経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2009年11月

アドバンスド

UPDATE 2009.11.27

原作:ボブホイ, インスティテューショナル・アドバイザーズ
翻訳:増田 悦佐

人類の進歩には、平和と低い税率とおおむね受け入れることができる程度に正義が貫かれていることが必要だ。それ以外にはほとんど何も必要としない。
——アダム・スミス

  続きはこちら

UPDATE 2009.11.20

 

原作:ボブホイ、インスティテューショナル・アドバイザーズ
翻訳:増田 悦佐

時代を象徴するコメント:

去年の今ごろ:

「イールドカーブこそ、銀行にとっては不幸中の幸い」
「イールドカーブの急カーブ化は、銀行の収益性にどういう影響を与えるかご説明しよう。預金には4%の金利を払う、そしてもっといい利回り、たとえば5%で貸し出せば、利ザヤが抜けるというわけだ」
——2008年9月18日付ウォールストリート・ジャーナル

「連邦準備制度(Fed)が金利を大幅に下げてから1週間ちょっとしかたっていないのに、もう信用市場は改善に転じつつある」
——2008年9月28日付ウォールストリート・ジャーナル

そして、今年の今ごろになると:

続きはこちら

UPDATE 2009.11.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホイ

中小金鉱山株ETF(GDXJ)の取引が開始

中小金鉱山株ETFの取引が11月11日、ニューヨークにて始まる。ポートフォリオには小型鉱山株及び鉱山経営に発展する可能性がある探鉱会社計38社が含まれている。

続きはこちら

UPDATE 2009.11.19

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドの目標価格をズバリ言い当てようとみんなが夢中になっている

いまでは猫も杓子もゴールドの目標価格を持っている。何千人もののアナリストがいれば、1人ぐらいドまん中に的中する人間が出てきても不思議じゃない。

  続きはこちら

UPDATE 2009.11.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

翻訳:増田 悦佐


時代を象徴するコメント:

去年の今ごろ:

「連邦準備制度(Fed)理事会議長バーナンキは、この金利引き下げによって『困難な事態を先回りして避ける』ことができるだろうと述べた」
——2008年9月20日付ウォールストリート・ジャーナル

「Fedが大幅な金利引き下げをしてから1週間ちょっとで信用市場は改善に転じたという証拠が散見されるようになった」
——2008年9月28日付ウォールストリート・ジャーナル

いつの日か、金融当局は手前勝手な「理論」を捨てて現実を直視するようになり、短期金利が暴落するのも、バブル崩壊後の経済収縮の重要な指標なのだと悟るだろう。危機のまっただ中にあった去年の10月とは正反対におととし(2007年)の10月には、世界中の金融当局者と報道機関はわが世の春を謳歌していた。

「Fedは金融市場の推移を注意深く見守り、持続的な成長と物価の安定をはぐくむための効率よい金融市場を維持するのに必要な手段はいつでも取れるようにしている」
——2007年10月22日AP通信

「アメリカの住宅ローン業者は、利益はすぐ回復すると言っている」
「(住宅ローン大手の)カントリーワイド・フィナンシャルの株価は、4ドル23セント、値上がり率で見ると32%も上がって、17ドルに達した」
——2007年10月22日AP通信

そして、今年の今ごろになると:

続きはこちら

UPDATE 2009.11.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホイ

重工業の概況

USスチール株価 − 絵に描いたようなヘッド・アンド・ショルダー(三尊天井)を形成

続きはこちら

UPDATE 2009.11.10

 

ロス・クラーク氏によるテクニカル分析

天然ガス、反発後に再び下落

現在の天然ガスは季節的に弱含みの期間にある。(長期の上昇バイアスを考慮しても)在庫は史上最高値を記録するなか、天然ガスの価格が年末を通した下降圧力から脱するには、需要急増を伴う厳冬による吹雪の到来が必要になるだろう。

続きはこちら

UPDATE 2009.11.10

 

ロス・クラーク氏によるテクニカル分析

「熱狂後」モデルのアップデート

実質ドル価値でのナスダック及びS&P500が2000年に天井をつけてから116ヶ月目に入った。レポート上のチャートは、2000年〜2009年の下落期間(108ヶ月間)後に反騰相場が続いている現在進行中の米国株式相場を、1929年〜1938年のニューヨーク・ダウの下落期間(103ヶ月間)、1965年〜1974年のニューヨーク・ダウの下落期間(107ヶ月間)そして1990年〜1999年の日経平均の下落期間(109ヶ月間)後に反騰相場になった事例と比較分析したものである。

続きはこちら

UPDATE 2009.11.02

 

Institutional Advisors
ロス・クラーク氏によるテクニカル分析

日経平均−ずるずる下がる抵抗線に身を任せるのがいちばん楽な道?

日経平均は現在も20年間に及ぶ下降トレンドの範囲で推移している。今年8月に2つの抵抗線に対して買われすぎの状態になっていることから9300〜9600円の範囲に向かって下落する可能性が高い。しかし、そこから更に9200円を割り込めば、次の支持線である6700円を目標に下降していくだろう。

続きはこちら
  前の月へ 11 次の月へ  
2009
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2 3 4 5 6 7
  8 9 10 11 12 13 14
  15 16 17 18 19 20 21
  22 23 24 25 26 27 28
  29 30
最新の記事
バックナンバー