経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2011年08月

アドバンスド

UPDATE 2011.08.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀に関するさまざまなテクニカル指標特集(後半)

続きはこちら

UPDATE 2011.08.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀に関するさまざまなテクニカル指標特集(前半)

売り買いは希望ではなく、知識にもとづいてすること

続きはこちら

UPDATE 2011.08.26

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「シティグループによれば、銀は1970年代のブルマーケットを再現する。トロイオンス当たり100ドルまで上昇するとのこと」
——2011年7月22日付経済金融情報誌、バロンズ

「G7諸国は、市場を安定化させるために、あらゆる手段を取ると発表」
——2011年8月8日のブルームバーグ通信の報道

いくつかの指標で相場の変動性が異常なほど高まっている。「正統派」の経済学者たちは、市場を安定化させるつもりで行う彼らの介入自体が、私的な投機による変動の振幅をますます拡大するということがいまだに分かっていない。政府筋による市場を「管理」しようとする介入が、市場環境をますます不安定にしているというのに。

  続きはこちら

UPDATE 2011.08.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

チャネルライン上での天井に

続きはこちら

UPDATE 2011.08.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

弱気方向へのアウトサイドリバーサル、ゴールドと銀価格の動向
(高値の切り上げ、安値の切り下げ、引け値の下げの流れに)

続きはこちら

UPDATE 2011.08.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、チャネルラインの天井に

続きはこちら

UPDATE 2011.08.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米長期国債30年物(T-Bond)と10年物利回りの反転が迫る

続きはこちら

UPDATE 2011.08.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属市場のレビュー

続きはこちら

UPDATE 2011.08.19

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

  続きはこちら

UPDATE 2011.08.19

UPDATE 2011.08.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドの夏のラリーが中期的な天井相場を迎える

続きはこちら

UPDATE 2011.08.15

 

Deja vu

増田氏の夏季休暇につき、休暇期間中のチャートワークスは原文にて掲載します。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.15

 

Gold's Summer Rally Enters Interim Topping Window

増田氏の夏季休暇につき、休暇期間中のチャートワークスは原文での掲載になります。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.12

 

パーティは終わった 2011年8月9日
原作:ボブ・ホウイ
翻訳:増田悦佐

ボブ・ホイ唄の文句ではないが、「パーティは終わった」。
今年の2月我々は、ちょうど115という安値にタイミングを合わせて『買え、買え、ボンド』を刊行した。その前には、2010年8月の134レベルの高値に合わせて『さよなら、ボンド』を刊行していた。

そして、またしても『さよなら、ボンド』と言わなければならないときがやってきた。

なぜか? モメンタムもセンチメントも危険な水準に来ているからだ。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国長期国債市場で上方屈曲点警報が発生

続きはこちら

UPDATE 2011.08.12

インスティテューショナル・アドバイザーズ

米国財務省長期債券に関するメモ

  続きはこちら

UPDATE 2011.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

全値戻し後の市場動向

続きはこちら

UPDATE 2011.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

短期アップデート版

続きはこちら

UPDATE 2011.08.10

 

増田氏が夏季休暇のため、休暇中のInstitutional Advisors社からの発行物につきましては原文にて掲載いたします。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.10

 

増田氏が夏季休暇のため、休暇中のチャートワークスについては原文にて掲載いたします。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.08

 

増田氏が夏季休暇のため、休暇中のチャートワークスについては原文にて掲載いたします。

ChartWorks Brief Update

続きはこちら

UPDATE 2011.08.08

日頃よりアドバンスドサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

増田氏の夏季休暇のため、今週分のチャートワークスにつきましては今週金曜日に掲載を予定しております。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

なお、「時代の転換点」は通常通り、金曜夕方頃の掲載を予定しております。

【松藤民輔の部屋】WEBチーム

 

UPDATE 2011.08.05

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

全世界への警告!


景気循環上の収縮局面への転換を確認する指標の一つが信用市場の変化なのだが、今年の4月に始まった信用市場の激変が現在も続いている。

その過程はじつに規則正しく進行するが、実体経済への影響たるや驚くべきもので、各国中央銀行の総裁たちはどうしても、こんな大惨事が避けようのない事態とは認めたくないので、「政策の行きすぎ」に責任をおわせようとする。最近売れっ子になっている知識人のタイプとして、政策担当者があんなことをすると、経済はこんなふうに変わるといかにも「知る人ぞ知る」秘密めかしてご託宣を出して、実際にそういう方向に経済が動くと鬼のクビでもとったかのように自慢する連中がいる。だが、そういう連中にとっても投機熱の崩壊は予想外の驚きで、そんなとき持ち出すのが、「これは黒い白鳥のように稀なできごとだ」という言い訳だ。

続きはこちら

UPDATE 2011.08.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500、支持帯に突入

続きはこちら
  前の月へ 8 次の月へ  
2011
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6
  7 8 9 10 11 12 13
  14 15 16 17 18 19 20
  21 22 23 24 25 26 27
  28 29 30 31
最新の記事
バックナンバー