経済・税金

HOME  >   メッセージ

2011年07月

メッセージ

UPDATE 2011.07.27

 

1873年、破裂したバブルでは銅関連株は超花形産業だった。1870年の普仏戦争により銅が市場から消えるかも知れない、という風説の応援により鉱山精錬指数は、1871年1月の99から1872年の年末には447に上昇した。

そして1873年419から1884年の底では24まで落ちた。その後の長期不況期では1897年25まで落ちた。419から24だよ?

一度バブルが崩壊すると、金と相反する形で銅が落ちる。現在の市場分析では過去2ヶ月で17%上昇した銅が、カナリ厳しい調整を迎える可能性が出てきた。つまり長期弱気相場入りである。1700年から1720年のインフレとその崩壊時、その5回の事例では金上昇と綺麗な逆相関が出ている。その金は今、1600ドルから新値を取りそうな気配である。

つまりは、逆相関であれば、銅の下落が待っていることに成る。2000年代の銅価格の上昇は427%で54ヶ月。26ヶ月前からの銅の上昇は今年の2月までで252%になる。これは壮大な上昇であり価格的には2005年の最高値を更新する勢いだった、が、失敗した。此れにより壮大な銅のブル、上昇相場が終わり、弱気市場入りが見え始めている。

産業界の先行指数であり、DR銅は市場の先行指数でもある。この銅価格が弱気、ベアー入りの可能性が見えることで、逆相関の関係にある金上昇は、銅の大暴落と判断する。銅価格の山、谷。と、過去5回の大きな弱気相場の銅の、歴史的サイクルを確認したい。銅が危うい、其れは市場経済が縮小する気配、前兆である。いよいよ世界の市場はここでも、大転換を迎えるようだ。

UPDATE 2011.07.21

 

時代は、親戚がいるかのように、同じパターンを繰り返す時がある。同じ蜜を求めて飛んでくる蜂のように、綺麗に咲く、大きな花の回りを飛ぶ人間達も登場する。花がバブルとすれば、6月9日に中国の不動産バブルはポンと音を立て破裂した、らしい。また、一年でNY株価が100%上昇した、次のサイクルは、50%以上の下落の事例もカナリある。1936年から1938年のNY市場の事例を見れば、またそれを現在に重ねれば、2012年3月16日まで55.56%下落する可能性が見える。(歴史は必ずしも同じようにはならないけど?)

DXドルの15年から17年周期では、周期ゼミよろしく16年目で上昇に転じる。この16年目の現在、見事に過去のパターンの様にDXドルは、上昇に転じ始めている。世のドル暴落説をあざける様に、ドルはこれから急上昇の旅に出るようだ。ドルが上昇すればその他資産は、下落する。一つに動く市場原理を捉えた僕らは、そのことで、8月から深刻な株式暴落の始まりを確信している。

さてNY市場の株価のパターン分析では、6月の安値からの大上昇後、かなり激しい下落の旅が用意されている。その最後の上昇が現在から7月末までに発生して天井形成となる。つまりNY株市場は8月から流れが急に変わることを予測している。また、相似形の季節は過去400年で5回起こり、国債のデフォルト等が花火のように破裂していく。そう、国が倒産する季節と、故にデフレの時間が継続する。

幾つものデジャブーの光景は市場に、経済に、政治にも見える。もはや金価格がギリシャだけのデフォルトで上昇しているのではない、と誰もが信じている時代かもしれない。2年債の金利が39%に上昇したギリシャは、もうデフォルトしているのだ。さて直近の金価格の分析レポートでは、やはり過去のパターンによれば、金価格1,680ドルから2,155ドルがこの秋見えてくる。ボブ達のチャートワークスを見れば時代の様々な相似形をパターンで見せてくれる。

この相似形の時代を、24日に語りながら。与えられる、大チャンスを楽しみたい.アランの幸福論によれば不幸を逃れる最高の手段は、その不幸を楽しむとある。欧米は大変かもしれないが、時代を見る、乗る、僕らにはチャンスである。チャンスを楽しみ、少しリッチと洒落れ込みたいものだ。金上昇は、やはり金本位制と言う相似形を見せるに違いない。相似形の時代とは?そんなに難しくない時代だと思う。   7月21日12時18分

(左のチャートをクリックしていただければ、下の2つのチャートもご覧いただけます)

チャートストアー提供

●「チャートワークス 2011年7月11日号 米ドル指数」掲載のチャートより

●「チャートワークス 2011年7月16日号 ゴールド」掲載のチャートより


UPDATE 2011.07.05

どこかの国がデフォルトしそうな気配である。この国家のデフォルトとは、1720年6月から、5回目の大事件である。さて、ある年の英国エコノミスト誌の見出しを追いかけてみよう。
 ・6月7日「迫りくるスペイン国債のデフォルト」
 ・7月5日「スペイン政府、発行済みの国債のクーポン支払い条件を調整中」
 ・8月2日「スペイン国債の金利支払わず」
 ・8月30日「スペイン無政府状態に」
この上の見出しは、1873年の英国エコノミスト誌のものである。1873年とは日本の明治維新直後の時代であった。

続きはこちら(新しいウィンドウが開きます)

 
  前の月へ 7 次の月へ  
2011
  SUN MON TUE WED THU FRI SAT  
  1 2
  3 4 5 6 7 8 9
  10 11 12 13 14 15 16
  17 18 19 20 21 22 23
  24 25 26 27 28 29 30
  31
最新の記事
バックナンバー