経済・税金

HOME  >   アドバンスド

2017年01月05日

アドバンスド

UPDATE 2017.02.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

抵抗線を試す原油価格

続きはこちら

UPDATE 2017.02.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上昇基調の中での小休止

続きはこちら

UPDATE 2017.02.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀の新しい支持線はトロイオンス当たり17ドル近辺

続きはこちら

UPDATE 2017.02.16

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

すばらしいイタリア料理店での最後のどんでん返し

  続きはこちら

UPDATE 2017.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

新大統領就任1年目の株価の動きアップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.02.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド価格62%戻しを達成

続きはこちら

UPDATE 2017.02.09

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

本格的にボロが出てきた気候変動危機キャンペーン

  続きはこちら

UPDATE 2017.02.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

新大統領就任1年目の株価の動きアップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.02.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

株価は上昇しつづけているが、信用買い残は横ばい

続きはこちら

UPDATE 2017.02.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドルがアウトサイド・リバーサルを演じた月の傾向は?

続きはこちら

UPDATE 2017.01.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

天下泰平気分は金曜日(1月27日)に頂点に達した
泰平指数に上方屈曲点警報が発動し、
シカゴ恐怖指数の短期先物に下方屈曲点警報が発動した

続きはこちら

UPDATE 2017.01.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀価格は今後も調整が続く

続きはこちら

UPDATE 2017.01.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領選後1年目の主要株価指数の値動きアップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.01.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

(継続的に更新しているフォトエッセイ)エネルギー業界で起きている奇妙なできごとのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.01.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油価格のアップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.01.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数の16~17年サイクル

続きはこちら

UPDATE 2017.01.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最初の抵抗線に到達した銀価格とゴールド価格

続きはこちら

UPDATE 2017.01.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最適期が終わった小型株の年の変わり目ラリー

続きはこちら

UPDATE 2017.01.12

UPDATE 2017.01.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀山株アップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.01.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀価格アップデート

続きはこちら

UPDATE 2017.01.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領選翌年の主要株価指数の値動き

続きはこちら

UPDATE 2017.01.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

アマゾン株の支持線は現値から10%下

続きはこちら

UPDATE 2017.01.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

燃え尽きた炭鉱株

続きはこちら

UPDATE 2016.12.31

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

クリスマス恒例の君主の財政と徴税権

  続きはこちら

UPDATE 2016.12.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売られ過ぎで、ベアも多すぎる米国債

続きはこちら

UPDATE 2016.12.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バレル当たり54ドル近辺で抵抗線に遭遇した原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.12.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

年の変わり目の短期売買――パラメーターの変更

続きはこちら

UPDATE 2016.12.22

ホリデーシーズンのため、米現地時間木曜日、日本時間金曜日の『時代の転換点を読む』の今週号は休刊となります。

なお、重大ニュースが勃発した場合には、ボブ・ホウイが短いメモを書いてくれるとのことです。

皆様、楽しいクリスマスと良いお正月をお迎えください。

 

UPDATE 2016.12.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

堅固な支持線に近づく銀価格

続きはこちら

UPDATE 2016.12.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

先週の建玉データで目立っていたセクター

続きはこちら

UPDATE 2016.12.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

年の変わり目の短期売買

続きはこちら

UPDATE 2016.12.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数と金の長期サイクル、12月15日号の増補版

続きはこちら

UPDATE 2016.12.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数と金の長期サイクル

続きはこちら

UPDATE 2016.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油価格の10年サイクル

続きはこちら

UPDATE 2016.12.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

11月中旬から12月中旬に過去4ヵ月間の高値を付けた年のラッセル2000小型株指数の動向

続きはこちら

UPDATE 2016.12.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

U字型の回復を試みる米国債

続きはこちら

UPDATE 2016.11.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドルの16~17年サイクルとゴールドの8年サイクル

続きはこちら

UPDATE 2016.11.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線まで下がった円指数

続きはこちら

UPDATE 2016.11.16

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

ドロ沼を干上がらせるって?

  続きはこちら

UPDATE 2016.11.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

いったいどこまで上がるんだ?!
マリファナ栽培のキャノピー・グロース社株価の天井知らずの急上昇

続きはこちら

UPDATE 2016.11.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下値目標に到達した米国債価格

続きはこちら

UPDATE 2016.11.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

急落したゴールド地金と金山株のカギとなる抵抗線

続きはこちら

UPDATE 2016.11.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線からの「跳躍」で反発したSP500

続きはこちら

UPDATE 2016.11.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線までたった4ポイントに下がった米国長期債

続きはこちら

UPDATE 2016.11.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油の価格動向

続きはこちら

UPDATE 2016.11.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

VIX/VXZがベア警報を出してから20営業日で、SP500に下方屈曲点サインが点灯

続きはこちら

UPDATE 2016.10.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国債市場の現況

続きはこちら

UPDATE 2016.10.26

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

もしも、万年ベア派がついに正しかったと証明されたら?

  続きはこちら

UPDATE 2016.10.25

UPDATE 2016.10.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

生き返ったゴールドと金山株

続きはこちら

UPDATE 2016.10.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油の建玉が弱気方向に変化

続きはこちら

UPDATE 2016.10.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ラニーニャの天然ガスへの影響

続きはこちら

UPDATE 2016.10.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

シカゴ恐怖指数(VIX)とVXZの関係が新たな警報を発令

続きはこちら

UPDATE 2016.10.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

適切な時期に売られ過ぎとなった金山株

続きはこちら

UPDATE 2016.10.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

商品のラリーに連れ高できないカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2016.10.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

6月の高値に迫る原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.10.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

メルトダウンに入った金山株

続きはこちら

UPDATE 2016.10.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下値不安が高まる日経平均と上海総合株価指数

続きはこちら

UPDATE 2016.10.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

危機的状況に入った米国財務省債のイールドカーブ

続きはこちら

UPDATE 2016.09.29

UPDATE 2016.09.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

我々の眼を奪った2枚のチャート

続きはこちら

UPDATE 2016.09.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

「アメリカの春」はいつ来るのか? アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.09.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

(不定期で継続的に更新しているフォトエッセイ)エネルギー業界で起きている奇妙なできごとのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.09.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金融サービスETF(XLF)に売りサイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2016.09.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線まで下がった原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.09.01

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

不吉な始まり方をした今年の秋

  続きはこちら

UPDATE 2016.08.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

唱えるだけであらゆる問題が解決する魔法の呪文

続きはこちら

UPDATE 2016.08.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500のボラティリティの低さ

続きはこちら

UPDATE 2016.08.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金山株に続々とトム・デマークのシーケンシャル9売りサイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2016.08.27

UPDATE 2016.08.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

抵抗線に直面する原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.08.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

調整必至の金山株の典型――ニューモント鉱山株

続きはこちら

UPDATE 2016.08.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

暴落懸念高まるコンピューター株

続きはこちら

UPDATE 2016.08.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売りの三冠王サインから下落に転じた電力株

続きはこちら

UPDATE 2016.08.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

危険を告げる銀の建玉データ

続きはこちら

UPDATE 2016.07.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上値目標への挑戦を再開した日本円指数(XJY)

続きはこちら

UPDATE 2016.07.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下値を試す原油と石油株

続きはこちら

UPDATE 2016.07.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ブレークアウトの試しに成功したゴールドと金山株

続きはこちら

UPDATE 2016.07.26

UPDATE 2016.07.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

イールドカーブとニューヨーク証券取引所総合株価指数

続きはこちら

UPDATE 2016.07.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

102の抵抗線を目指す日本円指数(XJY)

続きはこちら

UPDATE 2016.07.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バブル期に突入した米国長期債

続きはこちら

UPDATE 2016.07.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金山株今も上昇中――チャートのアップデートとコメント

続きはこちら

UPDATE 2016.07.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今年いちばんエキサイティングなメンタム投資の対象は銀

続きはこちら

UPDATE 2016.07.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

あい変わらず金山株が金より上がっているが、アウトパフォームのペースは鈍化している

続きはこちら

UPDATE 2016.07.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、7月初旬のブレークアウト、EU離脱、1308ドルの敷居とスピードライン

続きはこちら

UPDATE 2016.07.02

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

「アメリカの春」はやってくるか?

【訳者注:原文が実際に刊行されたのは7月1日でしたが、アメリカ独立記念日に合わせて、2016年7月4日の日付が入っています。】

  続きはこちら

UPDATE 2016.07.01

UPDATE 2016.06.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

ブレグジット(イギリスのEU離脱)が分水嶺だった

続きはこちら

UPDATE 2016.06.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年のダウ平均の動き:アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.06.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

イギリスのEU離脱騒動は、ゴールドのラリーに売り向かうチャンス?

続きはこちら

UPDATE 2016.06.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドルとオーストラリアドルに、原油・商品に対する下方かい離発生

続きはこちら

UPDATE 2016.06.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最初のピークから3ヵ月経ったゴールドは、この高値からブレークアウトできるかが重要な局面になっている

続きはこちら

UPDATE 2016.06.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

民主党、ヒラリー・クリントンを大統領候補に指名:能力より目新しさ?

続きはこちら

UPDATE 2016.06.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

雇用統計に反応した米ドルと貴金属価格

続きはこちら

UPDATE 2016.05.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

米ドルと貴金属価格

続きはこちら

UPDATE 2016.05.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

古典的なバブル崩壊後の下落が続く上海総合株価指数

続きはこちら

UPDATE 2016.05.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドル、下降基調の中での2日間の中休み

続きはこちら

UPDATE 2016.05.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下値目標まで2セントに迫ったカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2016.05.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

原油価格アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.05.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

マウンダー極小期をふくむ太陽黒点数推移

続きはこちら

UPDATE 2016.05.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線で持ちこたえた貴金属セクター

続きはこちら

UPDATE 2016.05.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500、弧を描く天井を形成か

続きはこちら

UPDATE 2016.05.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド先物建玉、過去30年の商品先物取引委の歴史で最高水準を記録

続きはこちら

UPDATE 2016.05.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

抵抗線に差しかかるマスター・リミテッド・パートナーシップ

続きはこちら

UPDATE 2016.05.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

1月以来初めて、週次で下値を切り下げたカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2016.05.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドルの現況とゴールドに関するさまざまな角度からの考察アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.04.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金山株、引きつづきゴールド価格をアウトパフォーム中

続きはこちら

UPDATE 2016.04.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

原油の日足は、買われ過ぎ領域に突入

続きはこちら

UPDATE 2016.04.23

UPDATE 2016.04.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

シカゴ恐怖指数(VIX)が警戒水域に突入

続きはこちら

UPDATE 2016.04.15

UPDATE 2016.04.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

騰勢の強かった銀山株は上方屈曲点モードに

続きはこちら

UPDATE 2016.04.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

買われ過ぎ水準から転げ落ちはじめたカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2016.04.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

主要米株指数に飛びこみ台警報発動

続きはこちら

UPDATE 2016.04.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年:アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.03.30

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

大きな政治的変化が起きている

  続きはこちら

UPDATE 2016.03.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

春になればやってくるバズーカ砲のかぐわしき硝煙の香り

続きはこちら

UPDATE 2016.03.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年:アップデートの2

続きはこちら

UPDATE 2016.03.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年:アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.03.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年

続きはこちら

UPDATE 2016.03.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

くたびれてきたゴールド
ゴールドと原油の相対価格
建玉データは危険水域

続きはこちら

UPDATE 2016.03.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

鉱山株に反落の兆し

続きはこちら

UPDATE 2016.03.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

すぐにも天井を打ちそうな原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.03.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドの50日移動平均と200日移動平均のあいだでゴールデンクロス発生
だが、建玉データは要注意で、オシレーター指標は買われすぎを示唆

続きはこちら

UPDATE 2016.03.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドルに買われすぎ買いサイン点灯か

続きはこちら

UPDATE 2016.02.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

シカゴ恐怖指数(VIX)に売られすぎ買いサインが点灯した

続きはこちら

UPDATE 2016.02.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

ブレークアウト後のゴールド市況アップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.02.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

大統領任期8年目の選挙年

続きはこちら

UPDATE 2016.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ケルトナーバンドの下限を試す原油価格

続きはこちら

UPDATE 2016.02.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

地球温暖化だって?

続きはこちら

UPDATE 2016.02.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ブレークアウトで買われ過ぎサインが出たゴールド

続きはこちら

UPDATE 2016.02.10

UPDATE 2016.02.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

米ドルの小休止と貴金属価格のラリー

続きはこちら

UPDATE 2016.02.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

上側の抵抗線にはね返された原油株

続きはこちら

UPDATE 2016.01.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

リンゴの木はまだ種蒔き中

続きはこちら

UPDATE 2016.01.27

『時代の転換点を読む』主筆ボブ・ホウイのやむをえざる旅行日程上のコンフリクトのため、今週の刊行はお休みさせていただきます。次号は、来週現地時間で2月4日(木曜日)の刊行で、原文が日本に到着するのは翌5日(金曜日)になる予定です。読者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご諒承いただければ幸いです。

 

UPDATE 2016.01.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

手強い抵抗線の突破にてこずるSP500

続きはこちら

UPDATE 2016.01.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

株式市場の自律反発に関する短いノート

続きはこちら

UPDATE 2016.01.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

エネルギー資源は季節要因上のブル期間に入りつつある

続きはこちら

UPDATE 2016.01.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

今月の暴落はベア相場入りを確認
短期売買の最初のチャンスはいつか?

続きはこちら

UPDATE 2016.01.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

急落した世界株には短期的な反発で値幅を取れるチャンスが接近

続きはこちら

UPDATE 2016.01.19

UPDATE 2016.01.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

重要な支持線を割りこんだNYS純上昇銘柄出来高

続きはこちら

UPDATE 2016.01.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

史上最悪の年初めとなった米株市場

【おそらくは配信上の手違いから、1月11日付より先に到着していたはずの1月8日付の入手が遅れ、訳出の順序も前後しましたことをお詫びします。——訳者】

続きはこちら

UPDATE 2016.01.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
インスティテューショナル・アドバイザーズによるテクニカル分析

売られ過ぎたままの米株市場

続きはこちら

UPDATE 2016.01.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

ベア相場に入ったニューヨーク証券取引所

続きはこちら

UPDATE 2016.01.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

(継続的に更新しているフォトエッセイ)エネルギー業界で起きている奇妙なできごとのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2016.01.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

惨憺たる年の初め

続きはこちら

UPDATE 2015.12.30

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

クリスマス恒例の「君主の財政と徴税権」

  続きはこちら

UPDATE 2015.12.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

数年来の底値を記録した原油株

続きはこちら

UPDATE 2015.12.17

UPDATE 2015.12.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

株が急落した今週、ゴールドと金山株は健闘

続きはこちら

UPDATE 2015.12.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今年も、年の変わり目ラリーの季節がやってきた

続きはこちら

UPDATE 2015.12.09

UPDATE 2015.12.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

建玉データの収れんが、貴金属価格も鉱山株も押し上げる

続きはこちら

UPDATE 2015.12.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドの建玉、史上最低水準まで減少

続きはこちら

UPDATE 2015.12.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

新しいサイクルに向けて中期的な転換点にさしかかったゴールド・ドル・鉱山株

続きはこちら

UPDATE 2015.11.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属にやや有利になった建玉データ

続きはこちら

UPDATE 2015.11.13

今週はとくにコメントすべき事柄も多く、また刊行元でコンピュータートラブルもあったため、オリジナル英語版の刊行が北米大陸時間で11月13日金曜日(日本時間では11月14日土曜日)となります。そこで、和訳版の掲載は早くても14日(土)の午後、遅ければ15日(日)の午前中となります。読者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご諒承いただければ幸いです。

 

UPDATE 2015.11.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金銀サイクル収れん期の値動きの特徴

続きはこちら

UPDATE 2015.11.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

ついに始まったか? ボンド忌避——名目価格と利回り

続きはこちら

UPDATE 2015.11.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

新たな警報を発したシカゴ恐怖指数

続きはこちら

UPDATE 2015.11.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

抵抗線にぶつかって反落が始まったダウ平均とSP500

続きはこちら

UPDATE 2015.11.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

過去15日間で13日、17日間で15日下げたゴールド

続きはこちら

UPDATE 2015.11.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

過去15日間で13日、17日間で15日下げたゴールド

続きはこちら

UPDATE 2015.11.05

UPDATE 2015.11.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

証券株価指数XBD

続きはこちら

UPDATE 2015.11.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

断崖絶壁に立つ米国財務省債

続きはこちら

UPDATE 2015.11.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今なお危険水域にある金銀建玉データ

続きはこちら

UPDATE 2015.10.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

数字の2にこだわる官僚機構と中央銀行の不思議

続きはこちら

UPDATE 2015.10.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.10.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最適支持線に到達した銅価格

続きはこちら

UPDATE 2015.10.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

ジャンクボンドの金利スプレッドは2008年の再現

続きはこちら

UPDATE 2015.09.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

前例のとおりに動いている米株指数

続きはこちら

UPDATE 2015.09.24

主筆ボブ・ホウイの旅行日程が詰まっているため、今週は休刊とさせていただきます。
次号は10月第1週の刊行を予定しております。よろしくご諒承下さい。

 

UPDATE 2015.09.24

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

拝啓 ジョン・モールディン様

  続きはこちら

UPDATE 2015.09.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

建玉データが示すゴールドのアノマリー

続きはこちら

UPDATE 2015.09.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドのセンチメント、中間的底値近辺まで悪化

続きはこちら

UPDATE 2015.09.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500とダウ平均に買われ過ぎサイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2015.09.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ボラティリティの高い時期が続くダウ平均

続きはこちら

UPDATE 2015.09.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

エネルギー業界で起きている奇妙なできごと:アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.09.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

株価は適正な抵抗線で天井を打った

続きはこちら

UPDATE 2015.08.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売り買い中立となったゴールド建玉指数

続きはこちら

UPDATE 2015.08.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

春のかい離と現在の下げが、次の局面を準備する

続きはこちら

UPDATE 2015.08.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド・原油・ハイイールド債

続きはこちら

UPDATE 2015.08.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

支持線まで下がった米国財務省超長期債ETF(TLT)

続きはこちら

UPDATE 2015.08.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

適正支持線を見出した米ドル

続きはこちら

UPDATE 2015.08.25

UPDATE 2015.08.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、最低限の上目目標を達成

続きはこちら

UPDATE 2015.08.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省超長期債ETF(TLT)、買われ過ぎ領域に突入

続きはこちら

UPDATE 2015.08.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドルのヘッジポジションは要注意

続きはこちら

UPDATE 2015.08.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅価格——下降基調の中での小休止

続きはこちら

UPDATE 2015.08.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

底値確認の期待高まるゴールド先物建玉データ

続きはこちら

UPDATE 2015.07.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ハイイールド債ETF、JNKとHYGに売られすぎを示す下方屈曲点サイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2015.07.30

現在、主筆のボブ・ホウイが愛車フェラーリを駆ってバンクーバーのクラシックカー・レースに出場中のため、今週号は休刊となります。次号は、北米大陸現地時間で8月9日(木)に刊行され、和訳版の掲載は10日(金)となります。あしからず、ご諒承下さい。

 

UPDATE 2015.07.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バブル崩壊が続く上海総合株価指数

続きはこちら

UPDATE 2015.07.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金銀が、トム・デマーク(TD)の週次9-13-9シーケンシャル底打ちサインを発令——中期的な底入れの兆候がますます積み上がってきた

続きはこちら

UPDATE 2015.07.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクターの下方屈曲点

続きはこちら

UPDATE 2015.07.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属鉱山株が続々下方屈曲点サインを発令

続きはこちら

UPDATE 2015.07.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数、バブル崩壊後の戻り高値目標を達成

続きはこちら

UPDATE 2015.07.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数、アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.07.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

7回目の安息年サイクルの行方は?

続きはこちら

UPDATE 2015.07.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バイオテク、薬品・ヘルスケア、金融株が52週高値を付けた

続きはこちら

UPDATE 2015.07.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属は、いつ下方屈曲点に達するのか?

続きはこちら

UPDATE 2015.07.10

 

チャートワークス 2015年7月9日号 上海総合株価指数

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数、今後のシナリオ

続きはこちら

UPDATE 2015.07.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

木から落ちたリンゴ

続きはこちら

UPDATE 2015.07.09

UPDATE 2015.07.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

未亡人や孤児にも勧められる絶対確実なカラ売り候補、ウェルス・ファーゴ株のカバーを開始

続きはこちら

UPDATE 2015.07.05

UPDATE 2015.07.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

農産物は息を吹き返し、原油はゆるやかな反落、だが依然強いドルに苦しむ銀価格

続きはこちら

UPDATE 2015.06.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ボンド価格は季節要因上の底値圏に

続きはこちら

UPDATE 2015.06.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数、当初の下値目標を達成

続きはこちら

UPDATE 2015.06.27

UPDATE 2015.06.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経平均——調整の時期

続きはこちら

UPDATE 2015.06.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

テクニカルな目標を達成し、弱気サインが出現

続きはこちら

UPDATE 2015.06.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バイオテクノロジー株ETFのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.06.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節要因上の調整局面

続きはこちら

UPDATE 2015.06.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

27%上昇の成果を消化する局面に入った米ドル

続きはこちら

UPDATE 2015.05.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

変動性の低下と、失敗した高値試し:アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.05.27

 

訳者都合により翻訳が5月29日になります為、訳文掲載まで原文にて掲載させていただきます。

続きはこちら

UPDATE 2015.05.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

急騰、暴落、そして再建

続きはこちら

UPDATE 2015.05.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

次の下落波動が始まった

続きはこちら

UPDATE 2015.05.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

反落に転じた原油価格

続きはこちら

UPDATE 2015.05.17

UPDATE 2015.05.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節要因が逆風となる米株市場

続きはこちら

UPDATE 2015.05.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクターに復活の兆し

続きはこちら

UPDATE 2015.05.14

UPDATE 2015.05.07

UPDATE 2015.05.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

過去10年の上海株価指数とゴールドのブル相場

続きはこちら

UPDATE 2015.05.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油と石油関連株は買われすぎ

続きはこちら

UPDATE 2015.04.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドルとカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2015.04.23

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

米国財務省長期債の「最後の一上げ」アップデート

  続きはこちら

UPDATE 2015.04.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅が下降基調に戻った

続きはこちら

UPDATE 2015.04.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国長期債が重要な下へのブレークに入った

続きはこちら

UPDATE 2015.04.19

UPDATE 2015.03.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

すべてはドルを軸に動いている

続きはこちら

UPDATE 2015.03.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

『 3月半ばのリバーサル』アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.03.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

バイオテクノロジー株に売りの三冠王サイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2015.03.24

UPDATE 2015.03.20

執筆者ボブ・ホウイがシンガポール・香港でのカンファレンス出席のために出張中ですので、今週号は休刊となります。また、帰国は3月末とのことですので、来週号(通常であれば北米時間3月26日に刊行の予定)も休刊ないし短縮版となる可能性が高いことをおふくみ置きください。

 

UPDATE 2015.03.20

UPDATE 2015.03.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

世界的な流動性の天井が来てしまった

続きはこちら

UPDATE 2015.03.06

UPDATE 2015.03.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

3月半ばの貴金属リバーサルにご用心

続きはこちら

UPDATE 2015.02.27

UPDATE 2015.02.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

国債の乱稚気騒ぎ——そして、だれも何も学ばなかった

続きはこちら

UPDATE 2015.02.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ダウ理論に関する我々の見方

続きはこちら

UPDATE 2015.02.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今のところ、リスクオンだ

続きはこちら

UPDATE 2015.02.13

UPDATE 2015.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

木材、株価は熱いが現物は剣呑

続きはこちら

UPDATE 2015.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省長期債ETF(TLT)は下落基調の中で小休止

続きはこちら

UPDATE 2015.02.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

やや売られすぎとなったゴールド

続きはこちら

UPDATE 2015.02.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドルに下方屈曲点の三冠王出現

続きはこちら

UPDATE 2015.02.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省10年債先物アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.02.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油価格アップデート

続きはこちら

UPDATE 2015.02.05

UPDATE 2015.02.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国30年債利回り下方屈曲点と原油価格

続きはこちら

UPDATE 2015.02.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国10年債先物

続きはこちら

UPDATE 2015.01.29

UPDATE 2015.01.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド建玉明細が危険信号を発令

続きはこちら

UPDATE 2015.01.22

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

財務省長期債は最後の急騰局面に入ったのか?

  続きはこちら

UPDATE 2015.01.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

上海総合株価指数

続きはこちら

UPDATE 2015.01.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

トグロが解けた銅価格

続きはこちら

UPDATE 2015.01.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと金山株のパラメーター

続きはこちら

UPDATE 2015.01.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日次警報があちこちに出現

続きはこちら

UPDATE 2015.01.05

UPDATE 2015.01.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクター

続きはこちら

UPDATE 2015.01.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ラッセル2000、1月1日のアップデート

続きはこちら

UPDATE 2014.12.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ラッセル2000が史上最高値

続きはこちら

UPDATE 2014.12.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

早くも抵抗線に遭遇したジャンクボンドETF(JNK)

続きはこちら

UPDATE 2014.12.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

重要な抵抗線に接近する米国債

続きはこちら

UPDATE 2014.12.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下方屈曲点IIの売られすぎ=買い警報発動

続きはこちら

UPDATE 2014.12.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ヒンデンブルクとTOYの関係は?

続きはこちら

UPDATE 2014.12.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油安? まだ、まだ

続きはこちら

UPDATE 2014.12.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

トグロを巻いた銅価格

続きはこちら

UPDATE 2014.12.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

米ドルの短期的調整が貴金属価格を押し上げる

続きはこちら

UPDATE 2014.12.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

今年もまた、TOYS(Turn of the Year Seasonality:年の変わり目)を買う季節がやってきた

続きはこちら

UPDATE 2014.12.02

UPDATE 2014.12.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経平均と円指数のガイドライン

続きはこちら

UPDATE 2014.11.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

——先週の金曜日昼ごろ掲載した訳文にまちがいがありましたので、訂正させていただきます。訂正箇所は外国為替のセクションの第3文節で、太字になっている部分が、訂正後の正しい訳です。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。【訳者】

続きはこちら

UPDATE 2014.11.18

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

政治家たちの珠玉の罵倒語

  続きはこちら

UPDATE 2014.11.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属、タイミングよく反発

続きはこちら

UPDATE 2014.11.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと米ドル指数

続きはこちら

UPDATE 2014.11.10

UPDATE 2014.11.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

勇者よ、落ちるナイフをつかむべき時が来た

続きはこちら

UPDATE 2014.11.06

UPDATE 2014.11.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売られすぎからの反発必至の金山株

続きはこちら

UPDATE 2014.11.01

UPDATE 2014.10.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイによる分析

急上昇したボラティリティは、どんな決着を招くのか?

続きはこちら

UPDATE 2014.10.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ジャンクボンドETF(JNK)目標抵抗線に到達

続きはこちら

UPDATE 2014.10.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500、季節要因上の下げ圧力は一時的に緩和したが……

続きはこちら

UPDATE 2014.10.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ボラティリティがボラティリティを生む

続きはこちら

UPDATE 2014.10.17

UPDATE 2014.10.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイによる分析

炭素排出権(いったい何にカネを払っているものやら)

続きはこちら

UPDATE 2014.10.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

右肩寄せ、左肩寄せの目まぐるしい動き

続きはこちら

UPDATE 2014.10.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールドと米ドル

続きはこちら

UPDATE 2014.10.03

UPDATE 2014.10.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ドル高は抵抗線に接近

続きはこちら

UPDATE 2014.09.26

UPDATE 2014.09.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

季節要因が下押しプレッシャーに

続きはこちら

UPDATE 2014.09.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

カナダドル、段階を踏んで下へ

続きはこちら

UPDATE 2014.09.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ヒンデンブルクの予兆出現は重大な警告

続きはこちら

UPDATE 2014.09.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

カナダドル、当初の目標に接近

続きはこちら

UPDATE 2014.09.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

米ドルは買われすぎ

続きはこちら

UPDATE 2014.09.11

今週の『時代の転換点を読む』は、お休みをいただきます。来週からは、また通常どおりの刊行となる予定です。

 

UPDATE 2014.09.09

UPDATE 2014.09.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールド、金山株と経済信頼感指数

続きはこちら

UPDATE 2014.08.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ブレント原油に絶好のチャンス到来

続きはこちら

UPDATE 2014.08.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

屈曲点続出の金融市場

続きはこちら

UPDATE 2014.08.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

支持線に接して、売られすぎ状態

続きはこちら

UPDATE 2014.08.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

急騰必至の時期を迎えたゴールド価格

続きはこちら

UPDATE 2014.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ブル相場末期の「売られすぎ」サインにご用心

続きはこちら

UPDATE 2014.07.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ベア相場の次の段階に向かうカナダドル

続きはこちら

UPDATE 2014.07.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールド、次の停車駅は1430ドル?

続きはこちら

UPDATE 2014.07.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールド下値試しのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2014.07.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールド——最後の下値試し進行中

続きはこちら

UPDATE 2014.07.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

エネルギーETFは過熱から反落へ

続きはこちら

UPDATE 2014.07.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

ゴールド——最後の下値試しか?

続きはこちら

UPDATE 2014.07.04

本日(7月4日)正午現在、原文が届いておりません。したがいまして、今回の和訳掲載はおそらく明日、7月5日(土曜日)の午後以降になるかと思われます。なお今週はアメリカの独立記念日が金曜日のため、1週だけ休刊という可能性もあることをお含みおきください。

 

UPDATE 2014.07.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

銅——ボックス圏の動き

続きはこちら

UPDATE 2014.06.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド価格、あまりにも速く、あまりにも高くなりすぎた?

続きはこちら

UPDATE 2014.06.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドルに迫る売りのチャンス

続きはこちら

UPDATE 2014.06.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀価格動向のテクニカル・アップデート

続きはこちら

UPDATE 2014.06.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

引き続き金山株が高値への道を先導

続きはこちら

UPDATE 2014.06.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今月は金山株が高値への道を先導

続きはこちら

UPDATE 2014.06.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

恐怖と貪欲指数

続きはこちら

UPDATE 2014.06.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

金融調査教育委員会(CMRE)春のディナーでのボブ・ホウイのスピーチ

Fedと気候温暖化論者を再教育する

続きはこちら

UPDATE 2014.05.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

財務省債は価格目標を達成

続きはこちら

UPDATE 2014.05.30

つごうにより、標記の掲載は5月31日(土曜日)の夕方とさせていただききます。ご迷惑をおかけしますが、ご諒承ください。

 

UPDATE 2014.05.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド価格アップデート

続きはこちら

UPDATE 2014.05.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

急騰への突破口にさしかかったゴールド価格

続きはこちら

UPDATE 2014.05.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

リスクオフ戦略が有効

続きはこちら

UPDATE 2014.05.02

都合により『時代の転換点を読む』5月1日号の掲載は、明日(5月3日)の午後1時前後とさせていただきます。ご諒承いただければ幸いです。

 

UPDATE 2014.05.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
チャート・ワークスによるテクニカル分析

エネルギー株には調整が必要

続きはこちら

UPDATE 2014.04.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

5月のゴールド価格パラメーター

続きはこちら

UPDATE 2014.04.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ダウ・ジョーンズ工業平均に値幅取りのチャンス

続きはこちら

UPDATE 2014.04.24

UPDATE 2014.04.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド価格 4月のパラメーター

続きはこちら

UPDATE 2014.04.10

UPDATE 2014.04.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

階段を降りるように夏の底値に向かうか、ナスダック指数

続きはこちら

UPDATE 2014.04.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下げ基調のゴールドには3月末の決算対応売りの傾向あり

続きはこちら

UPDATE 2014.03.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節要因が原油の味方

続きはこちら

UPDATE 2014.03.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド底打ち過程の詳細分析

続きはこちら

UPDATE 2014.03.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドは底打ちに入ったが、銀はまだ

続きはこちら

UPDATE 2014.03.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドその他でバブルがはじけてから底打ちまでの期間

続きはこちら

UPDATE 2014.03.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドは上昇基調——でも3月半ばにご用心

続きはこちら

UPDATE 2014.03.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

おバカなシーズン、花盛り

続きはこちら

UPDATE 2014.03.04

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

金利スプレッドと株式市場——アップデート

  続きはこちら

UPDATE 2014.03.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

武力紛争時のゴールド価格——ウクライナ

続きはこちら

UPDATE 2014.02.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油——下降調整必至

続きはこちら

UPDATE 2014.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀に買われすぎサイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2014.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

模範生にも少し休養が必要——フランコ・ネバダ株

続きはこちら

UPDATE 2014.02.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最初の一撃からの小休止

続きはこちら

UPDATE 2014.02.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


債券市場:次から次へとロクでもないことが

続きはこちら

UPDATE 2014.01.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ナスダック指数の底値到達はいつか?

続きはこちら

UPDATE 2014.01.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

転換点から転換点までの15〜17年サイクル

続きはこちら

UPDATE 2014.01.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

リスク資産は売りまくれ!

続きはこちら

UPDATE 2014.01.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国債は、なんとか支持線で持ちこたえた……今のところは

続きはこちら

UPDATE 2014.01.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと金山株に関するさまざまな考察

続きはこちら

UPDATE 2014.01.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ジャンクボンドは売り抜ける時期がきた

続きはこちら

UPDATE 2014.01.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダドル——そろそろ回復か

続きはこちら

UPDATE 2014.01.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

スリーDプリンターズ、調整・下落の機は熟した

続きはこちら

UPDATE 2014.01.14

地球温暖化だって? そんなことメじゃない大事件が起きている

  続きはこちら

UPDATE 2014.01.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

信用市場転換のサインはSP500下落の前兆

続きはこちら

UPDATE 2013.12.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

信用市場転換の早めのサイン

続きはこちら

UPDATE 2013.12.24

毎週金曜日夕方にお届けしております「時代の転換点」翻訳版のレポートになりますが、
本年の発行は「2013年12月19日号」が最終号となりますため、今週は休刊となります。
また、来年の「時代の転換点」につきましては、1月6日以降の掲載となります。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

UPDATE 2013.12.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

TOY——12月中旬の押し目から強力な季節要因上の上げ:そろそろ利食いのとき

続きはこちら

UPDATE 2013.12.20

UPDATE 2013.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今年もまたおもちゃ(TOY——年替り:Turn of the Year)で遊ぶ季節がやってくる【アップデート】

続きはこちら

UPDATE 2013.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

SP500の最初の支持線は、50日移動平均

続きはこちら

UPDATE 2013.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀 負け犬だって支持線で持ちこたえることもある

続きはこちら

UPDATE 2013.12.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

12〜1月は株式市場のリトマス試験紙

続きはこちら

UPDATE 2013.12.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

今年もまたおもちゃ(TOY——年替り:Turn of the Year)で遊ぶ季節がやってくる

続きはこちら

UPDATE 2013.12.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ボックス圏に入っている銅価格

続きはこちら

UPDATE 2013.12.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀価格にトム・デマークのコンボ買いサイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2013.11.28

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

2014年は、1926年をなぞるのか、それとも1937年、2008年をなぞるのか?

続きはこちら

UPDATE 2013.11.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドのテクニカル分析

続きはこちら

UPDATE 2013.11.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

「触るとやけど」の熱すぎる銘柄群

続きはこちら

UPDATE 2013.11.12

UPDATE 2013.11.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

世界中の株価指数に迫る調整局面

続きはこちら

UPDATE 2013.10.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

売られすぎの米ドル、買われすぎのユーロ

続きはこちら

UPDATE 2013.10.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析
シルバー・ウィートン株のテクニカル・アップデート

続きはこちら

UPDATE 2013.10.25

毎週金曜夕方にお届けしております「時代の転換点」翻訳版のレポートになりますが、著者のボブ・ホイ氏の海外出張に伴い、今週は休刊となります。直前のお知らせになりますことをお詫び申し上げます。

 

UPDATE 2013.10.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

さまざまな株価指数に時間足で警報続出

続きはこちら

UPDATE 2013.10.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

金と金山株指数のアップデート

続きはこちら

UPDATE 2013.10.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

3段階の抵抗線に直面する米国債

続きはこちら

UPDATE 2013.10.18

日頃よりアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜日にお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、原文である英文レポートの発行日が現地の祝日にあたる為、発行が遅れます。
レポートが届き次第、掲載させて頂きます。
読者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2013.10.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

シルバー・ウィートンとファースト・マジェスティックテクニカル分析アップデート

続きはこちら

UPDATE 2013.10.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ジャズ薬品——ジャムセッションも終わりか?

続きはこちら

UPDATE 2013.10.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

最悪のパフォーマンスだった銀山株に反発の兆し

続きはこちら

UPDATE 2013.10.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

反発目前の米ドル

続きはこちら

UPDATE 2013.10.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ ロス・クラークによるテクニカル分析
貴金属--現状のテクニカル分析と1976年の底打ちとの比較

続きはこちら

UPDATE 2013.09.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属価格はボックス圏に封じこめられたまま

続きはこちら

UPDATE 2013.09.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省10年債チャートのアップデート——新目標値は139と1/4

続きはこちら

UPDATE 2013.09.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

急落の危険が大きな株、3銘柄

続きはこちら

UPDATE 2013.09.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

武力紛争時のゴールドの値動き【続報】

続きはこちら

UPDATE 2013.09.12

日頃よりアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜日にお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、著者ボブ・ホイ氏の事情により、今週は休載となります。
読者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2013.09.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド:直近の値動きの2008年、2004年、1976年との比較のアップデート

続きはこちら

UPDATE 2013.09.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

武力紛争時のゴールドの値動き

続きはこちら

UPDATE 2013.09.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、2008年の底値からの62%戻しを達成

続きはこちら

UPDATE 2013.09.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数は強気、ユーロは弱気

続きはこちら

UPDATE 2013.08.29

 

ゴールドと銀の中期的な抵抗線(に接近中)
(8月23日付レポートのチャートのみアップデート)

続きはこちら

UPDATE 2013.08.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドも銀も中期的な抵抗線に接近中

続きはこちら

UPDATE 2013.08.22

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

母なる自然がFedの「出口」に先回りしていた

  続きはこちら

UPDATE 2013.08.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国債アップデート

続きはこちら

UPDATE 2013.08.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

230週連騰で売り波動は避けられないSP500

続きはこちら

UPDATE 2013.08.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀の中期展望

続きはこちら

UPDATE 2013.08.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

サブプライム住宅ローンボンド

続きはこちら

UPDATE 2013.08.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

シルバー・ウィートン目標値に接近

続きはこちら

UPDATE 2013.08.14

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドのフラクタル分析*は1488ドルまで50%の値戻しを示唆

続きはこちら

UPDATE 2013.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

弱気方向へのかい離、続々出現

続きはこちら

UPDATE 2013.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

アメリカのマネタリーベースは際限なく拡大する

続きはこちら

UPDATE 2013.08.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

9月いっぱい続きそうな円高基調

続きはこちら

UPDATE 2013.08.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属も金銀鉱山業者も下値を切り上げラリー中

続きはこちら

UPDATE 2013.08.02

 

日頃よりアドバンスドサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

増田氏の夏季休暇のため、休暇期間中の「時代の転換点を読む」は、訳文掲載までの間、原文にて掲載させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

続きはこちら

UPDATE 2013.07.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

スプロットの株価が下方屈曲点に

続きはこちら

UPDATE 2013.07.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国債は、弱気市場の中での小反発の時期が来ている

続きはこちら

UPDATE 2013.06.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドにも下方屈曲点サイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2013.06.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀価格に下方屈曲点サイン点灯

続きはこちら

UPDATE 2013.06.25

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


無秩序な信用市場

  続きはこちら

UPDATE 2013.06.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドルと円

続きはこちら

UPDATE 2013.06.13

UPDATE 2013.06.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

電力株、買われすぎから一挙に売られすぎへ

続きはこちら

UPDATE 2013.06.04

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ

イングランド銀行の新総裁マーク・カーニー

  続きはこちら

UPDATE 2013.06.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀が二番底、鉱山株のほとんどが前回安値を割りこむ

続きはこちら

UPDATE 2013.06.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ

今週の旅行は、ニューヨークの金融調査教育委員会(CMRE)例会での講演をしたり、トロントの北での親戚一同が集まったり、鉱山業や投資の世界での古くからの友人とランチをしたりと盛りだくさんの内容だった。やっと自宅に帰りついたところだが、私(ボブ・ホウイ)としては、旅先からもふつうどおりのレポートや分析を書き送る同業者には、心の底から敬服する。

続きはこちら

UPDATE 2013.05.30

2013年5月23日の金融調査教育委員会(CMRE)における講演記録
インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ

現政権の政策については、数えきれないほどの表現を考えることができる。しかし、ここにお集まりの皆さまは紳士淑女ばかりでいらっしゃるので、活字にできる範囲内にとどめた上で、どんな表現が実態をよく示しているか、考えていこう。

  続きはこちら

UPDATE 2013.05.22

日頃よりアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜にお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、著者ボブ・ホイ氏がニューヨークでの講演会に出席する都合上、今週は休載となります。次号は6月7日の公開を予定しております。

読者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2013.05.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

滝を流れ落ちるようなゴールド価格急落が、下方屈曲点警報を発動

続きはこちら

UPDATE 2013.05.20

 

チャートワークス 2013年5月15日号 米ドル指数
インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

続きはこちら

UPDATE 2013.05.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「アメリカの銀行業界は、いっせいに事業融資の基準や条件を緩和している」
——2013年5月6日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.05.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀の重要支持線と抵抗線水準

続きはこちら

UPDATE 2013.05.14

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


ボンド市場——深遠なる転換?

  続きはこちら

UPDATE 2013.05.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「4月は、製造業の収縮が一層深まった」
——2013年5月1日のオーストラリアの金融経済ウェブサイト『マーケット・エコノミクス』のエントリーより

続きはこちら

UPDATE 2013.05.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

飽和状態にある電力株の投資需要

続きはこちら

UPDATE 2013.05.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「混乱をきわめる世界経済の中で、政策担当者たちはどうにもならない手詰まり状態に頭を抱えている」
——2013年4月19日付ワシントン・ポスト

続きはこちら

UPDATE 2013.04.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数 – ボックス相場が続く

続きはこちら

UPDATE 2013.04.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

無鉛ガソリン 買い場の到来

続きはこちら

UPDATE 2013.04.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

フランコネバダ – 下方屈曲点警報の発動後から現在は買われ過ぎの水準に

続きはこちら

UPDATE 2013.04.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「連邦準備制度(Fed)理事会のジャネット・イェレン副議長は『財政・金融の安定を揺るがすような資産バブルの兆候は見当たらない』と述べた」
——2013年4月16日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.04.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

天然ガス
週足のシークエンシャル売りセットアップ

続きはこちら

UPDATE 2013.04.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

相似型を描くフラクタルなゴールド相場と下方屈曲点警報が発動した鉱山株

続きはこちら

UPDATE 2013.04.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅−下方屈曲点警報と週足シークエンシャル買いセットアップ

続きはこちら

UPDATE 2013.04.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「イギリスの中央銀行であるイングランド銀行は、株価の上昇は基盤となっている経済を反映しておらず、投資家はリスクを過小評価していると警告した」
——2013年4月5日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.04.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

鉱山株に下方屈曲点警報が点灯

続きはこちら

UPDATE 2013.04.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

先週の記事ではゴールドの調整幅を控えめにみていた…
「上値抵抗線は維持されているが、下値支持線は破られた。」

続きはこちら

UPDATE 2013.04.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「とうもろこし、銀、ゴムが弱気市場へと転落し、すでに供給過剰の見通しによって不振を極めている砂糖、小麦などの商品の仲間入りをした」
——2013年4月2日のブルームバーグ通信報道

「2012年第4四半期のロシア経済の成長率は、2009年以来で最低だった」
——2013年4月2日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.04.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドはもう一度底打ちとなるか? 今のところ、過去のパターン通りの動きに。

続きはこちら

UPDATE 2013.04.05

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

向う見ずな行いを正当化しようとする議論が後を絶たない。

「各経済圏で成長率が高まることは、貿易から貿易へと好ましい影響を伝えていくので、(緩和的な金融)政策は『近隣窮乏化』ではなく、『近隣富裕化』政策なのだ」
——2013年3月25日のAP通信報道

  続きはこちら

UPDATE 2013.04.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、もう一度底打ちとなるか? 
4月特有の値動きに注目

続きはこちら

UPDATE 2013.04.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅、売られ過ぎの状態に、しかしまだ底は打っていない

続きはこちら

UPDATE 2013.04.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

そろそろベア(弱気)ファンドの買いどきか?

続きはこちら

UPDATE 2013.04.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

VXZからの警告サイン

続きはこちら

UPDATE 2013.04.02

 

○ インスティテューショナル・アドバイザーズ ロス・クラークによるテクニカル分析

 3〜4週間前、農産物価格指数(GKX)は日次の相対力指数が30という売られすぎ水準まで下がったことを支えに、底固めを試みた。そのときにも指摘したのだが、週次ベースでは売られすぎにはなっていなかった。

 それからたった2営業日のうちに、GKXは8.4%も下げてしまった。

続きはこちら

UPDATE 2013.03.29

時代を象徴するコメント:

「灼熱の住宅市場」
「アメリカの住宅産業という巨人が目覚めた」
——2013年3月16日付フィナンシャル・ポスト紙

「スロベニアの米ドル建てベンチマーク債が救済懸念の台頭で急落し、利回りは今年の年初来最高に達した」
——2013年3月22日のブルームバーグ通信報道

  続きはこちら

UPDATE 2013.03.28

おや、おや:弱みがますます目立ってきた

 昨日(26日)の引けあとのソブリン債市場で、新発のイタリア国債のオークションが不調だった。

 スペイン国債のベンチマーク利回りが、前回の高値だった5.04%を抜いた。

 このところ低格付け債が「バブル」を起こしていたが、スペイン国債の利回り上昇は低格付け債全体の利回り急騰=価格急落を招くかもしれない。

  続きはこちら

UPDATE 2013.03.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、マイナーな反落相場が終わった

続きはこちら

UPDATE 2013.03.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ


時代を象徴するコメント:

「株価の高騰が、スキーリゾート住宅の価格を押し上げている」
——英エコノミスト誌、2013年3月13日号

「今のところ大丈夫。まだインフレ問題は出てきていない」
——2013年3月4日の全米企業エコノミスト協会での、ポール・ボルカーの連邦準備制度(Fed)の莫大なバランスシートに関するコメント

続きはこちら

UPDATE 2013.03.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

カナダ太平洋鉄道 −上方屈曲点警報モード

続きはこちら

UPDATE 2013.03.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属は3月特有の転換局面にある

続きはこちら

UPDATE 2013.03.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド相場がブルになってから12年目に近づいている

続きはこちら

UPDATE 2013.03.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
著者:ボブ・ホウィ

時代を象徴するコメント:

「可処分所得、つまり税金を支払った後の所得は4%減少したが、この数字は1959年に月間の可処分所得の集計が始まって以来、最大の下落率だった」
——2013年3月1日のブルームバーグ通信

「アメリカ中でもいちばんリスクの高い企業群が、前例のないほどのひんぱんさで機関投資家のところに調達の相談に行っている」
——2013年3月1日のブルームバーグ通信

続きはこちら

UPDATE 2013.03.11

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、2012年の上値抵抗線に挑戦

続きはこちら

UPDATE 2013.03.08

時代を象徴するコメント:

「オバマは新しい戦術を採用している」
「国民を怖がらせるだけ怖がらせて、あとは大手メディアに面倒を見させるという手口だ」
「1億7000万以上の職が失われるかもしれない」
——2013年2月28日付ウォールストリート・ジャーナル

最後の悲痛な叫びは、アメリカ連邦議会下院金融委員会の大物民主党委員、マクシーヌ・ウォーターズが発したのだから、容易なことではない。もしほんとうならアメリカという国は壊滅する。2007年の総雇用者数のピーク時でさえ、1億3800万人だったのだから。

「予算削減反対派の有力ロビイストが本紙に語ったところによれば、最悪のシナリオは予算執行の強制停止がほんとうに実施されて、ちっとも悪いことが起きないことだ」
——2013年2月28日付ワシントン・ポスト

  続きはこちら

UPDATE 2013.03.06

 

2013年3月5日

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

「試金石がゴールドの真贋を見抜くように、ゴールドは人の心を見抜く」
——少なくとも1598年にはこのかたちで流布していたことわざ

続きはこちら

UPDATE 2013.03.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

底打ちを裏付ける銀の対ゴールド相対価格の動き

続きはこちら

UPDATE 2013.03.01

 

時代を象徴するコメント:

「ゴールド、デッドクロスに入る」
——2013年2月20日付フィナンシャル・タイムズ

「文明国の人間は、ゴールドなんか買わない」
——CNBC放送が2012年5月4日に伝えた、バークシャー・ハサウエィ社のチャールズ・マンガ—のコメント

もし文明国の政策担当者たちが、自分たちの野心を満たすためではなく、公共の利益に奉仕するために働くほど文明化されていたら、たしかにだれも自衛のためにゴールドにすがりつく必要など感じないだろう。

「韓国のクォン・ユイ・ムーンは、いくつかのベンチャービジネスで失敗したあと、2002年にもっと伝統的な手段で金持ちになろうと決心した。不動産ローンを借りて買った住宅の値上がりを待つという作戦だ」
——2013年2月20日のブルームバーグ通信報道

残念ながら、不動産価格は上がらなかった。

続きはこちら

UPDATE 2013.02.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド − デッドクロスだからといって悲観視することはない

続きはこちら

UPDATE 2013.02.25

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、建玉数が売られ過ぎの領域に入る

続きはこちら

UPDATE 2013.02.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

シルバーウィートン – 重要な分岐点に

続きはこちら

UPDATE 2013.02.22

 

時代を象徴するコメント:

「連邦準備制度(Fed)公開市場委員会でたった一人の『タカ』派、持論である金融緩和への消極姿勢について弁明」
「(金融緩和がもたらす)コストとリスクは、便益を上回っている可能性がある」
——2013年2月12日付ウォールストリート・ジャーナル

「12月のインドの工業生産、経済全般が過去10年間でもっとも低速の伸びに減速する中、予想外の2ヵ月連続の減少を記録」
——2013年2月12日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.02.22

UPDATE 2013.02.17

 

インスティチューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

貴金属を取り巻く全体状況:

続きはこちら

UPDATE 2013.02.15

 

時代を象徴するコメント:

「ドイツのババリア州、ヘッセン両州の政府は、貧困地域に連邦税収を移転する現在の仕組みに対して異議を唱える準備をしている」
——2013年2月5日のブルームバーグ通信報道

「インドの銀行業界が抱える不良資産総額は、2003年以来で最低の経済成長率と、アジアで最も高い金利で企業財務が劣化しているおかげで、過去10年間で最大となった」
——2013年2月5日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.02.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

航空銘柄 出来高が減少

続きはこちら

UPDATE 2013.02.13

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

円、売られ過ぎにあり、反発の兆候を示す

続きはこちら

UPDATE 2013.02.08

 

時代を象徴するコメント:

「中国、地方自治体の破綻を警告」
——2013年1月29日付フィナンシャル・ポスト紙

中国政府は、すさまじい金額の債権放棄をたくらんでいる。

「カナダのオンタリオ州は、次のギリシャになるかもしれない」
「債務関係のあらゆる数値で、カリフォルニア州より悪化している」
——2013年1月31日付ナショナル・ポスト紙

続きはこちら

UPDATE 2013.02.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国長期債と中期債:弱気相場での短期的な底をつける

続きはこちら

UPDATE 2013.02.02

 

時代を象徴するコメント:

「国際的な投資家たちは、株に対して過去3年半でもっとも強気になっている」
——2013年1月22日のブルームバーグ通信報道

「世界経済を救った各国の中央銀行は、今になって世界経済を危険にさらしていると非難されている。ダヴォス国際会議ではとめどない金融刺激策が批判の的となった」
——2013年1月14日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2013.01.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

まだいける、まだいけるはず!

続きはこちら

UPDATE 2013.01.25

 

時代を象徴するコメント:

「不況だって? ロールスロイスを始めとする超高級車メーカーは、どこ吹く風の威勢の良さだ」
——2013年1月10日付のウォールストリート・ジャーナル記事

「ヨーロッパの自動車市場は1995年以来で最低の水準まで落ちこんだ」
——2013年1月16日のヤフー! ニュース配信

「我々の見るかぎり、どの市場でも資産バブルが発生している兆候はない」
——2013年1月17日のブルームバーグテレビでのボストン連銀ローゼングレン総裁の発言

続きはこちら

UPDATE 2013.01.21

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、銀、プラチナはジリ高相場

続きはこちら

UPDATE 2013.01.18

 

ボブ・ホイ

時代を象徴するコメント:

先週欧州中銀のマリオ・ドラギ総裁は、「ユーロを守るためなら、なんでもする」と宣言した。ほぼまちがいなく、経済をテコ入れするために、信用をテコ入れするということだろう。すなわち、積極的に通貨価値を毀損するということだ。つまり、彼らが通貨を守るためにできることは、その通貨の価値を貶めることだけだというわけだ。ベトナム戦争のころ、ベトコン側に入ってしまった村落を「正常化」するというのは空爆であとかたもなく消し去ることだったのを思い出す。

続きはこちら

UPDATE 2013.01.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

アップル株、サイクルが1回転し再び上昇起点に戻る

続きはこちら

UPDATE 2013.01.16

日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2013年1月15日付で掲載しましたチャートワークス【円 - 中期的な反発相場を経た後、再び下落する見通し】の刊行日が「2012年2月20日号」と表示いたしましたが、「2013年1月12日号」の誤りです。

読者の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、謹んで訂正させていただきます。

【松藤民輔の部屋WEBサイト】

 

UPDATE 2013.01.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

円の反転が始まる

続きはこちら

UPDATE 2013.01.16

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

良いマーケットはもっと良くなり、被災地域が、今のところはアウトパフォームしている

続きはこちら

UPDATE 2013.01.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

円 - 中期的な反発相場を経た後、再び下落する見通し

続きはこちら

UPDATE 2013.01.11

時代を象徴するコメント:

「ウォール街の大手銀各行は、先月、年末の在庫拡大としては過去6年間で最大の社債在庫の積み増しをした」

低格付け債のバブルは、まだまだふくらんでいる。

「1988年に採択されたバーゼル国際銀行規制Iはたった30ページのレポートで、単純な加減乗除しか使っていなかった。バーゼルIIIとして知られる最新版は509ページで、78の微分方程式が使われている」

  続きはこちら

UPDATE 2013.01.09

 

2013年1月8日

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

「アメリカのジャンク格債券の平均利回り6%未満に低下」

「昨年1年間でのトリプルC格債券の発行額、前年比で63%増加」

これら珠玉のデータは、1月4日付英フィナンシャル・タイムズ紙に掲載された特集記事から抜粋したものだ。そしてすぐ下に紹介する1コマ漫画は、債券市場が手の付けられないほどの強気相場になってしまったケースの末期症状を、生き生きと伝えている。経済環境に対する高い信頼感、あるいはたんなる油断、そして「もう8分の1パーセント(0.125%)」の追加的な利回りを追いかけ回す心理は、債券市場が重要な天井を形成するときにはつきものとなっていた。その原動力が向う見ずな中央銀行の方針であることを考えると、突然相場が激変したときに生ずる被害は莫大なものとなる。中央銀行がしらふに戻るか、戻らないかは関係ない。ときがくれば、そんなことはお構いなしに、母なる自然とマージン・コール(追証)氏がまたしても金利政策の主導権を奪い返すことになっているのだ。

続きはこちら

UPDATE 2013.01.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

行き過ぎの水準に近づく木材と住宅市場

続きはこちら

UPDATE 2013.01.07

 

時代の転換点を読む 2013年1月3日号
著者:ボブ・ホウイ

時代を象徴するコメント:

「新金ぴか時代の階級闘争」
「あらゆる階層のアメリカ人たちが、自分たちは巨大銀行、企業、大富豪たちがゴールドをかすめ取るたびに犠牲にされていることに気づきはじめている。大多数が立法府は芯まで腐敗していて、投票してくれる人たちより、献金してくれる連中の言うことばかり聞いていると感じている」
——2012年12月21日ロイター通信報道

大手マスコミの発信にしては、この報道はリバタリアンがかっている。とうとうこの連中でさえ、リベラル派の腐敗を気にしはじめたということだろうか。1960年代半ばまでは、リベラリズムというのは、個人の自由と政府権限の抑制を意味する主張だった。その後、「リベラル派」の連中は、リベラルということばの意味から自由(リバティ)を抜き去るようなことばかりやってきた。そして、今週(12月31日〜1月4日)の「財政の崖」を巡るドタバタ騒ぎを見ていると、リベラル派のゴロツキどもは、一挙に自由を通りこして、財政の放蕩もの(リバタリアン)になってしまったようだ。

続きはこちら

UPDATE 2012.12.28

2012年12月

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ボブ・ホウイ

紋切り型表現の数々でつづるこの1年

 「1月効果」:今後1年間の株式市場の動向は、最初の1週間の値動きにかかっている。

  続きはこちら

UPDATE 2012.12.25

UPDATE 2012.12.21

 

時代を象徴するコメント:

著者:ボブ・ホイ

「現在の連邦公開市場委員会(FOMC)は、歴史上いちばんアカデミックな方向に傾斜した顔ぶれになっている」
——2012年12月14日のダラス連銀総裁リチャード・フィッシャーのことば

このフィッシャーのことばは、今回もまた連邦準備制度(Fed)理事会の政策についてのコメントから引用したのだが、またしても「危険なほど実務経験とかけ離れたことを主張している」という本音を、Fed一流の婉曲な表現でぼかしたのだろうと推測した読者は鋭い。このあとは、こう続くからだ。

続きはこちら

UPDATE 2012.12.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドとHUI(アメックス金鉱株指数):現在進行版 対 2003年〜2004年版

続きはこちら

UPDATE 2012.12.14

時代を象徴するコメント:

「11月のイタリアの自動車販売台数、前年同月比20.1%減の急落」
——2012年12月4日のダウ・ジョーンズ通信報道

「ヨーロッパの債務危機は、政治家や官僚の腐敗度にも大きな影響を及ぼしている。深刻な危機に直面している国々は透明度ランキングで大きく地位を下げている」
——2012年12月5日のブルームバーグ通信報道

  続きはこちら

UPDATE 2012.12.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節的要因による強含み期間を挟む年の変わり目が再来

続きはこちら

UPDATE 2012.12.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属株 − 反発相場の下地が完成

続きはこちら

UPDATE 2012.12.07

 

著者:ボブ・ホイ

時代を象徴するコメント:

「ミシガン州上院議員がデトロイト市の解体を提案」
——2012年11月28日のデトロイト発CBSニュース報道

「デトロイト市長は、『市職員にも権利がある』と応酬」
——2012年11月29日のデトロイト発CBSニュース報道

いったい、納税者の給与や賃金をどれだけ奪い取る権利があるというのだろうか。

続きはこちら

UPDATE 2012.12.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銅、上昇するも上値抵抗線に遭遇

続きはこちら

UPDATE 2012.11.30

 

これはもう、金融政策とは言えない

時代を象徴するコメント:

「連邦準備制度(Fed)が民間の資産を買って通貨準備を拡大するということは、公的信用を民間の借り手のために提供することだ」
——2012年11月19日のブルームバーグ通信報道

これは、Fedが擦り切れたような古めかしい金融緩和の実験をやりつづけているが、そのツケは必ず納税者のところに回ってくるという批判だ。重要なのは、この批判を行ったのが、全米に12行ある連邦準備銀行のうちの1行の現職の総裁だという事実だ。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経株価平均、ボックス圏相場に

続きはこちら

UPDATE 2012.11.23

時代を象徴するコメント:

「インドの工業生産高、予想に反して下落」
——2012年11月12日のブルームバーグ通信報道

「ユーロ圏経済の総産出高2012年第3四半期は0.1%減で、第2四半期の0.2%減に続く収縮」
——2012年11月15日のロイター通信報道

「中国の自動車販売台数、10月で6ヵ月連続の減少を記録」
——2012年11月14日のブルームバーグ通信報道

「投資、崖から落ちたような急落」
——2012年11月18日付ウォールストリート・ジャーナル

この記事の本文には、アメリカの企業は「財政、経済に関する不確実性」によって投資計画を削減していると書かれていた。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

北米の株式市場、中期の底をつけたことで12月まで上昇する見通し

続きはこちら

UPDATE 2012.11.19

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀山株、支持線まで調整し、すぐ上の上値抵抗線を試す見通し

続きはこちら

UPDATE 2012.11.19

 

「信用とは、眠りについた疑惑に過ぎない」

時代を象徴するコメント:

「過去90日間に連邦議会に提出された規則の総数は6125件にのぼり、1日当たりでは68件となった」
——2012年11月8日のCNSニュース報道

連邦議員の中には、自由を守るために倒れたアメリカ軍兵士の数が激増していることを指摘した議員もいたちょうどそのころ発表されたニュースだっただけに、皮肉な話だ。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.16

日頃よりアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜にお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、著者ボブ・ホイ氏の事情により本稿の刊行が延期となりました。そのため、翻訳版の掲載は週明けの月曜以降を予定しております。

読者の皆様にはご迷惑をお掛けすることになりますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2012.11.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと米ドル指数 同時上昇?

続きはこちら

UPDATE 2012.11.09

著者:ボブ・ホイ

官僚制独裁政治

時代を象徴するコメント:

「偉大な文明は、内側から破壊されないかぎり、絶対に外敵によって征服されることはない。古代ローマの没落が良い例だ。没落の種は、ローマ人たち自身に、ローマ人の倫理観に、ローマ人のくり広げた階級闘争に、貿易活動の失敗に、官僚制独裁政治に、窒息しそうに重い税金に、そしてあらゆるものを浪費する戦争に蒔かれていた」
——1944年に刊行されたウィル・デュラント『文明の歴史 第3巻 信仰の時代』「エピローグ」より

今までに何人もの著者が、このくだりを文字どおりの引用として紹介してきた。実際には、これは逐語的な引用ではなく、第3巻のエピローグとして書かれた「なぜローマは没落したのか」のいくつかの箇所からの文章を抜粋したものだ。出版された1944年当時も有益な教訓を教えていたが、今もなおその教訓は有効だ。我々が「アメリカ」というとき思い浮かべる理念は永遠に滅びることはない。だが、中でも特筆すべきは、アメリカ人たちは「官僚制独裁政治」と付き合っていくことにかけて、非常にうまくやってきたということだ。今回もまた、この難物との付き合いで成功するだろう。官僚制独裁政治に関する新たな実験を破綻させた後には、弱いものいじめの政治を改革する新鮮な息吹がよみがえるだろう。

  続きはこちら

UPDATE 2012.11.08

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

世界の株式市場が下落リスクに

続きはこちら

UPDATE 2012.11.08

UPDATE 2012.11.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

熱狂的な強気派が貴金属株を先行買いしている模様

続きはこちら

UPDATE 2012.11.05

 

時代を象徴するコメント:

「8月の中国製造業企業利益は、前年同月比で6.2%下がり、今年に入って最大の下げ幅となった。また、これで前年同月比のマイナスは5カ月連続となった」
——2012年10月22日のブルームバーグ通信

「Fed理事会のバーナンキ議長は『私をクビにするだって? 無理だね。どうせ2014年には辞めるんだから』とコメント」
——2012年10月23日のウェブサイト『Business Insider』のエントリーより

アメリカ経済をこれだけメチャクチャにしておきながら、まだ2年も悪業を重ねようという人間にしては、奇妙な発言だ。だが、日程を繰り上げるってわけにはいかないものだろうか。たとえば、今すぐにとか。

続きはこちら

UPDATE 2012.11.02

日頃よりご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜にお届けしている「時代の転換点を読む」ですが、著者ボブ・ホイ氏の事情により本稿の刊行が延期となりました。そのため、翻訳版の掲載は週明けの月曜を予定しております。

読者の皆様にはご迷惑をお掛けすることになりますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

松藤民輔の部屋WEBサイト

 

UPDATE 2012.10.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、現在もトレーディングレンジ内で推移

続きはこちら

UPDATE 2012.10.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

下落に転じた銅。しかし、更なる下方圧力はこれから

続きはこちら

UPDATE 2012.10.24

 

砂に描かれた線(アップデート):

しばしば、秋の最初の突風が夏から冬への季節の移り変わりを示す分岐点となる。太陽系の惑星が取る楕円軌道がこの気象現象を不可避にするわけだが。金融市場では、この夏から冬への転換に相当する変化は、古典的な強欲から、太平楽へ、そして恐怖へという道筋をたどる。伝統的に、もし何か悪いことが起きるとすれば、それは秋に起きるものだった。

続きはこちら

UPDATE 2012.10.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、下値支持線は$1695と$1665で形成される見通し

続きはこちら

UPDATE 2012.10.15

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル指数、4週間の調整相場が経過
ボラティリティの拡大に注目

続きはこちら

UPDATE 2012.10.09

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

貴金属セクターは過去数か月での高値を更新しているが、鉱山株セクターの一部は弱気方向に転じている

続きはこちら

UPDATE 2012.10.09

 

時代を象徴するコメント:

「ドイツの企業信頼感指数、過去2年半で最低へと予想外の急落」
——2012年9月24日のブルームバーグ通信

「国内の消費者ばかりか、諸外国もスペインの銀行から預金を引き出している」
——2012年9月26日のダウ・ジョーンズ通信

続きはこちら

UPDATE 2012.10.04

日頃よりアドバンスド記事をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜掲載の『時代の転換点を読む』ですが、著者ボブ・ホゥイ氏の海外出張に伴い、3週間ほど記事の掲載が不定期になります。アドバンスド会員の皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、チャートワークスにつきましては、原作が刊行され次第、翻訳版を弊社サイトにて掲載いたします。

 

UPDATE 2012.10.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ユーロ・ゴールド

続きはこちら

UPDATE 2012.10.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと銀で新たな下値支持線が形成
−抵抗線は依然として同じ−

続きはこちら

UPDATE 2012.09.28

 

時代を象徴するコメント:

「オバマ政権下の規制コスト、4880億ドル」
——2012年9月20日の保守系ウェブサイト『ウィークリー・スタンダード』のエントリー
しかも、これは総額ではなく、年間のコストだ!

「預金がどんどん流出しているので、ヨーロッパの銀行は預金を守るために以前より高い金利を払わされている」
——2012年9月20日のブルームバーグ通信報道

「この不況は『バーナンキ不況だ』という考え方は、エリート・サークルの中で力を得つつある」
——2012年9月24日付デイリー・テレグラフ紙

続きはこちら

UPDATE 2012.09.24

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

8月の高値を試す局面か?

続きはこちら

UPDATE 2012.09.21

 

時代を象徴するコメント:

「銅の余剰在庫は謎だ」
——2012年9月11日付ウォールストリート・ジャーナル

「アメリカの世帯所得中央値(メディアン)は、1995年以来最低に」
——2012年9月4日のブルームバーグ通信報道

オバマ大統領就任以来ではマイナス4.1%だ。末尾に表を掲載する。

「中央銀行の無制限の力に正面から対抗して投機をしかける人間などいない。投機屋たちがそのことを知っているかぎり、世界中どこでも通貨は安定する。たとえば、連邦準備制度相手に賭けをするバカはいない」
——2012年9月13日のブルームバーグ通信が報じた欧州中央銀行(ECB)理事会のコメント

この自慢はあと一息で傲慢に変わるだろう。ウィキペディアには、傲慢についてのなかなかいい定義が載っている。

続きはこちら

UPDATE 2012.09.20

UPDATE 2012.09.14

 

時代を象徴するコメント:

「オーガニック(有機素材)フードは、オーガニックではない食品より健康的とは言えないとの研究成果が発表された」
——2012年9月3日のヤフー・ニュース報道

もうそろそろ、権威筋から金本位制は不換紙幣制度より健康的だという研究成果が発表されてもいいころだ。

「先月の中国の鉄鉱石価格、24%の暴落で2009年10月以来の最低水準に」
——2012年9月4日のブルームバーグ通信報道

「ホンジュラス政府、民営の市を創設する契約に調印」
——2012年9月5日のAP通信報道

「投資家は今、『インフレの時代』の幕開けを目の当たりのしようとしているが、インフレは一般的に株や債券のような有価証券にとっての向かい風ではなく、追い風なのだ」
——2012年9月5日のブルームバーグ通信が報道したビル・グロスのコメント

どうやら、ビル・グロスのようなおしゃべり屋さんたちには、まだ金融資産インフレというものの恐ろしさが分かっていないようだ。

続きはこちら

UPDATE 2012.09.10

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

通貨や貴金属が潜在的な屈曲点に達する

続きはこちら

UPDATE 2012.09.10

平素よりアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

2012年9月5日刊行の「時代の転換点を読む」(原題:Pivotal Events)の翻訳に一部誤りがありました。

「全体展望」の文中

訂正前

「この傾向は騰落率にも反映されるので、重要な天井はSP500自体が直前の高値を上回る高値を付けるが、騰落率は直前の高値を下回る高値にとどまる(現在、これも確認済み)。」

訂正後

「この傾向は騰落レシオ(上昇株対下落株比率)にも反映されるので、重要な天井はSP500自体が直前の高値を上回る高値を付けるが、騰落率は直前の高値を下回る高値にとどまる(現在、これも確認済み)。」

読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げます。

 

UPDATE 2012.09.06

 

著者:ボブ・ホウイ

時代を象徴するコメント:

「欧州中央銀行(ECB)はもう手いっぱいで、もしこれからも各国の国債を買いつづけようとしたら、物価の安定に責任を持つという使命を果たせないだろう」
——2012年8月28日のマーケットニュース・インターナショナルが報道した前ECB理事のコメント

続きはこちら

UPDATE 2012.09.05

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

9月の動きに用心せよ

続きはこちら

UPDATE 2012.08.31

 

時代を象徴するコメント:

「連邦準備制度(Fed)としては金融環境を緩和し、経済を強くするための手段を講じる余地がある」
——2012年8月23日付ウォールストリート・ジャーナルが報道したベン・バーナンキのコメント

財務省短期債の金利はずい分長いこと異常に低い水準にとどまっているし、いろいろ例外的な経済刺激策もくり出されてきたので、だれもが金融はそうとう緩和されてきたのだろうと思うはずだ。問題は、短期債は前回の大不況(1930年代大不況)とほぼ同様の低さだということだ。おそらく、政策担当者から学ぶよりも、マーケットから学ぶべきことのほうが多いのだろう。

続きはこちら

UPDATE 2012.08.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

石油が漏れる時期?

続きはこちら

UPDATE 2012.08.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

銀山株が買われ過ぎに

続きはこちら

UPDATE 2012.08.29

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、目標とする上値抵抗線に接近

続きはこちら

UPDATE 2012.08.27

 

時代を象徴するコメント:

「連邦準備制度理事会(Fed)のバーナンキ議長は『悪夢のシナリオ』と呼んでいる。だが、共和党は今回の大統領選に向けた党綱領に、中央銀行の徹底した監査を盛りこむことを考慮中だ」
——2012年8月8日のブルームバーグ通信報道より

やってみる価値はあるだろう。

すでに、保健衛生当局はホメオパシー薬剤(日本で言えば漢方のようなもので、自然素材を、化学的な手法で抽出せずに、素材のまま微量ずつ処方すること。大量では毒となる素材も、微量であれば健康の維持・回復に貢献するという信念にもとづいている)のような近代医学のもとづかない薬剤一般について、詳細な臨床試験をすべきだと提唱している。とくに、ホメオパシーについては、微量でも有毒性のある成分を処方するので、長期間服用すれば、発病の原因になる可能性を指摘している。

続きはこちら

UPDATE 2012.08.22

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

チャートのアップデート

続きはこちら

UPDATE 2012.08.20

時代を象徴するコメント:

「(アメリカの)株式市場は世界を覆う不安や懸念とは無関係になったのか?」
——2012年8月9日のトレーディングブログサイト「INO.com TradersBlog」のエントリーより

「アメリカの新しいビジョン、そこでは繁栄はみんなが分かち合うものとなっている」
——2012年8月12日のオバマ大統領のシカゴでの演説

民主党と、同党を支持する主流メディアは、ますます(アイン・)ランド主義的になっている。ここでランド主義と言うのは、生産者の独創性が権威主義的な大衆によってとがめだてされたり、抑制されたりすることだ。最近、このランド主義に関するなかなかしゃれた定義が出回っている。

  続きはこちら

UPDATE 2012.08.17

8月11日刊行のチャートワークスの内容の一部に誤訳があったため、お知らせ申し上げます。購読者の方々に混乱を招きましたことを謹んでお詫び申し上げます。

訂正前:
「ゴールド価格がそれより1%以上下がってしまうと」

訂正後:
「ゴールドの引け値がそれより1%超下がってしまうと」

 

UPDATE 2012.08.17

 

増田氏の夏季休暇につき、休暇期間中の「時代の転換点を読む」は、訳文掲載までの間、原文にて掲載させていただきます。

続きはこちら

UPDATE 2012.08.16

 

チャートワークス
インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

劇的なコントラリアン信号が点灯

続きはこちら

UPDATE 2012.08.14

 

チャートワークス
インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

うますぎて信じられない話

続きはこちら

UPDATE 2012.08.14

 

チャートワークス
インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

次の上昇波動入り前にまだ短期的な下落を予測

続きはこちら

UPDATE 2012.08.10

時代を象徴するコメント:

「金融危機のちょうど10年前に当たるシティグループ創設時に、初代CEOとして金融コングロマリットの新時代を招き入れたサンディー・ワイルは、巨大銀行を解体するには今が潮時だと語った」
——これは、ブルームバーグ通信が2012年7月25日に配信した記事の1節なのだが、その日のウォールストリート・ジャーナルはこんな見出しを掲げていた:「サンディー・ワイル、グラス・スティーガル法を廃止に追いこんだことを悔やむ」

そして、記事本文ではワイルのこういうことばが引用されている:「何をすべきかと言えば、投資銀行を通常の銀行業務から切り離すことだ」

  続きはこちら

UPDATE 2012.08.03

 

時代を象徴するコメント:

「GM、販売促進のために危険なサブプライム自動車ローンを積み上げ」
——2012年7月27日のインベスター・ドットコムのエントリー

電撃ショックあふれる発想だ!

興味深い統計データ

1962年には、アメリカ人の6%が福祉政策に頼っていた。現在、この数字は35%まで上がっている。人数で言えば、1億人を超える。彼らの中には、選挙権を持っているものも大勢いる。900万人が連邦政府の障害者年金を受給している。これは2001年の500万人から2倍近くに伸びている。

続きはこちら

UPDATE 2012.08.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油価格、下方調整の兆候あり

続きはこちら

UPDATE 2012.07.27

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、米ドル指数、ユーロ

続きはこちら

UPDATE 2012.07.27

 

著者:ボブ・ホイ

時代を象徴するコメント:

「スペインの銀行業界の不良債権は、5月に過去18年間で最高の水準まで跳ね上がった」
——2012年7月18日のブルームバーグ通信報道

「ヨーロッパの投機的格付けの社債の保証料は過去1年半でいちばん高くなっている」
——2012年7月20日のブルームバーグ通信報道

「ウォール街の5大銀行の第1四半期決算は、2008年以来で最悪の滑り出しとなっている」
——2012年7月20日のブルームバーグ通信報道

続きはこちら

UPDATE 2012.07.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル、上昇基調の中の一休み
7月25日に83を下回って引ければ、険しい下降調整になる可能性が濃厚に

続きはこちら

UPDATE 2012.07.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

円ベースのユーロがSP500 に対して弱気方向にかい離
+2008年、2000年、1987年のパターンとの類似性
+アクティブベアETFと限界にまで買われ過ぎている銘柄/指標のリスト

続きはこちら

UPDATE 2012.07.23

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

季節的要因による米国株式相場の乱高下が続く
8月半ばまで急落する相場に注意

続きはこちら

UPDATE 2012.07.20

 

著者:ボブ・ホイ

時代を象徴するコメント:

「中国の発電用石炭のベンチマーク価格は、9週間にわたって下げつづけているが、これは2008年以来最長の連続安となっている」
——2012年6月10日のブルームバーグ通信報道

「アメリカは、作り手と受け手が対峙する次の内戦に近づいている。」
——2012年7月12日付ワシントン・タイムズ

我々はもうかなり昔から、南北戦争に続くアメリカの第二の内戦について語ってきた。そして、この内戦は直接武器を持って戦う熱い戦争ではなく、冷戦だということも指摘しておいた。重要なポイントは、前回の内戦は自由を押し広げるために戦われたが、今度の冷たい内戦は、〈政治的な正しさ〉の命ずるところに従って、市民の自由を抑制するために戦われているということだ。政治的な正しさという形容は、あまりにも融通無碍にそのときどきの権力者にとって都合のいいように使われてきた。

「作り手対受け手」というのは、なかなかいいスローガンだ。

続きはこちら

UPDATE 2012.07.19

7月17日刊行のチャートワークスの内容の一部に誤訳があったため、お知らせ申し上げます。購読者の方々に混乱を招きましたことを謹んでお詫び申し上げます。

訂正前:
「米国財務省10年債の利回り、急落の兆し」

訂正後:
「米国財務省10年債の利回り、急騰の兆し」

 

UPDATE 2012.07.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

石油とガスの価格回復がエネルギー関連銘柄の上昇を促す

続きはこちら

UPDATE 2012.07.18

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省10年債の利回り、急騰の兆し

続きはこちら

UPDATE 2012.07.17

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米ドル、上昇基調の中の一休み

続きはこちら

UPDATE 2012.07.13

時代を象徴するコメント:

「イタリアの首相マリオ・モンティいわく、ユーロ圏を救うために我々に残された時間は1週間しかない」
——2012年6月22日付英ガーディアン紙

「ジョージ・ソロスいわく、ユーロ圏を救うためにドイツに残された時間は3日間しかない」
——2012年6月25日の米政治・経済・金融情報サイト『ハフィントン・ポスト』のエントリー

次の大災害がやってくるまでの標的があちこち動き回ってくれるというのも、なかなかいいものだ。ロスカットをするための指値を上げているような気がする。

  続きはこちら

UPDATE 2012.07.12

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

デジャヴュ

2008年対2012年

続きはこちら

UPDATE 2012.07.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油、調整相場が始まる

続きはこちら

UPDATE 2012.07.06

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、$1630を超える急上昇となれば、堅調なラリーに発展する可能性あり

続きはこちら

UPDATE 2012.07.05

いつもアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

先週お休みいただきました「時代の転換点を読む」(原題「Pivotal Events」)の掲載を2012年7月6日に予定しておりましたが、著者ボブ・ホイ氏の出張事情により、誠に勝手ながら今週も先週に引き続き休刊とさせていただきます。

ご不便をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

【松藤民輔の部屋WEBサイト】

 

UPDATE 2012.07.03

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

日経平均株価の7月の不調は不吉な兆しの到来

続きはこちら

UPDATE 2012.07.02

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、新たなラリー局面に…今回は鉱山株の底値試しに呼応して

続きはこちら

UPDATE 2012.06.28

いつもアドバンスド記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

毎週金曜日にお届けしております「時代の転換点を読む」原題「Pivotal Events」ですが、著者ボブ・ホイ氏の事情により、今週は休刊とさせていただきます。

次号の刊行は2012年7月6日を予定しております。前日のお知らせとなり大変申し訳ございません。引き続き、ご愛読の程よろしくお願い致します。

 

UPDATE 2012.06.26

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

原油、急反発相場が迫る

続きはこちら

UPDATE 2012.06.22

 

著者:ボブ・ホイ

時代を象徴するコメント:

「時限爆弾とは何か? 国債を買えという圧力のことだ」
——2012年5月31日付CNBC放送の報道

「最高のお得意さま:オバマ政権下で、連邦準備制度(Fed)のアメリカ国債買い残は452%の激増となった」
——2012年6月8日のCNSニュース報道

政治も金融市場も腐敗の極に達している。2008年にバンク・オブ・アメリカは450億ドルの救済資金を必要としていた。この金額は大ざっぱに丸めた数字だろうと思っていたが、次のようなニュース報道に接すると、そうでもなかったのかなという疑惑が頭をもたげてくる。

続きはこちら

UPDATE 2012.06.21

 

今年の原油相場は不調な状況が続いている。例年通り1月下旬に底をつけた原油は$110まで上昇し、その後は4月の$102.50まで反落した。ここから強含む展開が予想されていたが、逆に下値支持線を割り込んだため、2009年を起点とするチャネルラインの下限線まで下げる反落相場となった。

続きはこちら

UPDATE 2012.06.20

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国株式市場における季節的要因による乱高下

続きはこちら

UPDATE 2012.06.15

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

株価や商品価格は落ち着いてきたが、穏やかならざるニュース報道はどんどん増えている。

「急激な景気の悪化が、北京の中国政府を金利低下に押しやっている」
——2012年6月7日付ニューヨーク・タイムズ
この記事の本文には、「アメリカやヨーロッパが罹っているのと同じ病気に感染している」というくだりもあった。

  続きはこちら

UPDATE 2012.06.08

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

株式市場は中期的なラリーに入っているが、これはバブル崩壊後の経済収縮がもたらす厚い雨雲の合間から、ほんのひとときだけ射しこむ陽射しにすぎない。

「中国共産党は、政府高官が国外に逃亡したり、資産を海外に移転したりしないよう、監視を厳格化する」
——2012年5月28日のブルームバーグ通信報道

金持ちを敵視するスタンスについては、ワシントンの現政権も中国共産党にひけをとらない。

続きはこちら

UPDATE 2012.06.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールド、米ドル指数、HUI
2002年〜2004年の値動きパターンを形成中

続きはこちら

UPDATE 2012.06.07

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

離れ小島の反転?

続きはこちら

UPDATE 2012.06.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

HUIのパラメーター

続きはこちら

UPDATE 2012.06.04

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ゴールドと鉱山株、5月に底をうつ

続きはこちら

UPDATE 2012.06.01

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

米国財務省長期債券価格が上方屈曲点警報で天井をつける

続きはこちら

UPDATE 2012.06.01

 

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「ヨーロッパ中央銀行(ECB)は、とくに非伝統的な手法について与えられた権限の限界まで使い切ってしまった。……最終的には、これらの努力は加盟各国の納税者のリスクとなっている」
「長期資金供給オペ(LTRO)はモルヒネのようなもので、痛みは和らげてくれるが病状を治してくれるわけではない」
——2012年5月25日のECB政策理事会理事、イェンス・バイトマンのコメント

我々は昔から、介入主義こそ知識人にとっての阿片だと思っていた。

続きはこちら

UPDATE 2012.05.31

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

ユーロに下方屈曲点警報

続きはこちら

UPDATE 2012.05.30

 

インスティテューショナル・アドバイザーズ
ロス・クラークによるテクニカル分析

天然ガス、季節的高値が形成

続きはこちら

UPDATE 2012.05.25

原作:ボブ・ホイ
翻訳:増田悦佐

時代を象徴するコメント:

「ゴールドマン、イタリア国債をしこたま溜めこむ」
——2012年5月11日の金融ブログサイト『エコノミー・ウォッチ』

「ますます多くの国が、金融・財