲラ・メルケルのことば

現在の金融市場のどこが根本的におかしいのかを象徴するような発言だ。つまり、かれら政治家たちは、自分たちが金融の歴史を自由に動かすことができると思い上がっている。野心だけは立派だが、実践的な技術はまったくついて行けないので、100年間あれやこれやの介入をくり返した結果、とんでもない金融市場を創り出してしまった。

続きはこちら

UPDATE 2011.12.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数アップデート版

続きはこちら

UPDATE 2011.12.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

中小株、季節的要因によるラリーまで一歩近づく

続きはこちら

UPDATE 2011.12.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、今週中に底をつける見通し

続きはこちら

UPDATE 2011.12.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国の長期国債(T-Bond)と中期国債(T-Note)の行方
上昇が頭打ちに

続きはこちら

UPDATE 2011.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節的要因の強含み期間が伴う年の変わり目

続きはこちら

UPDATE 2011.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

溶けるチョコレート

続きはこちら

UPDATE 2011.12.09

著者ボブ・ホイ氏の事情により、今週の「時代の転換点を読む」は休刊とさせていただきます。直前となり大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

次回の掲載は12月16日を予定しております。どうぞご期待ください。

 

UPDATE 2011.12.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀、過去の事例と照らし合わせることで
検討すべき3つの4つのシナリオ

続きはこちら

UPDATE 2011.12.02

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「今年の夏まで経済をおおっていた新たな景気後退の影は、もう消え去ったも同然だ」
——2011年11月5日付AP通信の報道

「私は今、みんなが通貨監督庁(OCC)や貯蓄金融機関監督局(OTS)にでもなったかのように安全性、健全性ばかりに気を取られているべきではないと考えている」

「私としては、もう少し積極的に住宅への補助金を増額するといった方向にサイコロを投げるべきだと思っている」

これらのとんでもなく向う見ずなコメントの主は、現職のアメリカ連邦下院金融サービス委員会議長という大物下院議員バーニー・フランクだ。彼を始めとする民主党議員たちが、ファニーメイやフレディマックのような大災害をあおっていたのだが、この住宅金融問題はまだ解決の糸口も見いだせていない。その住宅にもっと補助金を注ぎこめというのだ。

続きはこちら

UPDATE 2011.12.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析


季節的要因による強含み期間を挟む年の変わり目
年末にほぼ確実に観測される小型株の値動きパターン

続きはこちら
  前の月へ 12 次の月へ  
2011
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー