経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2010年07月

アドバンスド

UPDATE 2010.07.29

 

毎週アドバンスドにてお届けしております「時代の転換点」「チャートワークス」ですが、翻訳スタッフの夏季休暇につき、誠に勝手ながら7月29日から8月3日までの間、休載とさせていただきます。
休載期間中にInsitutional Advisorsから刊行されるレポートのうち、いくつかを原文のまま掲載させていただくことになりました。
今回、第一弾として、Chart Works「S&P: Resistance Being Retested」を原文掲載させていただきます。

続きはこちら

UPDATE 2010.07.26

日頃より「松藤民輔の部屋」をご利用いただき誠にありがとうございます。

毎週アドバンスドにてお届けしております「時代の転換点」「チャートワークス」ですが、翻訳スタッフの夏季休暇につき、誠に勝手ながら7月28日から8月2日までの間、休載とさせていただきます。

なお、休載期間中にInsitutional Advisorsから刊行される原文レポートの翻訳版につきましては、8月3日(水)以降に掲載を予定しております。読者の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。

 

UPDATE 2010.07.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

去年の今ごろ:

「ふたりの民主党連邦議会議員が、ファニーメイとフレディマックが与信基準を緩和することを要求」
——2009年7月22日付ロイター通信の報道、またしてもバーニー・フランク上院議員だ!

「6月の消費者信頼感指数は49.3で、5月の54.8から大幅な下落」
——2009年7月5日付民間調査機関カンファレンス・ボードの発表

非常におもしろいのは、エコノミストたちの「コンセンサス」予想は、54.8から55.0への小幅な上昇を期待していたことだ。彼らは、幅だけではなく、方向性もまちがえていたわけだ。

そして、今年の今ごろになると:

続きはこちら

UPDATE 2010.07.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500、本格的な調整は必至か?

続きはこちら

UPDATE 2010.07.20

UPDATE 2010.07.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

去年の今ごろは:

「気候変動に対する反応は、その核心において富と資源の再配分を目指すものでなければならない」
——2009年7月10日の急進的環境保護団体、フレンズ・オブ・アースの
気候に関する正義キャンペーン・コーディネーター、エマ・ブリンダルの言葉

「我々は、破産したくないならどんどんカネを遣わなければならない」
——2009年7月11日付CNSニュースが報道したジョー・バイデン副大統領のコメント

「世の中、ありとあらゆるものが変わるけど、不思議なことに全然変わらないのは『前衛』と称する連中だ」
——2009年7月19日のアメリカの著名新聞コラムニスト、ジョージ・ウィルのことば

そして、今年の今ごろになると:

「正しく、公平で、洗練されていて、しかも人道的な健康保険制度というものは、金持ちから貧乏な人たちに富を再配分するものでなければならない」
——2010年7月7日の、オバマ大統領によって任命された
メディケア責任者、ドナルド・バーウィック博士のことば

「オバマ氏は、企業に自分が言うとおりのことをさせるためなら、企業を迫害することもいとわない、アメリカ版のウラジミール・プーチン(ロシアの前大統領で現首相)だということが露見した」
——2010年7月17日付英エコノミスト誌

続きはこちら

UPDATE 2010.07.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

主要株式市場の上昇は抵抗線に逢着して反落か?

続きはこちら

UPDATE 2010.07.15

毎週金曜にアドバンスドにて刊行しておりますボブホイ氏の「時代の転換点」(原題 Pivotal Events)ですが、原文レポートが予定より1日早く発表されたため、今週につき木曜に「時代の転換点」を掲載し、増田悦佐氏のコラムの掲載を明日金曜夕方以降に変更いたします。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

UPDATE 2010.07.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属市場の上昇機運

続きはこちら

UPDATE 2010.07.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500 −予想通り7月の月替わりシーズンが到来

続きはこちら

UPDATE 2010.07.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

主要通貨のレビュー

続きはこちら

UPDATE 2010.07.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

去年の今ごろは:

「だからこそ、私は雇用の創造と成長の加速を速攻で実現するためのアメリカ経済回復・再投資プログラムの迅速な推進に動いたのだ」
——2009年1月にウォールストリート・ジャーナルが報道したオバマ大統領のコメント

しかし、「復活の緑の新芽」が持続的な回復につながっているかについて疑問が出てくると、オバマはアメリカ経済回復プログラムは「たった4ヵ月で結果が出せるようには計画されていない。これは2年間にわたって徐々に効果を発揮するのだ」と言い出した。
——2009年7月11日のブルームバーグ通信が報道したオバマ大統領のコメント

続きはこちら

UPDATE 2010.07.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析


金色に輝くパラメーター

続きはこちら

UPDATE 2010.07.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500−7月1日の取引が閉じる前の短報

続きはこちら

UPDATE 2010.07.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経平均 − 下降圧力がさらに強まる

続きはこちら
  前の月へ 7 次の月へ  
2010
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3
  4 5 6 7 8 9 10
  11 12 13 14 15 16 17
  18 19 20 21 22 23 24
  25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー