メッセージ
記事一覧
RSS

UPDATE 2020.08.05

 

<速報>金が2,000ドルを突破しました

日本時間8月5日(水)午前2時、スポット金価格が2,000ドルを超えました。金先物の期近限月も2,000ドルを超えました。調整が入る可能性が高いですが、ついに金価格2,000ドルの時代がやってきました。

最新ニュース
記事一覧
RSS

UPDATE 2020.05.18

「中島孝志の 1%しか知らない大切なこと」を執筆頂いております中島孝志先生の著書(DVD)第2弾のご紹介です。

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』(全60分)

□第1部:チャイナウイルス」は「ワクチン」「集団免疫獲得」でしか終息しない!(30分)
・中国のプロパガンダ作戦が始まった
・「米軍が武漢ウイルスを拡散させた」とする根拠
・ウイルス発症直前、109か国9308人参加「WUHAN2019」が開催された!
・同時に中国軍は武漢空港で「ウイルス対策模擬演習」を実施!
・チャイナマネーでWHOテドロスは「非常事態宣言」を出さなかった?
・その隙に「マスク」「防護服」「消毒薬」を買い占めた中国
・対中投資を回復させたい習近平!
・投資とサプライチェーンを断ち切るトランプ
・「対中軍事戦争」の準備を進めるトランプ
・慶応大学・南カリフォルニア大学・スタンフォード大学の検査が示すこと
・PCR検査が増えれば致死率はどんどん下がる
・「緊急事態宣言」はワクチン開発までの時間稼ぎ
・「集団免疫」の獲得でしか乗り切れない!
・「台湾型」「スウェーデン型」「泥縄中国型」のいいとこどり「日本型ウイルス対策」
・実効再生産数はとっくに「解除すべし」

□第1部:チャイナウイルス」は「ワクチン」「集団免疫獲得」でしか終息しない!(30分)
・「夢のアビガン」承認がどうして遅れた?
・天下り先欲しさ厚労省の嫌がらせ?
・効能ばかり報道して「副作用」を知らせないメディアの罪
・政府は正確に「リスク」を告知すべし
・「習近平礼賛」要求が逆効果!
・ウイルス拡散で中国は「世界の嫌われ者」!
・「一帯一路」は大失敗!破産必至の中国国家
・習近平は軍部を支配できていない!
・虎視眈々と日本を狙う中国軍
・いまこそクローズアップ!10年前の「成田空港強行着陸作戦」のホントの意味
・ウイルス騒動を狙って「南シナ海軍事拠点化」「香港デモ指導者逮捕」
・世界は中国に甚大な賠償金を請求する!
・マルティン・メーラニーのメッセージ
・「万国の感染者よ、団結せよ!」

ご購入はこちらをクリック

 

UPDATE 2020.04.13

「中島孝志の 1%しか知らない大切なこと」をご執筆頂いております中島孝志先生の著書(DVD)のご紹介です。

緊急出版『トランプは対中軍事戦争を決断した!』(全50分)

□第1部:仕組んだのか?偶然か?狙われた「チャイナウイルス」(34分)
・なぜ武漢市だったのか?
・「チャイナウイルスは人工物」と告発した中国学者は行方不明
・感染発見2日後に米国で逮捕されたノーベル賞候補
・いざとなったら武漢市・湖北省は消えてもらう?
・なぜ歴代天皇は「水神」を祀ってきたのか?
・古今東西、疫病の原因は「水=環境」と「鳥=外敵の侵入」
・聖武天皇はなぜ仏像(東大寺)をつくらせたのか?
・天然痘が猛威をふるった奈良時代
・対策は「平城京ロックダウン」だった

□第2部:「自滅した中国後」のグランドデザインはこうなる!(16分)
・潰えた習近平の野望
・オバマ・ヒラリー・バイデン・ケリーが中国を付け上がらせた!
・「中国2025」を潰しにかかるトランプ
・経済、軍事、そして政治的に抹殺する!
・ユダヤ化する中国人
・トランプはなぜ世界中から米軍を撤収させているのか?
・裏切者は許さない! 在韓米軍を必ず撤収させる!
・再選後、トランプがすること
・原油価格暴落で破綻するイラン
・原油価格暴落で手に入れる「サウジアラムコ」
・米国債デフォルトで日銀化するFRB
・トランプは対中軍事戦争を決めた!

ご購入はこちらをクリック

 
経済・税金
記事一覧
RSS

UPDATE 2020.08.07

 

現実味を帯びてきた“ワクチン強制” ~新型コロナウイルス禍~ (後編)2/2

7.現実味を帯びてきた“ワクチン強制”

長々と新型コロナの免疫獲得やPCR検査の実体について述べてきたが、残念ながら世界は、そのような事実を一切顧みることなく、ワクチン強制接種の準備を着々と進めている。

続きはこちら

UPDATE 2020.08.07

 

現実味を帯びてきた“ワクチン強制” ~新型コロナウイルス禍~ (後編)1/2

6.百家争鳴の「京大」、コロナ恐怖を煽る「東大」

新型コロナに関し、いま日本で最も大きな発言力を持つ学者は、iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥京大教授だろう。山中教授は感染症疫学の専門外にもかかわらず、「新型コロナウイルス情報発信サイト」を開設し、マスク着用やソーシャルディスタンスなど、一般市民に対する啓もう活動とワクチン開発の推進に注力している。

続きはこちら
アドバンスド
記事一覧
RSS

UPDATE 2020.08.01

 

チャート&マーケット・コム
ロス・クラークによるテクニカル分析

DBAは峠を越えた

続きはこちら
MY HOBBY
記事一覧
RSS

UPDATE 2017.09.08

 

※動画は松藤塾生のみご覧になれます

続きはこちら
著者ご紹介

米朝戦争と中東戦争で2018年 ダウ3万ドル、日経平均3万円を突破する!

  

2018年はひと言で言えば、「戦争の年」です。
米・北衝突という「フェイクの戦争」とサウジ・イスラエル・イラン衝突という「ガチンコの戦争」が起こるでしょう。これらの背景にある事情を読み取れば、自ずから世界経済が見えてきます。
世界経済をさまざまな角度から見続けてきた著者が、2018年を大胆に読み切る!

購入はこちら

やはり、日本経済の未来は世界一明るい!
世間の経済常識はウソだらけ!

  

日本国民大半の持つ真面目で、地味で、着実な努力を惜しまない生活感覚が、欧米知的エリートたちの巧妙な詐術を打ち破る明るい時代が絶対に来る!

購入はこちら

戦争とインフレが終わり激変する世界経済と日本

  

不安を煽るメディアに騙されるな!ウクライナ・シリア・中東…本当は平和が「得」というルール・チェンジが起こっている。日本経済は、これからどうなる?

購入はこちら

チャートだからひと目でわかる!2014年!アメリカ、中国、そして日本経済の現実を30分で理解できる本 [Kinoppy版]
すでにデフォルト!政府機関閉鎖はこれからも頻発する!

  

電子書籍でしか読めません!
Kinoppy版は、パソコンでもご覧いただけます。

「サブプライム危機」に日本でいちばん早く警鐘を鳴らした
ベストセラー『アメリカ経済終わりの始まり』(講談社)の著者が
直近の米中そして日本経済を大胆に予測。

株価は? 金価格は? 為替は? 商品相場は?
チャートをふんだんに使ってカリスマがここまで解き明かす!

購入はこちら

2014年 世界3大経済の同時崩壊に備えよ
そのとき日本が世界の覇権国家となる

  

世界は今、3大経済圏それぞれで膨らみきったバブルが、いつ破裂してもおかしくない状況にある。世界の3大経済圏とはもちろん、アメリカ、中国、日本のことだ。もう破裂寸前のところにある!破裂は何がきっかけとなるのか、世界経済への影響は? アベノミクス後の日本経済は、どう動くのか。

購入はこちら

チャートだからひと目でわかる!2014年!アメリカ、中国、そして日本経済の現実を30分で理解できる本 [Kindle版]
すでにデフォルト!政府機関閉鎖はこれからも頻発する!

  

電子書籍でしか読めません!

「サブプライム危機」に日本でいちばん早く警鐘を鳴らした
ベストセラー『アメリカ経済終わりの始まり』(講談社)の著者が
直近の米中そして日本経済を大胆に予測。

株価は? 金価格は? 為替は? 商品相場は?
チャートをふんだんに使ってカリスマがここまで解き明かす!

購入はこちら

チャートだからひと目でわかる!2014年!アメリカ、中国、そして日本経済の現実を30分で理解できる本 [楽天kobo版]
すでにデフォルト!政府機関閉鎖はこれからも頻発する!

  

電子書籍でしか読めません!

「サブプライム危機」に日本でいちばん早く警鐘を鳴らした
ベストセラー『アメリカ経済終わりの始まり』(講談社)の著者が
直近の米中そして日本経済を大胆に予測。

株価は? 金価格は? 為替は? 商品相場は?
チャートをふんだんに使ってカリスマがここまで解き明かす!

購入はこちら

高度成長は首都東京から
反・日本列島改造論

  

アベノミクスは終わった!
都市化とエネルギー効率でぶっち切りの日本が、躍り出るのはこれからだ!

購入はこちら

中国自壊
賢すぎる支配者の悲劇

  

21世紀のいまでも「身分差別」を守る国
史上最大・最強のケインズ主義国家の末路

購入はこちら

経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ
アベノミクスで躍り出た魑魅魍魎たち

  

円高の何がどう悪いのか? 正規雇用のクビを斬りやすくすると、だれがどう得をするのか? 真正面から学者の定説を斬り捨てる一冊。

購入はこちら

お金持ちに捨てられる日本
超増税社会を生き抜く知恵

  

アベノミクスは、お金持ちいじめである。国際的に活躍する税理士が、税金から見える日本と世界経済の真実を説き明かす。

購入はこちら

デフレ救国論
〜本当は怖ろしいアベノミクスの正体〜

  

円高・デフレが日本経済を牽引する!
円安・インフレ誘導で得をするのは誰か?
真実を報道しないマスコミに騙されるな!

購入はこちら

お江戸日本は世界最高のワンダーランド
生涯現役でエコ生活、粋な散財を楽しむ。日本人は偉かった!

  

生涯現役でエコ生活、粋な散財を楽しむ。日本人は偉かった!財産なしで豊かに生きられる超効率・リサイクル都市を実現。「江戸人の知恵」に今こそ学べ。

購入はこちら

世界経済が沈んでも日本は必ず繁栄する
日米主従同盟の終わり

  

「円高、赤字国債の絶望論」は嘘だ!
「アメリカの支配戦略」に騙されるな!
アメリカ支配から脱して、最強国家・日本は本当の黄金期を迎える!

購入はこちら

恐慌前夜
日本経済は急浮上する!

  

2012年12月7日発売予定
経済危機の終わりが見えない。世界はどこへ向かうのか。先行きが読めない中で何をすべきか。

購入はこちら

新・東京圏 これから伸びる街
メガロポリス新名所

  

穴場の街ネタ、レストランも満載!
あなたの人生がより楽しくなる名所図会

購入はこちら

日本と世界を直撃するマネー大動乱
2012年、世界の経済環境は大暴風雨に見舞われる!

  

アメリカもヨーロッパも2011年の初夏あたりから噴出し始めた問題はますます深刻化し、多岐化してくるだろう。中国をはじめ新興国からは隠し切れないボロが出てくるだろう。そして、世界中が大暴風雨に見舞われたような経済環境になる。
でも、その中で、金と日本経済は変わらぬ価値を光り輝かせるはずだ!

購入はこちら

経済論争の核心はここだ
アダム・スミスに学べ

  

リーマン・ショック後に明らかになったのは、エリート主義に支配された経済学の終焉である。デフレ・円高・グローバル競争・格差などに関する通説は、アダム・スミス『国富論』によってすべて論駁できる。
ここに増田悦佐の経済学の神髄が開陳される!

購入はこちら

2012年マネー大激震! 国家連鎖破綻が、日本経済の夜明けを告げる
金相場がわかれば、世界経済の流れが読める

  

荒れるウォールストリート、混迷するギリシャ!
ついに破綻のドミノ倒しが始まった!!
2012年は「金」が時代を支配する!

購入はこちら

地獄に落ちる世界経済〜「金と菌」が世界を救う
バクテリアが実現する革命的新技術から日本の未来を読む!

  

1929年の大恐慌を超える、世界同時破綻!
日本経済はこれからこうなる!

購入はこちら

東日本大震災をめぐる税制特例—平成23年4月制定

  

法人税・所得税・相続税・贈与税・消費税他各税の特例制度を解説。

大震災による被災者や被災企業に対する震災特例法、同施行令、通達など税金の救済措置について、わかりやすく図解と計算例を交えて、そのポイントを整理。

購入はこちら

日本と世界を揺り動かす物凄いこと

  

政府・官僚・大手メディアに騙されるな。米国債破綻、ユーロ消滅、中国バブル崩壊。生き残るのは、日本だ。日本が劇的に復活するこれだけの理由。

購入はこちら

危機と金(ゴールド)
金の歴史から見える世界経済の真実

  

あなたが聞かされていた通説や定説は誤解と偏見のかたまりだった

購入はこちら

2012年・空前の日本投資ブームが始まる
日本と日本人がいまできること、すべきこと

  

今、世界で本当に起きていることは何か?マスコミが伝えない情報を満載

購入はこちら

それでも「日本は死なない」これだけの理由
なぜ欧米にできないことができるのか

  

今、日本と世界で起きている凄いこと!

購入はこちら

3・11に勝つ日本経済
「日本は危険な国」という欧米メディアの過剰報道にだまされるな!

  

日本の企業力なくして世界経済は機能しない!

購入はこちら